最新記事

人道問題

コンゴ・カビラ大統領とルワンダの利権 ----コンゴ中央部、国連とムクウェゲ医師の「忘れられた危機」

2017年9月11日(月)18時00分
米川正子(立教大学特定課題研究員、コンゴの性暴力と紛争を考える会)

それと同時に、国連や昨年初来日したデニ・ムクウェゲ医師(上記の記事参照)を巻き込んださまざまな「忘れられた危機」が起きており、それらはすべてJ・カビラ大統領(とルワンダ政府)の利権のもとで相互に関連しあっている。

【参考記事】戦争兵器としての強姦が続くコンゴ
【参考記事】コンゴ「武器としての性暴力」と闘う医師に学ぶこと

カサイ州における「暴力」の背景

カサイ州では1960年代、コンゴからの分離独立運動に伴って、多くの死者や国内避難民が発生したが、それ以降は比較的安定していた。そのカサイ州で昨年8月以降、「暴力」が続いていると国際メディアは報道している。が、その実態はほぼ「虐殺行為」に近いと考えられ、8月現在、死者は3,300人以上にのぼり、集団墓地も80カ所発見された。その「暴力」の原因とは一体何であろうか?

カサイ州にはもともとナショナリストが多く、パトリス・ルムンバ(Patrice Lumumba)初代首相(1961年にCIAとベルギー政府によって暗殺される)や、50年以上野党で活動し、国民的英雄でもあるエティエンヌ・チセケディ野党党首(Etienne Tshisekedi)の出身地である。同州の伝統的首長カムウィナ・ンサプ(Kamuina Nsapu)氏も野党の支持者であったため、当然、中央政府から敵視されていた。

その中央政府が2015年、伝統的首長の権威を検討する法律を成立した。伝統的首長とは、家庭内問題や土地問題などを解決するという大事な役割を果たしている。コンゴ全州の伝統的首長のほとんどがカビラ大統領の支持者であるが、この法律は、伝統的首長に対して間接的にJ・カビラ大統領への忠誠を誓わせるもので、伝統的首長にとって脅迫を意味している。

そして2016年初め、警察と政府軍が、カサイ州民の伝統文化やアイデンティティの象徴として捉えられていた伝統的首長の屋敷を破壊し、現地の人々に大きな衝撃を与えた。このことを受け、同年6月、ンサプ首長はJ・カビラ大統領の退陣(後述)を求めて蜂起したのだが、2カ月後の8月に殺害され、同首長の支援者と支援組織が政府軍に対して立ち上がった。

このカサイ州の「暴力」は意図的に長期化し、悪化させられていると疑われている。それは、コンゴ南東部のカタンガ州にいる民兵「カタ・カタンガ」(Kata Katanga)をカサイ州に輸送し、暴力を振るわせていると言われているからだ。カタ・カタンガはもともとコンゴ政府と敵対関係であったが、政府はカビラの私利のために、この民兵を利用することにした。その証拠として、カタ・カタンガのリーダー、ゲデオン・キュング(Gedeon Kyungu)は以前、ある罪で投獄されたことがあり、その後、刑務所から逃亡したのだが、2015年以降、政府の迎賓館に住んでいる。

ニュース速報

ビジネス

ANAとJALの会員情報流出、予約システム会社にサ

ビジネス

英中銀、回復への下向きリスクに強く対抗すべき=ハス

ビジネス

米長期金利上昇、インフレ懸念でなく回復期待を反映=

ワールド

米上院民主、失業給付加算縮小で合意 コロナ追加対策

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    中国の金採掘会社、南米や西アフリカで資産買い漁り

  • 2

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロナ禍の今、彼らは何を思うのか

  • 3

    【動画特集】自由になったメーガンの英王室への反撃

  • 4

    感染症対策に有効というビタミンD、どれだけ取れば大…

  • 5

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 6

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 7

    火星開発は人類生存のためのプロジェクト

  • 8

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 9

    コロナ禍での「顧客データ危機」を回避せよ DX時代、オ…

  • 10

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 6

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 7

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 8

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 9

    バブルは弾けた

  • 10

    韓国でアストラゼネカ製ワクチン接種者2人が死亡 当…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月