最新記事

中国

中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見えない懐事情

2017年7月21日(金)19時44分
高口康太(ジャーナリスト、翻訳家)

ファーウェイ日本法人が初任給40万円で新卒求人を出し話題になったが Philippe Wojazer-REUTERS

<ファーウェイ日本法人が日本の大手企業の2倍近い新卒求人を出していると話題になったが、実際のところ、一般の中国人でさえもう日本人より裕福なのだろうか?>

先日、中国企業である華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)の日本法人が初任給40万円で新卒求人を出している件が話題となった。「中国企業の待遇は日本を超えているのか!」という驚きだ。

この驚きの前提には「中国の給与水準は日本よりもはるかに低いはず」という思い込みがある。確かに、中国の最低賃金は深圳市など最高ランクの自治体でも月給2100元(約3万4700円)程度で、日本とは大きな開きがある。もっとも、こうしたわかりやすい数字だけでは把握できないのが中国人の収入だ。

例えば深圳の工場ワーカーの場合、基本給は最低賃金と同水準だが、残業代や各種手当てを込みにすると少なくとも4000元(約6万6000円)は超える。ホワイトカラーのサラリーマンになると、月給5000~1万元(約8万2600~16万5000円)は普通で、そこに各種手当てや年末ボーナスがつく。中国の年末ボーナスは業績がよければ月給10カ月分など高額になることもざらだ。

さらに副業をやっている人も多い。特に近年ではシェアリングエコノミーの普及によって、以前よりもずっと楽に、空き時間をお金に変えられるようになった。その代表格が中国版ウーバー、滴滴出行だろう。いわゆるシェアライドのサービスで、自家用車を使ってタクシー業務を行うというものだ。

【参考記事】日本人ウーバー運転手が明かす「乗客マッチング」の裏側

バー店員と副業ドライバーで月収20万円

上海市で滴滴出行の副業をしているという男性に話を聞いた。夜はワインバーの店員として働きつつ、昼間は滴滴のドライバーをしているという。両者を合わせた月収は日本円にして20万円を超えるという。


「実は彼女が日本に住んでいるんです。もう10年になるんですが、中国には帰りたくないと話していて。将来をどうするのか決めなきゃいけない時期なんですよね。ただ中国には両親もいるし、友達もいるし、そのすべてを捨てて彼女のところに行くというのは簡単な決断じゃないですよね。

それから収入。彼女の月収は今30万円ちょっと。私の中国の月収と比べてもそんなに差はありませんよね。10年前、彼女が日本で働き出した直後は向こうが20万円ちょい。私が3万円ぐらいで、むちゃくちゃ格差があったんですけど、どんどん差は詰まっていますから。日本は定期昇給でしか給料が上がらないらしいじゃないですか。中国とは全然違いますね。

実は10年前、彼女と一緒に日本に行こうと思ってビザを申請したんですがダメでした。社会人として3年ぐらい働いてから日本の語学学校に入学するための留学ビザを申し込んだんですが、"修学意識が低い"とかいう理由ではねられたみたいです。社会人やってから勉強するのはダメなんですかね? 当時はがっかりしましたけど......。

あ、でも日本はいい国ですよね。何度も旅行しましたが、中国みたいにスピードが速くないので、ストレスなくのんびり暮らせて素晴らしいと思います」

収入面における日本の魅力は激減しているというわけだ。彼の話を聞いて思い出したのが、深圳の滴滴ドライバーとの会話だ。事業に失敗し運転手として食いつないでいると寂しげな表情だったが、よくよく話を聞いてみると億ションを2つ持っているとのこと。1軒は自分用、もう1軒は息子夫婦用だ。

中国の大都市部では不動産価格の高騰が激しい。収入面では日本人よりも少なくとも、保有する不動産資産では日本人以上という例はごろごろしている。

やはり、月収を聞いただけでは中国人の財布の中身はさっぱり分からないのであった。

【参考記事】流行語大賞から1年、中国人は減っていないが「爆買い」は終了

[筆者]
高口康太
ジャーナリスト、翻訳家。1976年生まれ。千葉大学人文社会科学研究科(博士課程)単位取得退学。独自の切り口から中国・新興国を論じるニュースサイト「KINBRICKS NOW」を運営。著書に『なぜ、習近平は激怒したのか――人気漫画家が亡命した理由』(祥伝社)、『現代中国経営者列伝 』(星海社新書)。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
 ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    人を襲う「生きた恐竜」の島閉鎖 インドネシア、ドラゴンとともに観光収入も絶滅回避へ

  • 2

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 5

    ホンダ英国工場撤退で大騒ぎの不思議

  • 6

    英王妃の生首は本当に喋ろうとしたのか

  • 7

    93歳の英女王、免許自主返納の殿下に続き「運転やめ…

  • 8

    文在寅肝いりの現代自動車「低賃金」工場は、韓国の…

  • 9

    観光先進国(G7)を標榜した韓国の宿泊施設がぞくぞ…

  • 10

    ロンドンのインフラ老朽化がもたらした思わぬ発見

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 7

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 8

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月