最新記事

同乗レポート

日本人ウーバー運転手が明かす「乗客マッチング」の裏側

2017年7月20日(木)11時47分
小暮聡子(ニューヨーク支局)

大手日系金融機関のニューヨーク支社に勤務しながら、副業でウーバー運転手を務める西村武展 Satoko Kogure-Newsweek Japan

<ウーバーはどういう仕組みで車と客のマッチングを行っているのか。どうすればウーバー運転手として上手く稼げるのか。ニューヨークでウーバーの運転手になった日本人の車に同乗させてもらった>

このところ、すっかりニューヨーカーの「足」となった配車サービスの「ウーバー(Uber)」。スマートフォンのアプリで呼び出したらすぐに来る、登録済みのクレジットカードで決済ができる、イエローキャブより割安で快適、といった新しいサービス形態で人気を博してきた。

私自身もニューヨークでよく利用しているが、どんな人がどういう仕組みで、どうやって稼いでいるのか、不思議に思うことも多かった。そんな折、なんと日本人の友人がウーバーの「運転手」になったという。

西村武展(たけのぶ)、38歳。大手日系金融機関のニューヨーク支社に勤める彼が、副業としてニューヨーク中を走り回っている。謎だらけだったウーバーのからくりを解剖すべく、先日、西村のウーバー車に乗せてもらった。

わずか15秒で迎車リクエスト、乗客の情報はほとんどない

「これってほんと、ゲームみたいなんだよね」。とある金曜日の午後4時、自身が所有するウーバー登録車「トヨタ・カムリ」の運転席で、西村はウーバーのマッチングシステムについてそう切り出した。この日のスタート地点は、初夏の日差しがまぶしいブライアントパーク。道を挟んで紀伊國屋書店がある、マンハッタンのど真ん中だ。

翌日から3連休とあって、仕事を早めに切り上げて帰路を急ぐ人の姿が目に付く。西村が自分のスマートフォンでウーバーの運転手アプリを起動し、「ゲームを開始」すると、わずか15秒で乗客から迎車リクエストが届いた。

驚いたことに、運転手がアプリ上で乗客を「アクセプト(承認)」するまで、スマートフォンの画面に乗客の情報はほとんど何も表示されない。表示されるのは、乗客までの距離や乗客がいるエリアが「乗車価格が●倍に高騰している(もしくは基準値のまま)」という情報、「プール(相乗り)希望かどうか」やその乗客についての(過去に乗せたウーバー運転手からの)評価くらいだ。乗客の名前はおろか、待っている場所、乗せた地点からの行き先がどこなのかといった情報すら分からない。

運転手が「アクセプト」すると、初めて乗客の名前と待っている場所、現在地から迎えに行くまでの推定時間が表示される。乗客の情報として性別や人種、年齢などはもちろん明かされないので(運転手が乗客を選ぶのを防止するためだろう)、ウーバー運転手は迎えに行った先でも、表示された名前からなんとなく男性か女性か程度を判断しながら待つしかない。行ってみたら、待っていたのは子供だった(親が迎車をリクエストしていた)ということもあるという。

乗客がどこに行きたいのかが判明するのも、迎えに行って、実際に客を車に乗せてから。客を乗せ、運転手アプリで「乗車開始(start the trip)」のアイコンをスワイプして初めて行き先が表示される。客はウーバーを呼ぶ際に行き先住所をアプリに入力しているのに、乗車すると運転手から「行き先はここでいい?」と聞かれることがあるのは、運転手もその時に初めて行き先を確認しているからだ。

例えば、運転手が夜遅くにそろそろ今日の仕事は切り上げようかと思っているなか、うっかりアクセプトして乗せてみたら数時間かかる行き先だと判明し、「しまった!」となることもあるらしい。

【参考記事】ウーバーはどのように人工知能テクノロジーを活用しているのか

MAGAZINE

特集:顔認証の最前線

2019-9・17号(9/10発売)

世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

※次号は9/18(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 2

    外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

  • 3

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本との関わりは?

  • 4

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 5

    アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

  • 6

    【韓国政治データ】次期大統領としての好感度ランキ…

  • 7

    2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

  • 8

    香港デモはリーダー不在、雨傘革命の彼らも影響力は…

  • 9

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 10

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

  • 4

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 7

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 8

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 9

    韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

  • 10

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 3

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 9

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 10

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月