最新記事

サブカル

「日本のオシャレ人形と観光名所でパチリ」が流行の兆し?

2017年7月11日(火)15時30分
松丸さとみ

「スマートドール」公式ウェブサイトより

「スマートドール」と呼ばれる60センチ大の人形と旅に出て、観光名所で一緒に記念写真を撮りSNSに投稿するのが世界で流行の兆しを見せているらしい。

日本のサブカル好きが手掛ける人形

世界中のセレブリティたちに愛されている高級ブランド・シューズで有名なデザイナー、ジミー・チュー氏の息子ダニー・チュー氏は、日本のオタク界では名の知れた存在だ。もともと父親のジミー氏はマレーシア出身、ダニー氏は英国出身なのだが、ダニー氏は日本のサブカルチャー好きが高じて、現在は日本で暮らしながら日本のサブカルを世界に発信し続けている。

そんなダニー・チュー氏は、「スマートドール」と呼ばれる60センチ大の人形のデザインを手がけている。「日本の伝統的な成形方法が用いられており、デザイン哲学や日本のアニメが持つ雰囲気等をはじめとした日本の文化的要素も取り入れています」(公式ウェブサイトより)というだけあって、いろいろなポーズが取れる柔軟な体を持った人形は、大きな目と細いウェストが特徴的でアニメキャラのような顔立ちをしている。

1番人気の「末永みらい」の他、「白澤千歳」や「双羽エボニー」などキャラクターも多く、肌の色、髪の毛、バスト・サイズなどはカスタマイズ可能。手の形のオプションもいろいろある。人形は自立できる上に伸縮可能なスタンドもついてくるため、写真を撮る際にも安定してポーズを取らせることができる。さらにオプションとして、大胆にもお腹の部分がUSBポートになる差し替えパーツもある。

【参考記事】失敗を笑って失敗に学べ、スウェーデンに失敗博物館が登場

足元は世界的デザイナーの靴で

デイリーメールは、スマートドールを旅に連れていき、ロンドンのセント・ポール大聖堂やヨーロッパを移動する電車の中でなど、観光名所で写真を撮ってインスタグラムなどのSNSに投稿することが、旅行者の間で流行っていると伝えている。実際に、インスタグラムには「#smartdoll」というハッシュタグで2万5000件以上の写真が投稿されており、ユニバーサルスタジオ・ジャパンで遊んでいるような写真や、公園でポーズを取っている写真などが投稿されている。ピンタレストには、スマートドールの所有者が投稿した写真がまとめられたページが作られている。

matsumaru0711a.jpg

どんな人が人形を購入して写真を投稿しているのだろうか。アニメ好きのオタク男性がスマートドールとのデートとして写真を投稿しているのかと思いきや、インスタグラムにスマートドールの写真を投稿しているのは、女性アカウントが多いように見受けられる。子供の頃の「お人形遊び」の高級版または大人版、といったところだろうか。なお2年前ではあるが、週刊アスキーのページに寄稿したダニー・チュー氏の話によると、注文の99%以上が海外からだという。


気になるお値段だが、人形は一体52000円と、おもちゃとしてはかなり高額だ。洋服や靴を着替えさせることも可能なのだが、何と言っても、靴のデザインを手掛けているのはジミー・チューその人というのがポイントだろう。ブランド「ジミー・チュー」の靴は、安くて10万円前後してしまう。しかしスマートドール用の靴なら、4500円からジミー・チューのハイヒールを所有することができる(自分で履くことはできないが)。


ニュース速報

ワールド

トランプ大統領、米朝首脳会談中止の可能性に言及 非

ワールド

米、北朝鮮との首脳会談に期待も譲歩はない=ペンス副

ビジネス

英中銀総裁、景気上向くとの認識表明 利上げ継続示唆

ビジネス

米ウーバー、淡路島で今夏からタクシー配車実験 

MAGAZINE

特集:交渉の達人 金正恩

2018-5・29号(5/22発売)

未熟な若者から狂気の独裁者へ、そして平和の立役者? トランプから譲歩を引き出す金正恩の交渉力

人気ランキング

  • 1

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメーガンの「操縦術」がすごい!

  • 2

    メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

  • 3

    結婚はしたけど、メーガン・マークルのビザ取得にはいくつもハードルが

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    「肥だめ」よりひどい?メーガン・マークルに対する…

  • 7

    ハリー王子の元カノが結婚に尻込みしたワケ

  • 8

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 9

    フランスで怒りの追悼行進──救急車に来てもらえず女…

  • 10

    北朝鮮で幹部の亡命相次ぐ......金正恩の「親戚」も

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 3

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正体は

  • 4

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメー…

  • 5

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影で…

  • 6

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 7

    メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

  • 8

    「孤独のグルメ」が広がる韓国〜変わる韓国の日本食…

  • 9

    アメフト悪質タックル事件を、アメリカから考えると

  • 10

    米でうつ病が5年で33%増、その理由は...

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 3

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 4

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    中身なし、マニュアル頼み、上から目線......「日本…

  • 9

    14億人を格付けする中国の「社会信用システム」本格…

  • 10

    「働き方改革」では世界に取り残される? 日本の働き…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月