最新記事

博物館

失敗を笑って失敗に学べ、スウェーデンに失敗博物館が登場

2017年4月18日(火)11時30分
松丸さとみ

微弱電流が流れる美容マスク (Picture: Samuel West/Museum of Failures)

この夏、スウェーデンに「失敗博物館」と命名された博物館がオープンする。世界の企業が作った「失敗作」が集められた博物館だ。

9割は失敗に終わる

スウェーデンのヘルシングボリに6月7日、「失敗博物館」がオープンする。館長は、自称「イノベーション・リサーチャー」のサミュエル・ウェスト氏だ。企業が商品化して市場に出したものの、さまざまな理由で市場から消えた商品やサービスなど、個人で集めた60点以上を展示する。

matusmaru2.jpg

(Picture: Samuel West/Museum of Failures)

ウェスト氏は、「多く見積もって90%くらいのイノベーションは失敗に終わる」にもかかわらず、成功は賞賛されるのに失敗はまるで臭い物に蓋をするかのように隠され、誰も話したがらない、とCNNに話した。そこで、そうした失敗作を見つけ出してそこから学ぼうというのが、失敗博物館が生まれたきっかけだという。

展示品にはこんな失敗作も

展示作品には、分かりやすいものでは例えばセグウェイがある。ビジネス・インサイダーによると、「交通手段を劇的に変えるはずだったのに、今日ではほぼ単なる高価なおもちゃとして使われている」というのが、失敗作として選ばれた理由だ。

また、コダックのデジカメのように、商品としては大ヒットだったものの、企業がイノベーションをせず事業転換に失敗したという理由で展示されているものもある。かつてフィルムメーカーとして業界を牽引して来たコダックは2012年、日本の民事再生法に相当する米連邦破産法11条の適用を裁判所に申請した。

kodaks.jpg

(Picture: Samuel West/Museum of Failures)

日本人にとって馴染み深い商品も展示されている。ソニーがかつて開発した「ベータ・ビデオ」だ。一定の年齢層以上には懐かしい話になるが、テレビ番組を録画する家庭用のビデオ・デッキが普及し始めた1980年代、「VHS」と「ベータ」の2つの規格があった。日本ビクターやパナソニック、三菱電機が商品展開したVHSと、ソニー、東芝、三洋電機などが商品展開したベータだ。しかしビジネス・インサイダーによると、ビデオとしての性能はVHSより優れていたベータだったが、レンタルビデオ市場を獲得できなかったことでやがて市場から消えてしまったという。

一方で、クスッと笑ってしまう失敗作もある。1990年代に発売された、微弱電流が流れる白い美容マスクだ。顔の筋肉を刺激してリフトアップ効果や肌の調子を整える効果がある、とうたわれたらしい。ただこのマスク、映画『オペラ座の怪人』の怪人や『ハンニバル』のレクター博士を彷彿とさせるデザインだ。暗闇の中、このマスクでお肌のお手入れをしている家族の姿を見てしまったら......恐怖でしかないだろう。失敗作とされたのも無理もないかもしれない。


失敗に込められた大切なメッセージとは

ウェスト氏はこの博物館に大切なメッセージをいくつか込めている。まず、失敗は面白いものであり、博物館を訪れた人に展示品を見て笑ってほしい、というもの。そしてRTに語った、「失敗は成功と切っても切れないもの」であり、「失敗から学ぶことが大切」だというものだ。

ニュース速報

ワールド

国連事務総長、新型コロナワクチン開発への資金援助を

ワールド

豪ビクトリア州、コロナ死者800人 感染は下火に

ビジネス

東証、全銘柄の売買を終日停止 売買システムの設備故

ワールド

米大統領選、討論会受けバイデン陣営と民主党に選挙資

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    「お疲れさまでした」1人の中国人から、安倍前首相へ

  • 4

    韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所…

  • 5

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    感染者数・死者数を抑えた国、失敗した国 14カ国の…

  • 8

    異常気象がスペイン風邪の世界的流行の誘因だった?…

  • 9

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 10

    人口減少の時代に増え続ける新築物件 全国378万の空…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 7

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 8

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月