最新記事

欧州

国民投票を武器に跳躍するヨーロッパのポピュリズム政党

2017年6月28日(水)11時06分
水島治郎(千葉大学法政経学部教授)※アステイオン86より転載

スイスの右派ポピュリズム政党「国民党」のクリストフ・ブロッハー Arnd Wiegmann-REUTERS


<論壇誌「アステイオン」86号(公益財団法人サントリー文化財団・アステイオン編集委員会編、CCCメディアハウス、5月18日発行)は、「権力としての民意」特集。今日、民意に基づく政治が困難に直面しており、「(政治家や官僚といった)エリートが信頼と自律性を失うとき、民意はようやく権力者としての貌(かたち)を顕わにする」と、特集の巻頭言に待鳥聡史・京都大学大学院法学研究科教授は書く。
 昨年の英EU離脱を問う国民投票は世界に衝撃を与えたが、イタリアでも同様に、国民投票により内閣が倒れた。国民投票の母国といわれるスイス、2世紀にわたって国民投票と縁のなかったオランダという対極にある両国でも、ポピュリズム政党が国民投票を使って勢力を拡大している。ヨーロッパ政治に何が起こっているのか。同特集の水島治郎・千葉大学法政経学部教授による論考「民意がデモクラシーを脅かすとき――ヨーロッパのポピュリズムと国民投票」から、一部を抜粋・転載する>

【参考記事】小池都政に「都民」と「民意」は何を求めているのか

ヨーロッパにおけるポピュリズム政党の伸長

 周知の通り、二一世紀に入ってヨーロッパ各国でポピュリズム政党が進出を果たしており、すでに主要政党と肩を並べる国もある。イタリア、オーストリア、スイス、デンマーク、ベルギー、オランダなどではポピュリズム政党は多数の議席を獲得し、移民・難民政策をはじめとする主要な政策分野に重要な影響を及ぼしている。また五%阻止条項や小選挙区制に阻まれて国政レベルの議席獲得には困難があるものの、ドイツやフランス、イギリスでもポピュリズム系政党への支持が広がりを見せている。さらにメディアでは、批判対象として扱われることが多いとはいえ、ポピュリズム系の政治家や政党が高い露出度を示している。ソーシャルメディアの世界を覗けば、ポピュリズム政党が既成政党を圧倒する例も多い。二一世紀のヨーロッパ政治が、あたかもポピュリズムの時代を迎えたかのような印象さえ受ける。

【参考記事】国民投票とポピュリスト政党、イタリアの危険過ぎるアンサンブル

 従来、ヨーロッパのポピュリズム政党については、その「反民主的」性格が指摘され、極右と同一視する見方も強かった。実際、ポピュリズム政党の中でも「老舗」というべきフランス、オーストリア、ベルギーのそれは、いずれも右翼的な運動に起源を有しており、反体制的傾向を持つ極右系の政党として出発した。しかし一九八〇年代には極右系政党のいずれもが「転回」を遂げる。彼らはむしろ民主的原理を基本的に受容するとともに、既成政治を批判しつつ、移民問題や対EU政策などをめぐり、既存の政策と異なる「民意」をエリートに突きつける方向にシフトしていったのである。この現代のポピュリズム政党の見せる「民主的」なあり方は、極右系の起源を持たない政党の場合、より顕著である。

 その典型は、オランダやデンマークのポピュリズム政党だろう。オランダの自由党、デンマークのデンマーク国民党はいずれも自由主義系の出自をもつ政党であり、極右とのつながりはない。むしろ両党は、西欧近代の「リベラル」な価値を前提とし、政教分離や男女平等、個人の自由の重要性を訴えるとともに、返す刀で「政教分離を認めない」イスラム、「男女平等を拒否する」イスラムを批判するという論法をとる。オランダ・自由党のウィルデルスなどは、近代啓蒙の伝統を受け継ぐ存在として自らを位置づけ、西洋世界の勝ち取ってきた「自由」を守るためにこそ、イスラム移民の排除が必要だと主張する。

 日本の文脈ではやや違和感のある、この「リベラル排外主義」の主張を彼らが前面に掲げることで、両国のポピュリズム政党は支持の大幅な拡大に成功してきた。両党は、極右は支持できないものの移民排除に賛同する一般の有権者層に広く浸透することで、両国の政治空間で強い存在感を示すに至ったのである。

MAGAZINE

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019-6・18号(6/11発売)

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 6

    北朝鮮の若者が美貌の「文在寅の政敵」に夢中になっ…

  • 7

    【動画】米軍、イラン革命防衛隊が日本のタンカーか…

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 4

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 5

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 6

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 7

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 10

    自殺した人の脳に共通する特徴とは

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月