最新記事

デザイン

この赤い丸がグラフィック・デザインの力、と原研哉は言う

2017年6月15日(木)19時40分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

緑地に赤い風船のインパクトの強い表紙を開くと、白地に細い黒線と赤い色面の絵が流れるように展開する。イエラ・マリ作『あかいふうせん』を取り上げた『Pen Books 名作の100年 グラフィックの天才たち。』のページ

<グラフィック・デザインとは何か。デザイン界の第一人者、原研哉に聞いた>

デザインとは何か? グラフィック・デザインとは何か? そう聞かれてすぐに答えられる人はあまり多くないだろう。

しかし今日、デザインの重要性は格段に増している。グラフィック・デザインとは何で、どのような役割を担っているのか。表現手段が多様化する今だからこそ、1枚の平面の"伝える力"について、知っておいて損はない。

デザイン界の第一人者である原 研哉氏によれば、グラフィック・デザインの特徴は「静止していること」。現実の世界は何もかもが動いているが、それを静止させて、人とビジュアルコミュニケーションを取るためのものだという。

Pen BOOKS 名作の100年 グラフィックの天才たち。』(ペン編集部・編、CCCメディアハウス)の中で原氏は、「簡潔」「タイポグラフィ」「写真」という3つの面からグラフィック・デザインの魅力を語っている。例えば「簡潔」については、日の丸の国旗や『あかいふうせん』という絵本を題材に「単純化された図像の多義性」について説明する、といった具合だ。

原 研哉氏の「グラフィック論」に加え、大阪芸術大学・三木 健教授の人気講義「APPLE」、そして何より、20世紀の巨匠から現在活躍中のクリエイターまで、知っておくべき天才たちの思想と作品を紹介した本書から、一部を抜粋し、4回に分けて転載する。

第1回は「デザイン界の第一人者、原 研哉に聞く、グラフィックの力と使命。」より、「簡潔」についての原氏の寄稿を抜粋する。

◇ ◇ ◇

 

簡潔だからこそ、見る者が思いを乗せられるんです。

 世の中にはいろいろな形のデザインが存在しますが、中でもグラフィック・デザインの特徴を挙げるとすれば、それは「静止している」こと。現実の世界というのは、何もかもが動いています。それを静止させて、人とビジュアルコミュニケーションをとる、そこにエネルギーを使っているのがグラフィック・デザイナーなのだと思います。

 グラフィックがどうやって人の注目を集め、感動に導くかを私もずっと考え続けています。その中でも私が学生時代から心を動かされ続けているいくつかの作品を紹介しながら、「簡潔」「タイポグラフィ」「写真」という3つの面でグラフィック・デザインの魅力についてお話しします。

「簡潔」。これは、私が考えるグラフィックの根底に流れている精神のひとつであり、「エンプティネス」という言葉を用いて説明しているものでもあります。「空っぽ」ということなんですが、それは「無」ではなくて見る人や時代によって、それぞれの意味が盛り込まれるということです。

 極端な例でいえば「日の丸」の国旗。あれはグラフィック・デザインの典型的なものといえるでしょう。白地に赤い円が描かれているだけで、時にそれは国家を指し、太陽を指し、戦争などで用いられる時には血のイメージとなる。現代の私たちが見たら、平和の象徴と見えるかもしれない。しかし、図像そのものには意味なんてありません。静止した簡素簡潔で抽象化された図像の上には、いろんな人の思いを乗せることができる。それが、シンボルマークがもつ原初的な力なのだと思います。

ニュース速報

ワールド

EU首脳、ロシアとの首脳会議で合意せず=独首相

ビジネス

家計の金融資産、3月末は1946兆円で過去最高 現

ワールド

米議会襲撃事件、下院に調査委設置 逮捕者500人に

ビジネス

雇用不足かインフレか、FRB当局者のリスク巡る見解

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認されている

  • 2

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:シドニー

  • 3

    目先の利権を優先してきたインフラはもう限界...日本人が知らない大問題

  • 4

    イスラエルが航空機搭載のレーザー兵器でブレイクス…

  • 5

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    中国高官がアメリカに亡命の噂、ウイルス起源の証拠…

  • 8

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さ…

  • 9

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 10

    ファストフード店の近くに住んでも大丈夫...米研究、…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認され…

  • 5

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 6

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月