最新記事

イラン

テヘラン同時多発テロ 国会と霊廟を襲撃、3つ目の計画は阻止

2017年6月7日(水)19時54分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

6月7日、国会議事堂襲撃に対処するイラン治安部隊 Tasnim News Agency/Handout via REUTERS

5月に大統領選が行われたばかりのイランで、同時多発攻撃が発生した。イランメディアによると、6月7日朝、首都テヘランの国会議事堂で銃撃があり、テヘラン郊外にあるイラン革命の指導者ホメイニ師を祀る霊廟でも自爆攻撃があった。

国営の英語ニュース局プレスTVは「テヘランで2件のテロ攻撃」と報道。各種報道によれば、男の銃撃犯4人が警備の厳重なはずの国会に侵入し、警備員と銃撃戦を繰り広げたという。10人以上が負傷、4人が死亡と伝えられている。国会は閉鎖された。

議員らの証言として、犯人らがカラシニコフ自動小銃や拳銃で武装していたこと、事態はすでに収束していることをプレスTVは伝えている。

(国会議事堂での襲撃犯と治安部隊の銃撃戦の様子)


一方、半国営のファルス通信によれば、ホメイニ廟は4人の銃撃犯が襲撃。霊廟内で発砲し、1人が死亡、負傷者が多数出ている。犯人は1人が死亡、女1人が自爆。残る2人のうち、1人は毒物で自殺し、女1人が拘束されたようだ。

イラン情報省は、2件の攻撃を「テロ」と断定。また、ファルス通信によれば、テロ計画はもう1件あり、3つ目のグループは実行前に逮捕したと情報省が発表している。

先の大統領選では現職のハサン・ロウハニ大統領が改革派を取り込んで再選を果たしたが、6月5日以降、テロ組織への支援やイランとの密接な関係を疑われたカタールが、サウジアラビアやアラブ首長国連邦(UAE)などから国交を断絶されるという一件があったばかり。中東のスンニ派諸国とシーア派国家イランとの関係悪化が懸念されていた時期だった。

【参考記事】歴史的転換点かもしれないイラン大統領選挙
【参考記事】国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

また、今もラマダン(断食月)の最中で、スンニ派のテロ組織ISIS(自称イスラム国)が欧米との「全面戦争」を呼び掛け、実際にロンドンなどでテロが頻発している時期の出来事でもある。

しかしCNNは、イランでは銃所有が禁じられており、これまでテロが少なかったことを指摘。昨年のラマダンの時期には、イラン政府が「大規模なテロ計画」を未然に防いだと発表したという。最後にイランで起こった大規模なテロは、2010年にスンニ派過激派組織がモスク(イスラム礼拝所)で起こした自爆テロで、39人が死亡している。

今回のテヘラン襲撃では、ISISの系列メディアが早々に犯行声明を出した。テロの珍しいイランで、欧米で多いローンウルフ(一匹狼)型のテロともおそらく異なり、さらにはソフトターゲットでない国会議事堂が標的となっただけに、衝撃は大きい。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
 ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済にもマイナス 日韓関係の回復を強く望む

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 4

    乳がん細胞を脂肪細胞に変えることに成功:バーゼル…

  • 5

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 6

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 7

    「香港鎮圧」を警告する中国を困惑させる男

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    日本人が知らない監視社会のプラス面──『幸福な監視…

  • 10

    韓国航空業界に再編の荒波 アシアナは投資ファンド…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    世界が知る「香港」は終わった

  • 9

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 10

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 9

    「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月