最新記事

タイ

18歳少女歌手の衣装・振付に難癖 タイ軍政トップの逆鱗に忖度?

2017年6月16日(金)18時43分
大塚智彦(PanAsiaNews)

プラユット首相に「恥ずかしくないのか」と言われてしまったセクシー人気アイドル、ラムヤイ(左) BRIGHT TV/YOUTUBE

<ビキニのような衣装で前後にお尻を振りながら歌うセクシー演歌はタイの文化か否か? 軍政トップのプラユット首相と庶民の間に大きなずれ>

タイ社会が一人の18歳の女性歌手を巡って大きく揺れている。タイの演歌ともいわれるルークトゥンの歌手ラムヤイ・ハイトーンカムさん(18)はタイでは知らない人はいないほどの人気者でYouTubeの動画再生回数は1億回を超えるほど。いまやタイを代表する演歌歌手でもある。

ラムヤイさんはステージではビキニのようなセクシー衣装を身に着けて腰を大きく前後に激しく振る「twerk(トワーク)」というヒップホップダンスのような振付で踊るスタイルで、伝統音楽を学んでいたこともあり歌唱力も抜群、大ブレイクしていた。

ところが6月9日に軍政トップのプラユット首相が議会の会合でラムヤイさんの衣装と振付について「タイの文化とは相いれない、若者への影響を考えると問題である」と注文を付けた。さらに同月12日、13日にもラムヤイさんに苦言を呈する中で「メディアは警告するべきだ」などと発言、タイのメディアが一斉にラムヤイ批判を報じたため大きな話題になった。

タイは敬虔な仏教徒が多数を占める。イスラム教徒のように女性の服装には厳しくはなく比較的自由だが、過度の露出やセクシーな衣装は「性犯罪を助長する」「仏教文化にそぐわない」との認識がある。豊かで寛容なタイの文化とおおらかなタイ人の性格から風俗や習慣にも緩やかな部分が多いものの、公衆の面前やテレビ番組などでは慎み深さが求められる。

【参考記事】タイを侵食する仏教過激派の思想

プラユット首相の言い分はこうだ。「あの衣装と踊りはなんだ。恥ずかしくないのか」「国民やメディアは彼女に警告して欲しい」「商業主義はわかる、何か売りを考えないといけないこともわかる。しかしこの衣装と踊りは適当だろうか。タイらしさを守らなくていいのか」「外国の影響だ」などと、ほとんど「イチャモン」に近い。しかし軍事クーデターで政権を握った軍政のトップだけにその発言には重みがある。

ラムヤイさん側は忖度して自粛

軍政トップからの苦言に対し、ラムヤイさんの所属音楽事務所は、衣装の過激度を改善し、ヒット曲「ナイン・フロアーズ」に合わせて曲中に9回やっていた「トワーク」の数を3回に減らすことを進んで約束。プラユット首相から指示があったわけではないがその心中を忖度して、自主規制したのだ。

その後の15日にタイ南部のスラッタニーで行われたラムヤイさんのコンサート会場には警察官が派遣され、衣装と踊りを監視する事態となった。ラムヤイさんは原色のビキニというそれまでのステージ衣装から黒のビキニにデニムのジャケットを羽織るという地味な衣装で登場、「トワーク」の回数も減らして踊った。

【参考記事】ペット犬の名は「空軍大将」、タイ次期国王の奇行の数々

ニュース速報

ビジネス

武田薬、製薬シャイアーに買収打診 1株約46.50

ワールド

焦点:新日米通商交渉、国内に2国間へ強い懸念 米T

ワールド

北朝鮮、「完全な非核化」への意思示す=韓国大統領

ワールド

財務省のセクハラ問題、調査方法の撤回求めて弁護士が

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にしたリスク管理と「ダサい」デザイン

  • 4

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    ナゾの天体「オウムアムア」の正体 これまでに分か…

  • 7

    怖くて痛い虫歯治療に代わる、新たな治療法が開発さ…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 10

    4年前に死んだ夫婦に赤ちゃん誕生! 中国人の祖父母…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    アメリカの2度目のシリア攻撃は大規模になる

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    フェイスブックはなぜ全米を激怒させたのか

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 10

    4年前に死んだ夫婦に赤ちゃん誕生! 中国人の祖父母…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    金正恩がトランプに懇願か「あの話だけはしないで欲…

日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月