最新記事

歴史問題

安倍首相の真珠湾訪問を中国が非難――「南京が先だろう!」

2016年12月28日(水)17時50分
遠藤誉(東京福祉大学国際交流センター長)

安倍首相がハワイを訪問、真珠湾で演説 Kevin Lamarque-REUTERS

 安倍晋三首相の真珠湾訪問に対して、中国政府は「先に訪問すべき場所があるだろう」と非難した。その「場所」はなぜ、毛沢東他界後に建立されたのか、なぜ中国は時間をさかのぼって抗日戦争を強調するようになったのか。

非難攻撃する中国政府

 安倍首相は日本時間28日午前、ハワイにあるアリゾナ記念館を慰霊訪問した。1941年12月8日(現地時間7日)、日本海軍の機動部隊による真珠湾奇襲攻撃は太平洋戦争の発端となったが、その犠牲者を弔う記念館だ。

 ハワイに向かう前、安倍首相は「真珠湾攻撃から75年目、日本国民を代表して慰霊のために真珠湾を訪問する。戦争の惨禍は二度と繰り返してはならないという未来への誓い、和解の価値をオバマ大統領と世界に発信したい」と述べた。

 これに対して中国政府は「日本は真珠湾訪問によって第二次世界大戦の歴史を完全に清算しようとしているが、中国などアジア諸国との和解がない限り、日本は永遠に歴史の一頁をめくることはできない」として、さまざまな非難を日本に浴びせている。

 たとえば、

 ●真珠湾より先に行くべきは「南京大虐殺記念館」だろう!

 ●世界反ファシスト戦争の東方の主戦場は中国だ!

 ●日本の指導者はいつまでも歴史の真相から目をすらすべきではない。あの侵略戦争に対し真剣に反省しなければならない!

 これらの言葉は12月5日に、安倍首相が真珠湾訪問を発表してから一斉に始まっており、特に2016年12月13日に南京で開催された記念式典においても語られた。式典で演説した中共中央政治局委員で中央組織部部長でもある趙楽際氏は、つぎのような趣旨のことを述べている。

 ●中国共産党の指導の下で全民族が力を合わせて3500万人の犠牲を出しながら、8年間抗日戦争を戦った結果、偉大なる勝利を収めた。

 ●侵略戦争を覆そうとする醜悪な行動のために歴史を改ざんしようとする如何なるもくろみも、中国人民と世界の平和と正義を愛する人々から糾弾され、軽蔑されるだろう。

歴史を改ざんしているのは中国共産党

 さて、中国政府が言うところの「真珠湾訪問よりも先に訪問すべき場所」とは、中国流に言うならば「南京大虐殺記念館」であり、「北京盧溝橋抗日戦争記念館」あるいは「"九一八"歴史博物館」などである("九一八"は1931年9月18日の「満州事変」のことを指す)。

 ただ、これらは中国共産党政権である中華人民共和国(現在の中国)が誕生した1949年以降、1980年代まで、ほとんど言及されたことがなく、すべて建国から30年~50年後になって初めて建立されたものばかりである。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

午後3時のドルは152円前半まで下落、2か月半ぶり

ビジネス

中国の大手国有銀、預金金利引き下げ 利ざや圧迫緩和

ビジネス

英中銀、国債市場混乱時のレポ制度発表 保険会社・年

ビジネス

日経平均は7日続落し1200円超安、今年最大の下げ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中