最新記事

映画

今の韓国社会の無力感を映し出す? 映画『フィッシュマンの涙』

2016年12月22日(木)17時05分
細谷美香 ※Pen Onlineより転載

クォン・オグァン監督はルネ・マルグリットの『共同発明』からインスピレーションを得て、脚本を執筆。 © 2015 CJ E&M, WOO SANG FILM

 最初に目にしたときはギョッとしますが、観ているうちに、まんまるの目といかりや長介のような口元が愛らしく見えてくる不思議。『フィッシュマンの涙』の主人公は、謝礼に惹かれて製薬会社の臨床実験に参加し、副作用によって"外見は魚、内面は人"になってしまったフリーターの青年、パク・グです。

(参考記事:ミニシアター全盛期に映画館を賑わせた2本の映画が、デジタルリマスター版で復活します!

 パク・グは世間の注目を集めて、利用されたり巻き込まれたり......。女友だち、父親、人権派の弁護士、テレビ局の見習い記者、さまざまな人たちの思惑が入り乱れるなかで、周囲がヒステリックになればなるほど、ほとんど感情を露わにしないパク・グの茫洋とした目と背中が、切なさや哀しみを帯びるように見えてきます。

fishman_01.jpg

CGではなく、俳優、イ・グァンスが8㎏を超える魚のマスクを着用して撮影が進められた。


 パク・グの願いは、普通に就職して結婚をし、家族をつくることでした。けれどもかつては"普通""当たり前"とされていた幸せが、もはや容易く手に入らないものになっている現代社会。見習い記者が地方の大学出身ゆえに馬鹿にされる描写もあり、格差社会の断面も切り取られています。"フィッシュマン"は、韓国のみならず、日本や世界のどこにでもいる、社会からこぼれ落ちる弱者の代表であり、バトンを受け継ぐことが困難な若い世代の無力感の象徴なのでしょう。それにしても、パク・クネ大統領の大スキャンダルに見舞われているいま、韓国の人たちのこの映画への感想を、あらためて聞いてみたくなります。

(参考記事:別所哲也の魅惑的、ショートフィルムの世界。 Vol.4 ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞について思うこと

 監督・脚本は、カンヌ国際映画祭短編部門パルムドール受賞作『セーフ』の脚本で注目を集めた、1983年生まれのクォン・オグァンが務めています。ビジュアルや設定は型破りですが、作品に込めた思いはまっとうで切実。このあたりは、エグゼクティブ・プロデューサーに名を連ねた、『オアシス』などで知られる名匠、イ・チャンドンの姿勢から引き継がれたものかもしれません。生きづらさを感じている人たちにとって、のびのびと、深く呼吸ができる楽園は見つかるのか? 現代を映し出したこの寓話には、やるせなくも自由なラストシーンが待っています。

fishman_02.jpg

スクープを狙う記者を演じるのは、『犬どろぼう完全計画』のイ・チョニ。


『フィッシュマンの涙』

英題/Collective Invention
監督/クォン・オグァン
出演/イ・グァンス、イ・チョニ、パク・ボヨン、チャン・グァンほか
2015年 韓国 1時間32分 
配給/シンカ
12月17日よりシネマート新宿、HTC渋谷ほかにて公開。
http://fishman-movie.jp


※当記事は「Pen Online」からの転載記事です。

Penonline_logo200.jpg





関連ワード

ニュース速報

ワールド

G7、途上国向けインフラ支援構想で合意 「一帯一路

ワールド

香港の民主活動家、周庭氏が出所

ワールド

バイデン米政権、トランプ氏の壁建設資金を軍施設修繕

ワールド

イラン核合意巡る協議、12日ウィーンで再開へ=交渉

MAGAZINE

特集:世界があきれる東京五輪

2021年6月15日号(6/ 8発売)

国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

人気ランキング

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき9つの場所

  • 4

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 5

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 6

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 7

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

  • 10

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 3

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 4

    ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

  • 5

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 6

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 9

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 10

    アジアゾウの群れが大都市の目前に、警察など400人が…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 4

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月