最新記事

音声アシスタント

深い感動を導くアマゾンの音声AIアシスタント+コンテンツの可能性

2016年12月28日(水)14時00分
鎌田博樹(EBook2.0 Magazine)

tatyana_tomsickova-iStock

<アマゾンのAIパーソナルアシスタント「Alexa」を使ったクリスチャン向けのサービスが始まった。声で呼びかける音声アシスタントとコンテンツのマッチンチングが喚起する深い感動は、さまざまな分野に適用できそうだ>

 ハーパーコリンズ社 (HC Christian Publishing)は、12月12日からアマゾンの音声サービスAlexaを使い、クリスチャン向けに祈りの日課プログラムの提供を開始した。"skill"と呼ばれる専用アプリをAlexa対応デバイスにダウンロードすることで使用可能となる。宗教出版の音声エージェント利用は成長性が高いとみられる。

「ディヴォーション」体験を通してコンテンツを販促

 キリスト教では祈りを[devotion, devotio=献身、敬虔]としてとくに重視している。聖書には1日7回と規定されおり、イスラム教の礼拝(サラート)より2回多い。祈りは静思とともに聖書の通読、聖句解説、執り成しの祈りなどから成る。HC Christianの消費者サービス(D2C)マーケティング担当のサリー・ホフマンSVPは、「このプログラムは、声を使って著者の素晴らしいコンテンツを広める、かつてない機会を提供するものです。」と述べ、同社のDevotionals Dailyブランドを使ったテストでは、このフォーマットが大きな反響を得たことが確認されたとしている。

 コンテンツは、「世界最大のクリスチャン出版社」であるHC ChristianのThomas Nelson および Zondervanブランドから提供されるが、中には著者自身の語りによるものが多く含まれており、それによってリスナーの深い体験を期待している。問題は出版社とアマゾンのビジネスモデルだが、Alexaはアマゾンのショッピングカートと連結しており、リスナーがAlexaに書名をカートに入れるように告げると、すぐにお買い上げを待っている状態になるという。ユーザーはフォーマット(印刷本、E-Book、A-Book)を選ぶだけでよい。同社はとくにギフト需要に期待している。

音声/エージェントとのカップリングは完璧

 現在でも、声とのつながりが最も強いコンテンツは「祈り」に関するものだろう。もともと祈りは耳で聴き、声で呼びかける身体的な体験だった。詩と同じく、経文は黙読するためにつくられてはいない。近代の出版は、聖書をベストセラーにしたが、人々のつながりを弱めた可能性がある。出版だけでは成り立たない仏教は急速に衰退した。宗教的コミュニケーションは、文字による知識と情報だけで維持することは難しい。"Devotionals skill" は読者のエンゲージメントをディヴォーションにまで高めることが期待されている。

 宗教書出版はデジタルメディアに魅力を感じながらも、読者=信者の生活習慣にまで定着するようなコンテンツ化を探しあぐねてきたが、音声/エージェントによる「祈り」のプログラムは、確実な成功が見込めるものと考えられる。成功すればイスラム教や仏教、ヒンドゥー教、新興諸宗派にも拡大する。それは、(1)オンデマンドのラジオ・プログラム、(2)日課としての祈り、(3)信者への強い説得力、(4)コンテンツ消費との結びつき、(5)拡張性、という要素を兼ねているからだ。このモデルは、別に宗教に限るものではなく、ディヴォーションが期待できるアイドル・ビジネスにも適用できそうだ。

アメリカでは2015年6月に発売された音声アシスアント「Amazon Echo」にAIアシスタント「Alexa」は搭載されている。日本ではまだ未発売。


○参考記事
International Notes: HarperCollins' Word of Prayer With Alexa; Registration for Spring Trade Shows, By Porter Anderson, Publishing Perspectives, 12/13/2016


※当記事は「EBook2.0 Magazine」からの転載記事です。

images.jpg

ニュース速報

ワールド

英首相に早期辞任圧力、離脱協定案巡り与党内で強い反

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    英国民はそろそろEU離脱が「糞を磨く」のと同じことに気づくべきだ 強硬離脱派の大物閣僚2人辞任

  • 2

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 3

    ボリス・ジョンソン英外相の嘆かわしい失言癖

  • 4

    トランプ大統領の大相撲観戦に前代未聞の備え

  • 5

    男性にもタイムリミット──35歳までに精子を凍結すべ…

  • 6

    メイの有力後継候補ジョンソンはヤバい?「合意なき…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 9

    増加する日韓のオゾン層破壊物質 中国企業数十社に…

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 6

    日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に…

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    利他の心に立つ稲盛和夫が活用する京都の日本庭園「…

  • 10

    パリで過熱する日本ブーム 300万人が訪れた「ジャポ…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    金正恩の「最愛の妹」身辺に異変か......「米朝決裂…

  • 9

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%…

  • 10

    新天皇を迎える韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月