最新記事

フード

ポートランドからやってきた、クラフトジンの緻密な魅力

2016年10月21日(金)16時05分
北篠芽以 ※Pen Onlineより転載

ジン初心者はソーダやレモン、オリーブなどと飲むのもお薦め。

 クラフトジンが楽しい。そもそもジンはスピリッツのひとつで、ジュニパーベリー(ねずの実)などの薬草成分を加えるため、作られる工房によって加えるボタニカルのバランスが異なります。クラフトジンはクラフトビールに続き、作り手や工房ごとの味わいの違いを楽しめ、今世界的に話題なのです。

 なかでも注目したいのが、今年ポートランドから上陸した「アリアポートランドジン」。なんと、まだ設立から4年しか経っていないにも関わらず、ウイスキーコンペティション「ワールドスピリッツアワード」のダブルゴールドをはじめ、名だたる賞を獲得しています。

(参考記事:これは世界初! ワインの権威が日本酒の格付けを発表、「いま飲みたい日本酒」78 本にご注目を!

 その魅力をファンは「オーケストラを聞いているよう」と称しました。口に含むと昔ながらのジンのようにジュニパーベリーがふわっと香り、それからシトラスが香る。そして、アンジェリカルートのフローラルな香りが全体を盛り上げ、余韻にはギニアショウガ、クベバなどのほろ苦さやウッディな香りが残ります。なるほど、オーケストラの壮大かつ緻密な演奏を聞いているようなシーンが、ひと口の間に広がるわけです。

 創立者のライアン・ツァンキー氏はポートランドで20年近くもの間、バーテンダーやレストランのバーマネージャーを務めた人物。バーカウンターに立ちながら、次々と誕生するアメリカのクラフトジンが、クラシックジンを好む人の口に合わない、マティーニも合わないことを嘆き、自分で理想のジンを作ること決意。パートナーとともに4年という年月、何百というレシピを試し、微調整を重ねて、2012年に「アリアポートランドジン」を完成させました。

(参考記事:日本ワインの礎を築いた男が、自らブドウを交配してつくった赤。

 ベースの蒸留酒はポートランドの水源であり、国内有数の飲料水として名高いブルラン分水嶺の水を使っています。ソフトな口当たりの魅力を活かし、徹底的な濾過でよりジンの香りが際立つように。遺伝子組換えでないコーン、麦、ライ麦を使い、極上の、クリアでシンプルなベーススピリットを作り出しました。

 また、香りをつけるボタニカルは95%がオーガニックです。ジュニパーベリーはもちろん、コリアンダー、オレンジピール、シナモンやカルダモンなど、できるだけ地元のものを使うのもクラフト的です。使うボタニカルは10種類以上と豊富で、その香りの構築は非常に緻密に計算しつくされています。

(参考記事:世界で3点のみ! コニャックの王「ルイ13世」のオーダーメイド「L'ODYSSÉE D'UN ROI」が、約1900万円で落札されました。

 日本でもいよいよ盛り上がっているクラフトジン。これ1本で家庭でもジントニックやマティーニを本格的に楽しむことができます。クラフトジンのファンも、これまでちょっと苦手だと思ってきた人にも試してもらいたい究極のスピリッツです。

pen161021-2b.jpg

「Aria」¥5,500 内容量:750mℓ アルコール度数:45%


アリアポートランドジン
問い合わせ先/クロンティップ
TEL:03-5988-7225
http://www.recocochi.com/

※当記事は「Pen Online」からの転載記事です。
Penonline_logo200.jpg



関連ワード

ニュース速報

ワールド

モーリシャスが環境緊急事態宣言、日本船の燃料流出で

ワールド

コロナ追加対策でトランプ氏が大統領令、失業給付上乗

ワールド

大規模爆発のレバノン首都、反政府デモで100人以上

ビジネス

アングル:韓国サムスン、インド市場で巻き返し 反中

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 9

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 10

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月