最新記事

出版市場

アマゾンが電子書籍とプリント・オン・デマンドをシームレスに

2016年10月18日(火)12時00分
鎌田博樹(EBook2.0 Magazine)

Mike Segar-REUTERS

<アマゾンが、電子出版とオンデマンド印刷を統合しようとしている。現在は少部数の分野だが、出版の「大統合」プラットフォームを構想していることは明らかだろう...>

 米アマゾンはPoD(プリント・オン・デマンド)を使った印刷本出版の拡大に対応するため、KDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング:電子書籍セルフ出版サービス)とCreatespace(自費出版、オンデマンド印刷サービス) を統合したインタフェース KDP Print のベータテストを7月から開始している。ドイツでも始めていることから、世界展開を前提にしていると考えられている。「KDP印刷本」の増加は、市場にどんな影響を与えるだろうか。

E-BookとPoDの管理をシームレスに

 アマゾンがテストしているのは、KDP (E-Book)とCreatespace (PoD)の販売情報を統合するインタフェースで、出版者は両方を同時に管理することが出来る。今のところ、これを使えるのは選ばれたユーザーのみで、詳細は明らかではないが、KDPユーザー・フォーラムへの投稿によれば、少なくとも、KDP Printのダッシュボードを使って、両フォーマットをカバーする販売レポートを生成することが出来る。現在のところは、プラットフォームの統合というよりは、KDPユーザーがPoDを使いやすくするものという印象のようだ。

 KDP Printじたいは、たしかにそうしたものだろう。しかし、アマゾンがPoDあるいは印刷本を含む出版の「大統合」プラットフォームを構想していること、このサービス・インタフェースがその入り口であることは明らかであると思われる。PoDは、これまで基本的に少部数のもので、これが収益を生むビジネスになった例は少ない。多くの著者はこれを献呈など補助的なものとして使っている。収入はKDPで十分でということだ。

 しかし、アマゾンはこのバランスが固定的なものと考えていない。PoDの品質・価格が魅力的なものとなり、サービスが多様化し、書店チャネルが開拓され、一部は5千部以下の少部数印刷の市場と融合することで新しい市場が生まれると見ている。つまり、PoDと少部数出版市場、大部数出版市場とは連続し、E-Bookが印刷本のヒットにつながったように、PoDからベストセラーまでの距離は意外に近いが、その可能性を現実化するのは、市場の動態を把握し、ロジスティクスを持ったものになるはずだ。

PoDの可能性:部数ゼロからの出発

 課題は多いが、デジタル印刷とロジスティクスの結合は、印刷本市場を大きく変える。この変化には大出版社も対応し、独自の生産・流通拠点の整備に乗り出している。印刷本の効率化(利益率向上)を独自に進めるためのもので、これは当然のものだろう。

 アマゾンにとって、E-Bookの次のステージは(当然にも)印刷本である。lurbの成功は、高品質化対応によるPoDの市場性を示している。しかし、印刷本では著者/出版者が頭を使うべき要素が格段に増える。仕様、刷部数、在庫の可否、E-Bookの価格調整、書店との関係や販促方法など、判断すべきことは商業出版社と変わらない。著者やそのパートナーとなるプロフェッショナルが、どれほどのことが出来るかは、ストアが提供する情報の「適切性」にかかっている。

 そこで必要なものは、Kindleストアに最適化されたダッシュボードの拡張だろう。ダッシュボードは複数の情報源からデータを集め、概要をまとめて一覧表示する機能や画面、ソフトウェアのセットで、KDPの成功に大きく貢献した。Createspaceとの統合によるKDP Printは、その入口となる。

 アマゾンが目指しているのは「大」からではなく「小」から、つまり自主出版からのアプローチで、在来出版ニーズにも対応するものとなる。そしてオンラインで完結するものでもなく、ロジスティクスと在来書店を含むものとなるだろう。つまり、数千部単位以下で散発的に発生する需要パターンに最小コストで対応することで、購入者からの単発というPoDの壁を越え、出版者に最適化された発注という、少部数出版の効率化とシームレスにつなげようというものだ。PoDは出版社がリスクも負担しない代わりに、市場としての可能性は非常に低い(それでもゼロではないことが重要だ)。

 アマゾンはゼロから始めるPoDの向こうに、「不採算本」を宝の山に変える機会を見ているのだ。何年かかるかわからないが、おそらく5年以内には自主出版/中小部数出版の活性化を実現するプラットフォームを構築するだろう。


※当記事は「EBook2.0 Magazine」からの転載記事です。

images.jpg

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 3

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチェ&ガッバーナの損失は...?

  • 4

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 5

    邦人4人に禁固刑判決のインドネシア 金採掘場を視察…

  • 6

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 3

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 4

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 5

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 6

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 3

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 4

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 9

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 10

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月