最新記事

エネルギー

テスラが描くエネルギー新世界

2016年9月21日(水)11時00分
ケビン・メイニー

Sam Mircovich-REUTERS

<電気自動車は「入り口」にすぎない。テスラCEOのイーロン・マスクが見据える石油依存からの脱却とエネルギーの未来>

 今年の夏は観測史上最も暑かったとか。このままだと、いずれは極北のアイスランドが熱帯のジャマイカ並みの気温になりかねない。すごく憂鬱な話だけれど、ちょっぴりクールなニュースもある。ひたすら変身を重ねるベンチャー起業家イーロン・マスクが、20世紀型資本主義の機関車たるエネルギー産業を変身させる壮大な計画に乗り出したのだ。

 まずは小さな一歩だが、マスクはこの夏、自らの電気自動車(EV)製造会社テスラモーターズと、いとこが経営する住宅用太陽光発電の施工会社ソーラーシティーの合併に踏み切った。

 短期利益しか頭にないウォール街の諸兄は、この赤字会社同士の合併をバカな話と決め付けている。でも、ここでの問題は明日の株価の上げ下げではない。エネルギーの未来だ。

 今後10~20年で、たいていの住宅やビルの屋根に安くて発電効率のいいソーラーパネルが付き、地下室やガレージには余剰電力をためておける大型蓄電池が設置されるようになるだろう。送電線は双方向的になり、誰もが電力を手軽に売買できるようになりそうだ。

【参考記事】化石燃料を使わない時代へ ─ ただし日本以外では

 新車の大半は電動タイプになり、ネットにつながり、自動運転の機能を備えている。オーナーが使っていない時間帯には配車アプリの呼び出しに応えて出動し、小銭を稼いでくれるだろう。

 こうなると石油の用途はプラスチックの製造とジェット燃料くらいになる。需要と価格の下落で原油の採掘は採算の合わないビジネスになり、やがて私たちが排出する二酸化炭素の量は劇的に減るだろう――。

 夢物語と思われるだろうか。いや、技術革新のトレンドを総合すれば、時代は確実にそんな方向へ向かっている。

 ソーラーパネルの価格は80年代以降95%も下がったし、一方で発電効率は急激に向上している。今の技術でも、アメリカ全土のわずか0.6%をソーラーパネルで覆えば、国内で必要なすべての電力を供給することが可能だという。

 8年前にテスラが初のスポーツカータイプのEVを発売した当時は、EV大衆車の出現など遠い先の話に思えたもの。しかし今年3月末に新型セダン「モデル3」の事前注文の受け付けを開始すると、数週間で約40万件の予約が殺到した。今ではほとんどの大手自動車メーカーがEVの開発に力を入れている。

ニュース速報

ワールド

米ファイザー、コロナワクチンの治験データ「まだ公表

ビジネス

米ホワイトハウス、大統領選前のコロナ対策合意に懐疑

ビジネス

ANA、過去最大の最終赤字へ 航空事業の規模縮小

ビジネス

EXCLUSIVE-中国人民銀、元基準値の調整措置

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 2

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 3

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 4

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 5

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」…

  • 6

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 7

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 8

    米沿岸警備隊、西太平洋に巡視船配備へ 中国船の違…

  • 9

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 10

    アメリカ大統領選挙、ラストベルトもトランプ離れ …

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 7

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 8

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 9

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月