最新記事

【2016米大統領選】最新現地リポート

大荒れの民主党大会で会場を鎮めたミシェルのスピーチ

2016年7月27日(水)15時30分
渡辺由佳里(エッセイスト)

Gary Cameron-REUTERS

<民主党幹部がサンダースの妨害を図るメール等が流出したことで、大荒れの幕開けとなった民主党大会。そんな会場の雰囲気を鎮めたのは、オバマ夫人ミシェルの心を打つスピーチだった>

 週明け25日からフィラデルフィアで始まった民主党大会は、波乱の幕開けとなった。

 まず先週のメール流出事件の後、民主党全国委員の副委員長ドナ・ブラジルがサンダース陣営を訪問して陳謝し、24日のテレビ番組で「(民主党全国委員による不正の)疑惑、メール、無神経さ、愚かさに対応する必要がある」と語った。さらに、大会当日に民主党全国委員長のデビー・ワッサーマンシュルツが辞任し、ブラジルが暫定委員長に就任した(ブラジルはCNNやABCでコメンテーターをしていたので、その契約は一時的に停止した)。

 これによって党大会を運営するトップは、ドナ・ブラジル、マーシャ・ファッジ、リア・ドートリーという3人の黒人女性になった。ファッジは、オハイオ州ウォーレンズビルハイツで、黒人として、そして女性として初めての市長になった歴史的な政治家で、現在は下院黒人議員団の団長を務めている。この点だけでも、実は今回の大会は歴史的だ。

 初日のテーマは「United Together(一体になり結束する)」だった。

【参考記事】ヒラリー「肩入れ」メール流出、サンダース支持者はどう動く?

 上院議員の中で唯一サンダースの支持者だったジェフ・マークレイ、有名な女性コメディアンで熱烈なサンダース支持者のサラ・シルバーマン、改革派に人気があるエリザベス・ウォーレン上院議員、サンダースから民主党のプラットフォーム委員として任命されたキース・エリソン下院議員らのスピーチが続いた。そして、最も重要な「トリ」を務めたのが、大統領夫人のミシェルではなくサンダースだったことも、サンダースとその支持者への相当な配慮を感じさせた。

 民主党が、予備選で敗北したサンダースの政策の多く(最低賃金15ドル、警官による銃撃事件に関する刑事司法強化、マリファナの合法化、ウォール街改革、死刑廃止、炭素税)を政策プラットフォームに取り入れたのも注目される。

 しかし多くのサンダース支持者は、そう簡単に怒りを鎮めることはできなかった。

 会場が荒れることを予感させたのが、党大会開催前にサンダースが別の会場で支持者に行ったスピーチだった。ヒラリーの支援を呼びかけたとたん、会場にブーイングの嵐が起こり、サンダースがしばし言葉を失って会場を見渡す場面があった。

 予想通り、党大会は開始時点から荒れた。ワッサーマンシュルツ辞任で大会委員長となったファッジが開始の木槌を打つ儀式で壇上に立つと、サンダース支持の代議員から激しい野次やブーイングが起こり、言葉をかき消されたファッジが「この会場にいる人の多くが私のことを知らないことは承知している。私は公平であるようにするし、ここに集まった人の多様な意見を聴きたいと思っている。私もあなたがたに敬意を払うから、あなたがたも私に敬意を払っていただきたい」と、厳しくたしなめた。この騒ぎでファッジは木槌を打つのを忘れてステージを離れてしまい、後で別のスタッフが現れて打つ、というハプニングもあった。

MAGAZINE

特集:ファクトチェック文在寅

2019-7・30号(7/23発売)

歴史や貿易問題で日本との真向対決をいとわないリベラル派大統領の知られざる経歴と思考回路

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    山本太郎現象とこぼれ落ちた人々

  • 7

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月