最新記事

【2016米大統領選】最新現地リポート

ヒラリー「肩入れ」メール流出、サンダース支持者はどう動く?

2016年7月25日(月)18時30分
渡辺由佳里(エッセイスト)

Scott Audette-REUTERS

<党大会開催の直前に、党全国委員長ら幹部の流出メールが公表される事件に見舞われた民主党。メールの中には、予備選でサンダースの選挙戦を妨害するような企ても語られ、サンダース支持者がどのような反応を示すか注目される>(写真は事態収拾を図るために辞任を表明したワッサーマンシュルツ民主党全国委員長)

 25日からの党大会開催を控えて、大きな問題が民主党を揺るがしている。民主党全国委員会(DNC)のデビー・ワッサーマンシュルツ委員長ら幹部数人の合計約2万通に上るメールのやり取りを、内部告発サイトのウィキリークスが先週公開したのだ。

 先月、ロシア人ハッカーがDNCのコンピュータに潜入したことが報じられており、今回の事件との関係が疑われている。

 流出したメールの中には、DNCを攻撃するサンダースの取り扱いについて弁護士に相談するものや、サンダースの信頼を失墜させる方法を探るものもある。例えば広報担当者と広報部長との次のようなやりとりだ。

広報担当者:「バーニー(サンダース)の行動が一貫していないことや、陣営がめちゃくちゃだということを(報道に)伝える良い実例がないか考えている」
広報部長:「それは事実だが、(ワッサーマンシュルツ)全国委員長は、関わるなと指導している。だから、そのままにしておくしかない」

【参考記事】異例尽くしの共和党大会で見えた、「トランプ現象」の終焉

 さらにダメージが大きいのが民主党全国委員のCFO(最高財務責任者)という重責にあるブラッド・マーシャルのメールだ。「(サンダース)は神を信じるのか? 彼は、ユダヤ人の血を受け継いでいると答えをはぐらかせているが、私は彼が無神論者だと耳にしたことがある。私の地元の人にとってこれは数%の違いがある。地元の南部バプテスト(キリスト教プロテスタント)の信者にとって、ユダヤ人なのか無神論者なのかは大きく異なる」と書いていた。サンダースの宗教観をヒラリー寄りのPRに利用しようとする態度は非難されて当然だ。

 サンダース支持者らは、予備選の期間中「民主党がヒラリーを勝利させるよう仕組んだ」「システムはrigged(不正操作されている)」と訴えてきた。彼らにとってこれらのメールはそれを証明するものだ。

 とは言え、流出したメールには、ヒラリー自身がDNCに不正操作を依頼したり、示唆したりした証拠はない。むしろ民主党とDNCを攻撃するサンダースと支持者、それに好意的な報道機関に対するフラストレーションと反発が書き連ねられている。 全国委員長のワッサーマンシュルツが自分への個人攻撃に対し、「それについて語りたい」とメールをした相手はNBCテレビの政治部ディレクターのチャック・トッドだが、トッドは「誰かが報道内容に文句をつける。この程度のことは、我々が関わるすべての選挙陣営との間で起こる日常茶飯事だ」と、メールの内容は取るに足らないことという態度だ。

ニュース速報

ワールド

「今すぐワクチン受けて」、バイデン氏呼び掛け 目標

ビジネス

NY外為市場=ドル上昇、リスク選好度低下で安全買い

ビジネス

ECB、レバレッジ比率の緩和措置を9カ月延長 22

ビジネス

FRB、最低23年末までゼロ金利維持を=ミネアポリ

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性物質

  • 2

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正反対の判決に動揺広がる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    「量子もつれ顕微鏡」が「見ることができない」構造…

  • 5

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 6

    K-POPアイドルも逃れられぬ兵役の義務、ファンを絶望…

  • 7

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    国民の不安も科学的な提言も無視...パンデミック五輪…

  • 10

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 3

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 6

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 9

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 10

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 6

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月