最新記事

【2016米大統領選】最新現地リポート

ヒラリー「肩入れ」メール流出、サンダース支持者はどう動く?

2016年7月25日(月)18時30分
渡辺由佳里(エッセイスト)

 理由がどうであれ、中立であるべきDNCがヒラリー陣営に肩入れしていただけでも、サンダースと支持者にとっては十分な「不正」だ。憤ったサンダース支持者は、ツイッターで#DNCleakをトレンドのトップに押し上げた。

 今回のメール流出は、副大統領候補発表という重要なPR効果をかき消しただけでなく、サンダースがヒラリーを公式に支持した12日のイベントで「団結」と「癒やし」のプロセスが始まっていた民主党の傷をまた大きく開けてしまったのだ。

 メール流出は、ヒラリー陣営に決定的な打撃を与えるのだろうか?

 気になるのは、ようやくヒラリー支持に傾きかけていたサンダース支持者の動向だ。

 12日のニューハンプシャー州のイベントで取材した、2人の若者にたずねてみた。

【参考記事】ようやくヒラリーを受け入れ始めたサンダース支持者

 大学生のエリックは、「内容には驚いていない」と答えていた。高校生のポールも同じだった。「むしろ、これまで『陰謀論者』扱いされてきた自分たちの主張が正しかったことを認めてもらえてよかった」と言う。

 だが、ヒラリーを支持できるかどうかになると、支持者の間で微妙に意見が食い違っている。

 高校生のポールは「革新的なサンダース支持者が(ヒラリー支持に)乗り換えるとは思えない。多くは(アメリカ緑の党の)ジル・スタインに投票するだろう」と言い、息子の影響で政治に興味を抱くようになった母親のリサは、「トランプには投票しないが、誰に投票するか現時点ではわからない」と、ヒラリー支持をためらっている。

 一方エリックは、「民主党がサンダースに対して不公正だったことが数カ月前に明らかになっていたら、悪夢だっただろう。けれども、クリントンかトランプか、という選択肢に直面した今、僕にどんな選択があるだろう? この時点では、クリントンに投票し、内部からシステムを革新的に変えていくことを望むしかない」と、反トランプ票としてヒラリーに投票するつもりだという。

 2人とも、先週末に発表された副大統領候補ティム・ケーンの選択については、「中道で革新的ではないからサンダース支持者には受け入れられない。保守にもリベラルにもアピールしないので、選挙には不利な人選」と否定的だ。スター性がないケーン選択の発表は、同じ日に起こったウィキリークスのニュースに圧倒されてしまうのではないかとも見られた。

 しかし、ヒラリーが副大統領候補を紹介するマイアミでのイベントで、ケーンが語り始めると、ソーシャルメディアの雰囲気は一変した。
 
 流暢なスペイン語を自然体で英語に織り込むケーンのスピーチには、実直さと静かな決意がにじみ出ていた。しかも、笑顔を絶やさないメッセージは徹底的にポジティブだ。フェイスブックでのライブ中継のコメントやツイッターも「これまでサンダース支持者で強固な革新派だったけれど、#ClintonKaineのスピーチを観た今、誇りを持って11月にこの2人に投票できる」というポジティブなものが目立った。また「私も! ケーンのスピーチを聞くまでは#StillSanders (まだサンダース支持)だったけれど、彼に魅了された。ケーンはサンダースと同じように信頼できる。私はクリントン=ケーンを応援する」という反応もあった。

 このスピーチまではツイッターのトレンドで#DNCleakがトップだったが、スピーチ後は #ClintonKaineがトップに入れ替わった。

ニュース速報

ワールド

アングル:乾燥化進むブラジル、「貯水の森」再生目指

ビジネス

アングル:ワクチンパスポートは航空業界の「救世主」

ビジネス

焦点:投資家がアジア国債保有見直し、相対的に安全な

ワールド

アストラ製ワクチン、英独で対応分かれる 接種進展の

MAGAZINE

特集:韓国ドラマ&映画 50

2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

人気ランキング

  • 1

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 2

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 3

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心肺機能を向上させると研究結果

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 6

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 7

    死海文書に2人目の書き手、AIが見破る 筆跡から筋肉…

  • 8

    メーガン処女作「父子の絆を描く絵本」にあの著名司…

  • 9

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 10

    コロナに勝った「中国デジタル監視技術」の意外に地…

  • 1

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガンとの不和につながる「可能性は高い」

  • 2

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 6

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 7

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 8

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 9

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 10

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 4

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 5

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 6

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 7

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 8

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月