最新記事

【2016米大統領選】最新現地リポート

ようやくヒラリーを受け入れ始めたサンダース支持者

2016年7月14日(木)18時00分
渡辺由佳里(エッセイスト)

Brian Snyder-REUTERS

<党大会直前にサンダースがヒラリー支持を表明し、ようやくサンダース支持者もヒラリーを受け入れ始めた。ソーシャル上では依然としてネガティブな反応が目立つが、現地の取材からは「トランプ阻止」に向けて民主党支持者が団結しつつあることがわかる>

 民主党全国大会を2週間後に控えた12日、ヒラリーとサンダースはニューハンプシャー州で共同イベントを開催した。

 事前にメディアは「サンダースがヒラリー支持を表明するだろう」と報道したが、これまでにも似たような予測が外れているので、「当日にならないと本当のことはわからない」というのが大半の民主党支持者の心情だった。

 このイベントで人々が注目していたのは次の点だ。

●これまでヒラリーを公式に支持することを避けてきたサンダースが、ついに支持を発表するのか?
●もし支持するとしても、嫌々ながらのトーンなのか、それとも自分の支持者を説得する熱心なものなのか?
●サンダース支持者たちは、最終的にヒラリーに投票するのか?
●民主党やヒラリー陣営に不満を抱えるサンダース支持者が、カリフォルニア州で行ったような激しい抗議デモや、会場内でのスピーチ妨害をするのではないか?

 最後の部分は、民主党の今後を予測するものとして重要だ。フィラデルフィアで開催される民主党全国大会がサンダース支持者の抗議で荒れることを恐れる民主党指導部にとっては、このイベントが試金石になるからだ。

【参考記事】ダラス警官銃撃事件が大統領選の流れを変える

 火曜日の午前9時開場で11時開始というスケジュールだったが、イベント会場のポーツマス高校には午前5時半からすでに行列ができていた。Tシャツやバッジ、プラカードからざっと判断したところ、ヒラリー支持が明らかなのが6割以上、サンダース支持が3割くらい、残りは支持不明、といったところだ。

 行列の先頭部分には「絶対にヒラリーには投票しない(Never Hillary)」と話す情熱的なサンダース支持者が数人集まって記念写真を撮っていたが、その前後に並んでいるヒラリー支持者との間には言葉のやり取りや摩擦はまったくなかった。また、ヒラリーのお面をかぶってEメール疑惑を攻撃するプラカードを持ち歩いている人や、「ヒラリーは犯罪者だ!」と叫びながら歩き回っている若い男性もいたが、少なくとも入り口周辺では団体での抗議運動は見かけなかった。サンダースのTシャツを着た人とヒラリーのバッジを沢山つけた人が、ときには居心地悪そうに、ときには親しく言葉を交わしたりしている、平和な雰囲気だった。

 ヒラリー支持者は、このイベントでサンダースがヒラリーを公式に支持することを明らかに期待していが、サンダース支持者たちの期待は何なのだろう?

 母親と弟を連れてきた高校生のポールは、サンダースが立候補を発表する前にスピーチの一部をテレビで観たのがきっかけで興味を持ち、出席者がほとんどいない講演会に足を運び、それまで政治に興味がなかった母親まで引きずり出してサンダースファンにしたという筋金入りのサンダース支持者だ。

ニュース速報

ワールド

緊急事態宣言を要請すべきと判断、あす正式決定=大阪

ビジネス

前場の日経平均は続伸、方向感欠き往来相場から抜け出

ワールド

原油先物は下落、インドなどのコロナ感染者急増で

ビジネス

コインベースCEO、上場初日に同社株2.92億ドル

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の二重の欺瞞 

  • 2

    イバンカ・トランプ、3カ月間の「沈黙」を破るツイートに保守派が怒った訳

  • 3

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けられている?

  • 4

    日米首脳会談:菅義偉が国際政治のスターになる日

  • 5

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 6

    菅首相が「国際公約」にしてしまった東京五輪の現実…

  • 7

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 8

    SATCの幻想で期待した映画『デッドリー・イリュージ…

  • 9

    NY在住の大江千里、ワクチン接種後に副反応? 体調…

  • 10

    ニルヴァーナ、ドアーズ、ジミヘン、A・ワインハウス…

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 3

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数民族 「内戦勃発」が最後の希望

  • 4

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 5

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 6

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 7

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 8

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 9

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 10

    エヴァと私の26年

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき愚者は食べ、凡人は我慢する。では賢者は?

  • 4

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 7

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 8

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 9

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 10

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月