最新記事

【2016米大統領選】最新現地リポート

ようやくヒラリーを受け入れ始めたサンダース支持者

2016年7月14日(木)18時00分
渡辺由佳里(エッセイスト)

pereport0714-pics01.jpg

サンダース支持の高校生ポール(左)と家族(筆者撮影)

 彼はこのイベントについて、「サンダースがヒラリーを公式に支持した後、ヒラリーがサンダースを副大統領候補として発表する」というシナリオを望んでいるというが、「たぶんないだろうね」と諦めた様子で語った。「それでも、ヒラリーや民主党にプログレッシブなアジェンダを多く取り入れさせたことで、すでにサンダースは多くの勝利を得ている。このイベントを楽しみにしている」と、終始笑顔だった。

 ポールのように政治イベントそのものを楽しみにしているサンダース支持の若者が多いのは意外だったが、もちろんそういった人たちばかりではない。

 フェイスブックやツイッターで活発にサンダースを応援してきたという30代くらいの女性ミシェルは、「バーニーにはヒラリーを支援してほしくないし、彼が支援してもヒラリーには投票しない」と、はっきり断言していた。「バーニーが今日何を語るのかはわからない。彼が民主党の指名候補にならないのなら、無所属(あるいは第三政党)で候補として大統領選に出馬してほしい。まだ(彼が大統領になるという)希望は捨てていない」と強い口調で語った。

 民主党にとって、このイベントの最大の目標は、サンダースが公式にヒラリーを支持することで、分裂していた民主党を団結することだった。今回も、イベントが始まる時間まで、サンダースの支持者が「バーニー! バーニー!」と大声でチャントすると、ヒラリー支持者が「ヒラリー! ヒラリー!」とそれを打ち消そうとするスポーツ大会のような光景が繰り広げられた。

 これはいつものことだが、今回はそれらの声に「ユニティ!(団結) ユニティ!」というチャントが覆いかぶさり、多くのヒラリー支持者がそちらに切り換え、最後には「ユニティ」の声が会場を圧倒したのが印象的だった。

【参考記事】クリントンの私用メール問題はまだ終わらない

 イベントではまず、環境問題を取り上げたノンフィクション『自然の終焉』の著者であるビル・マッキベンが壇上に立った。彼はサンダースの支持者で、アドバイザーでもある。マッキベンが、予備選でサンダースが達成したことを語り始めたとき、会場の一部に集まっていた熱心なサンダース支持者らの間に緊張が走った。この後にサンダースが敗北を認め、ヒラリー支持を明らかにする下準備であることが明らかになってきたからだ。

 その後、サンダース自身がスピーチに立ち、「今日ここに来たのは、なぜ私がヒラリー・クリントンを支持するのか、なぜ彼女が次期大統領になるべきなのか、それをできる限り明瞭にするためだ。(中略)クリントン国務長官は、民主党の指名を獲得したのであり、私はその健闘を祝う」と発表したときには、抱き合って涙ぐむ支持者の姿も見えた。サンダースのスピーチが終わるやいなや、前述のミシェルや周囲の情熱的なサンダース支持者たちは、ヒラリーの演説を待たずに会場を去った。

 野次やネガティブな反応は、もちろん誰もが予想していた。意外だったのは、それが予想したほどではなかったことだ。同じくニューハンプシャーで2月に開催された民主党のイベントとは比べものにならないほど温和な雰囲気だ。出席していたサンダース支持者たちの率直な言葉から浮かんでくるのは、ふだんメディアにはあらわれない大多数の支持者の心理だ。

 先の高校生ポールと母親のリサは、サンダースのことを親しい家族のように語るほど愛着を抱いているが、一部のサンダース支持者のように「サンダースが第三政党候補として出馬する」ことや「アメリカ緑の党のジル・スタインに投票する」ことには賛同できないと言う。「危険なトランプが大統領になる道を作る」からだ。ポールもリサも、積極的ではないけれど、トランプを阻止するためにヒラリーに投票すると言う。

ニュース速報

ビジネス

新型ウイルス、まずは中国経済注視 必要なら追加緩和

ビジネス

中国人民銀、景気支援へ追加措置の用意 新型ウイルス

ワールド

新型ウイルス、韓国の感染者346人に急増 中国では

ビジネス

フランス格付け見通しを「安定的に」引き下げ=ムーデ

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    クルーズ船対応に見る日本の組織の問題点──権限とスキルの分離が組織を滅ぼす

  • 3

    韓国にパンブーム到来、ソウルの「日本のパン屋」に突撃取材した

  • 4

    「ホライモリは悲しんだ」......7年間、同じ場所で動…

  • 5

    「マスクは今週1億枚を供給、来月には月産6億枚体制へ…

  • 6

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 7

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 8

    映画「パラサイト」に隠れている韓国のもう一つの「…

  • 9

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 10

    新型コロナウイルス、急拡大の背景に排泄物を介した…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 6

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 7

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 8

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月