最新記事

【2016米大統領選】最新現地リポート

ヒラリー「肩入れ」メール流出、サンダース支持者はどう動く?

2016年7月25日(月)18時30分
渡辺由佳里(エッセイスト)

Scott Audette-REUTERS

<党大会開催の直前に、党全国委員長ら幹部の流出メールが公表される事件に見舞われた民主党。メールの中には、予備選でサンダースの選挙戦を妨害するような企ても語られ、サンダース支持者がどのような反応を示すか注目される>(写真は事態収拾を図るために辞任を表明したワッサーマンシュルツ民主党全国委員長)

 25日からの党大会開催を控えて、大きな問題が民主党を揺るがしている。民主党全国委員会(DNC)のデビー・ワッサーマンシュルツ委員長ら幹部数人の合計約2万通に上るメールのやり取りを、内部告発サイトのウィキリークスが先週公開したのだ。

 先月、ロシア人ハッカーがDNCのコンピュータに潜入したことが報じられており、今回の事件との関係が疑われている。

 流出したメールの中には、DNCを攻撃するサンダースの取り扱いについて弁護士に相談するものや、サンダースの信頼を失墜させる方法を探るものもある。例えば広報担当者と広報部長との次のようなやりとりだ。

広報担当者:「バーニー(サンダース)の行動が一貫していないことや、陣営がめちゃくちゃだということを(報道に)伝える良い実例がないか考えている」
広報部長:「それは事実だが、(ワッサーマンシュルツ)全国委員長は、関わるなと指導している。だから、そのままにしておくしかない」

【参考記事】異例尽くしの共和党大会で見えた、「トランプ現象」の終焉

 さらにダメージが大きいのが民主党全国委員のCFO(最高財務責任者)という重責にあるブラッド・マーシャルのメールだ。「(サンダース)は神を信じるのか? 彼は、ユダヤ人の血を受け継いでいると答えをはぐらかせているが、私は彼が無神論者だと耳にしたことがある。私の地元の人にとってこれは数%の違いがある。地元の南部バプテスト(キリスト教プロテスタント)の信者にとって、ユダヤ人なのか無神論者なのかは大きく異なる」と書いていた。サンダースの宗教観をヒラリー寄りのPRに利用しようとする態度は非難されて当然だ。

 サンダース支持者らは、予備選の期間中「民主党がヒラリーを勝利させるよう仕組んだ」「システムはrigged(不正操作されている)」と訴えてきた。彼らにとってこれらのメールはそれを証明するものだ。

 とは言え、流出したメールには、ヒラリー自身がDNCに不正操作を依頼したり、示唆したりした証拠はない。むしろ民主党とDNCを攻撃するサンダースと支持者、それに好意的な報道機関に対するフラストレーションと反発が書き連ねられている。 全国委員長のワッサーマンシュルツが自分への個人攻撃に対し、「それについて語りたい」とメールをした相手はNBCテレビの政治部ディレクターのチャック・トッドだが、トッドは「誰かが報道内容に文句をつける。この程度のことは、我々が関わるすべての選挙陣営との間で起こる日常茶飯事だ」と、メールの内容は取るに足らないことという態度だ。

ニュース速報

ワールド

原油先物は下落、インドなどのコロナ感染者急増で

ビジネス

コインベースCEO、上場初日に同社株2.92億ドル

ビジネス

東芝が大幅続落、買収問題の先行き不透明な状態続く

ワールド

米軍撤退後のアフガンの将来は誰も保証できない=大統

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の二重の欺瞞 

  • 2

    イバンカ・トランプ、3カ月間の「沈黙」を破るツイートに保守派が怒った訳

  • 3

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けられている?

  • 4

    日米首脳会談:菅義偉が国際政治のスターになる日

  • 5

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 6

    菅首相が「国際公約」にしてしまった東京五輪の現実…

  • 7

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 8

    SATCの幻想で期待した映画『デッドリー・イリュージ…

  • 9

    NY在住の大江千里、ワクチン接種後に副反応? 体調…

  • 10

    ニルヴァーナ、ドアーズ、ジミヘン、A・ワインハウス…

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 3

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数民族 「内戦勃発」が最後の希望

  • 4

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 5

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 6

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 7

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 8

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 9

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 10

    エヴァと私の26年

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき愚者は食べ、凡人は我慢する。では賢者は?

  • 4

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 7

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 8

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 9

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 10

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月