最新記事

【2016米大統領選】最新現地リポート

ヒラリー「肩入れ」メール流出、サンダース支持者はどう動く?

2016年7月25日(月)18時30分
渡辺由佳里(エッセイスト)

Scott Audette-REUTERS

<党大会開催の直前に、党全国委員長ら幹部の流出メールが公表される事件に見舞われた民主党。メールの中には、予備選でサンダースの選挙戦を妨害するような企ても語られ、サンダース支持者がどのような反応を示すか注目される>(写真は事態収拾を図るために辞任を表明したワッサーマンシュルツ民主党全国委員長)

 25日からの党大会開催を控えて、大きな問題が民主党を揺るがしている。民主党全国委員会(DNC)のデビー・ワッサーマンシュルツ委員長ら幹部数人の合計約2万通に上るメールのやり取りを、内部告発サイトのウィキリークスが先週公開したのだ。

 先月、ロシア人ハッカーがDNCのコンピュータに潜入したことが報じられており、今回の事件との関係が疑われている。

 流出したメールの中には、DNCを攻撃するサンダースの取り扱いについて弁護士に相談するものや、サンダースの信頼を失墜させる方法を探るものもある。例えば広報担当者と広報部長との次のようなやりとりだ。

広報担当者:「バーニー(サンダース)の行動が一貫していないことや、陣営がめちゃくちゃだということを(報道に)伝える良い実例がないか考えている」
広報部長:「それは事実だが、(ワッサーマンシュルツ)全国委員長は、関わるなと指導している。だから、そのままにしておくしかない」

【参考記事】異例尽くしの共和党大会で見えた、「トランプ現象」の終焉

 さらにダメージが大きいのが民主党全国委員のCFO(最高財務責任者)という重責にあるブラッド・マーシャルのメールだ。「(サンダース)は神を信じるのか? 彼は、ユダヤ人の血を受け継いでいると答えをはぐらかせているが、私は彼が無神論者だと耳にしたことがある。私の地元の人にとってこれは数%の違いがある。地元の南部バプテスト(キリスト教プロテスタント)の信者にとって、ユダヤ人なのか無神論者なのかは大きく異なる」と書いていた。サンダースの宗教観をヒラリー寄りのPRに利用しようとする態度は非難されて当然だ。

 サンダース支持者らは、予備選の期間中「民主党がヒラリーを勝利させるよう仕組んだ」「システムはrigged(不正操作されている)」と訴えてきた。彼らにとってこれらのメールはそれを証明するものだ。

 とは言え、流出したメールには、ヒラリー自身がDNCに不正操作を依頼したり、示唆したりした証拠はない。むしろ民主党とDNCを攻撃するサンダースと支持者、それに好意的な報道機関に対するフラストレーションと反発が書き連ねられている。 全国委員長のワッサーマンシュルツが自分への個人攻撃に対し、「それについて語りたい」とメールをした相手はNBCテレビの政治部ディレクターのチャック・トッドだが、トッドは「誰かが報道内容に文句をつける。この程度のことは、我々が関わるすべての選挙陣営との間で起こる日常茶飯事だ」と、メールの内容は取るに足らないことという態度だ。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏のシリア撤収決定に反対、米超党派議員が決

ビジネス

中国鉄鋼業界の分裂進む、小規模製鋼所が生産拡大=団

ワールド

香港行政長官が施政方針演説、一部議員の妨害で中断

ビジネス

米民主党討論会、勢いづくウォーレン氏の医療保険案が

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からスタッフが消えた

  • 2

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 3

    自宅でのネコの態度で分かる! 飼い主との生物の種を超えた絆とその幸福度

  • 4

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 5

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 6

    トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

  • 7

    NBA騒動に学ぶ「かんしゃく国家」中国との付き合い方

  • 8

    米軍撤退で追い詰められたクルド人がシリア、ロシア…

  • 9

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 10

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 4

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 5

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 6

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 7

    北朝鮮漁民は「100年前の船」で無謀な出漁......日本…

  • 8

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 9

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 10

    勉強熱心な韓国市民の愛読書はニッポン本

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月