最新記事

海外ノンフィクションの世界

グーグルでヨガを広め、マインドフルネスの導き手となった男

2016年7月23日(土)06時47分
白川部君江 ※編集・企画:トランネット

Talks at Google-YouTube

<世界各地のグーグルオフィスで人気の社員向けプログラム「ヨグラー」。それを立ち上げたのが、インド出身のチーフ・エバンジェリスト、ゴーピ・カライルだ。カライルが執筆した『リセット』は、マインドフルネスとヨガの実践のヒントを与えてくれるノンフィクション。先進企業グーグルの創造力の源泉とも言えるかもしれない>

 2013年、グーグルの社内カンファレンスの会場となったロサンゼルスのコンベンションセンターで、CEOのラリー・ペイジが見守る中、1万人を超えるグーグラーたちが参加する全米最大のヨガクラスが開かれた。

 日本でも、仏教の禅やヨガを源流とする「マインドフルネス」と「瞑想」に対する関心がにわかに高まっている。その火付け役といえるのが、アップルやフェイスブック、グーグルといったシリコンバレーの大手IT企業だ。一見、テクノロジーとは無縁に思える古来のエクササイズを、こうした企業がまじめに取り入れるようになったのはなぜか。その背景には、瞑想がストレスを軽減し、免疫力を高め、集中力や創造力の向上につながることが最新の脳科学で明らかになったことがある。

【参考記事】グーグル、人工知能の暴走を阻止する「非常ボタン」を開発中

 冒頭のイベントで壇上からヨガと瞑想を指導したのは、グーグルのチーフ・エバンジェリストとして活躍するゴーピ・カライル氏だ。南インドの出身で、幼い頃からヨガや瞑想に馴れ親しんできた。渡米し、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、その後、グーグルに参画。2006年に彼が立ち上げた社員向けプログラム「ヨグラー」は、今やグーグル本社だけでなく、世界各地のグーグルオフィスが取り入れる人気プログラムに成長した。

 7月末刊行の新刊『リセット――Google流 最高の自分を引き出す5つの方法』(筆者訳、あさ出版)は、著者であるカライル氏がどのようにマインドフルネス(今この瞬間に意識を集中し、ありのままを感じ取ること)を実践し、成果を上げてきたのか、自身の過去のトークやエッセイを元に書き下ろした一冊だ。

最も大切なテクノロジーは「インナーネット」の中に

 今やインターネットにつながることは当たり前。私たちはスマートフォンやソーシャルネットワーク(SNS)に気を取られるあまり、ますます注意力が散漫になり、生活の質も仕事のパフォーマンスも低下しがちだ。

【参考記事】ウェルビーイングでワークスタイルの質を高める

 実は、最も重要な"テクノロジー"は私たち自身の中にあるとカライル氏は言う。それが、脳と心、体、呼吸、意識の集合体であり、それを彼は「インナーネット(inner-net)」と呼ぶ。IT機器から定期的に離れ、その「インナーネット」とつながり直すことの大切さを説いているのだ。

 内的なテクノロジーを最適化するのに有効なのがヨガだ。本書によれば、体と呼吸に意識を集中することで、必然的に自分自身と向かい合うことができる。ほんのわずかな時間でも毎日エクササイズを続けることで、意識の高い状態が維持でき、より困難な状況でも最適な判断を下せるようになる。さらに、相手に対する思いやりの心が生まれ、人との会話の質も向上するという。

 カライル氏のアドバイスは、とにかくまず、「一度にひとつのことに集中する」こと。マルチタスクは注意力を分散させ、作業効率の低下につながる。次に、「意義と目的を見つける」。例えば、自分にとって大切だと思えることを紙に書き出し、その中から本当に重要な項目を5個以下に絞り込む。優先項目に意識を集中させることで物事が効率よく片付き、心にゆとりが生まれる。

 また、自分のための時間を確保するために、オンライン秘書などのアウトソーシング・ツールを活用する手もある。実際に、カライル氏もそうやってヨガを教える時間を作っているという。メッセンジャーアプリの「Googleハングアウト」を使って、遠いアフガニスタンにいる友人と「感謝のリスト」を交換するのも、マインドフルネスの実践のひとつだ。

ニュース速報

ワールド

スウェーデン首相の不信任案可決、辞任か解散総選挙へ

ワールド

日本政府、アストラゼネカのワクチンをタイに寄付へ

ワールド

広東省の製造拠点・東莞市、大規模なコロナ検査開始 

ビジネス

東芝が2月の社内調査開示、株主圧力問題「不当な干渉

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代わりに飲み始めたものとは?

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 8

    ディズニー映画から「本物の悪役」が姿を消したのは…

  • 9

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 10

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 9

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 8

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月