最新記事

インタビュー

ウェルビーイングでワークスタイルの質を高める

Foresight

[石川善樹]予防医学研究者

2016年5月26日(木)11時03分
WORKSIGHT

ネガティブ要素を「ワクワク」に変える環境作り

 快適に働ける環境をいかに作るか。あるいは、オフィスワーカーのどんな行動がストレスの軽減や生産性の向上につながるか。健康と働き方を結び付けるウェルビーイング* の考えが企業やワーカーの間で広がってきています。

 僕の専門は予防医学で、心身の健康を増進して病気を未然に防ぐことを研究しています。多くの人が長時間をオフィスで過ごす中、オフィスワーカーのウェルビーイングをどう考えるかということは予防医学の大きなテーマといえます。

幸福の要素は「快楽」「意味」「没頭」の3つ

 心身の充実は幸福の度合いと関連があるわけですが、幸福の要素は「快楽」「意味」「没頭」の3つあると言われています**。「快楽」は肉体的・感覚的に得られる短期的な幸せで、「意味」は楽しくなくてもそこに意義が感じられれば幸せというものです。

【参考記事】脳を健康にするという「地中海食」は本当に効果があるか

 古代ギリシャにさかのぼれば、幸せといえば「快楽」か「意味」のどちらかでしたが、20世紀になってミハイ・チクセントミハイ(ポジティブ心理学の研究者)が、フローやゾーンといった概念を通して「没頭」の幸せを指摘したんです。「没頭」は何かにのめり込むことで得られる幸せで、別に快楽も意味もなくていい。登山やジョギングなど、その行為に没入できることの幸せを指します。

 何に幸せを感じるかは人によって異なりますし、国民性もあります。アメリカ人は没頭タイプです。本質を突きつめたいんですね。だからオフィスでは没頭しやすい個室が重要になってくるんです。日本人は意味を重視します。自分がしていることに意義が感じられれば、それなりに幸せなんです。第三世界では快楽を求める人がまだまだ多かったりします。

【参考記事】個人の身の丈に合った「ナリワイ」で仕事と生活を充実させる

ワクワクとともに目覚め、満ち足りた気持ちで眠りにつく

「快楽」「没頭」「意味」という幸福の3要素をさらに拡張して生まれたのがウェルビーイングです。ウェルビーイングを測定する構成要素は、次の5つとされています。

・Positive Emotion(ポジティブな感情)
・Engagement(エンゲージメント、没頭)
・Relationship(ポジティブな人間関係)
・Meaning and Purpose(意味や目的)
・Achievement(達成)

「ポジティブな感情」は幸福感や満足度、「ポジティブな人間関係」は他者との友好的な関係、「達成」は目的に到達することそのものの幸福です。これらは頭文字を取ってPERMAと呼ばれます。

ニュース速報

ワールド

焦点:中国依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖

ワールド

日米で通商巡り違いあるのは事実=G20で麻生財務相

ワールド

北朝鮮、ICBM実験停止と核実験施設の廃棄を表明

ビジネス

富士フィルムと米ゼロックス、経営統合計画の再交渉目

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 2

    空自F2後継機、米ローキードがF22・35ベースの開発打診 日本の仕事激減が再び?

  • 3

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    「金正恩は何かあると、すぐに妹を呼ぶ」韓国閣僚が…

  • 10

    対北朝鮮融和に一直線、韓国文政権の「検閲」が始ま…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 10

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    ポルノ女優がトランプとの不倫を暴露──脅されながら…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月