最新記事

温暖化対策

温暖化対策に希望! 二酸化炭素を岩に変えて閉じ込める

2016年6月12日(日)10時20分
山路達也

Kevin Krajick-Lamont-Doherty Earth Observatory

<英サウサンプトン大学、米コロンビア大学などの共同研究チームは、アイスランドの地熱発電所で、発電所から出る二酸化炭素を玄武岩に注入し、「岩」にしてしまうことに成功している。>

 二酸化炭素を始めとする温暖化ガスの排出を抑えようとさまざまな技術が開発されている。その1つが、CCS(Carbon dioxide Capture and Storage)と呼ばれる炭素貯留技術だ。CCSは、火力発電所や工場から排出される二酸化炭素を回収、これを地中の帯水層や海底に注入して貯蔵してしまうというもの。

 一部、石油やガスの採掘にCCSは利用されているが、二酸化炭素を地層に注入して圧力を高め、石油や天然ガスの産出を増やそうというわけだから、それを温暖化対策というのも議論を呼ぶところではある。CCS技術の多くはまだ研究段階であり、地震などで注入した二酸化炭素が漏れてくる恐れなどが指摘されている。

 英サウサンプトン大学、米コロンビア大学などの共同研究チームの研究は、CCSをめぐる状況に一石を投じることになるかもしれない。

 研究チームは、2012年からアイスランドのHellisheidi地熱発電所で、Carbfixプロジェクトを行っている。Carbfixの目的は、発電所から出る二酸化炭素を「岩」にしてしまうこと。地熱発電所からは、二酸化炭素や硫化水素を含む火山性のガスが排出される。このガスと汲み上げた水を混ぜて玄武岩に注入し、自然に起こる化学反応によって二酸化炭素を固体にしてしまおうというのである。

 この化学反応がどのくらいのスピードで起こるのかは、誰も知らなかった。科学者によっては数百年から数千年かかると見積もる人もいたし、Carbfixの研究者も8〜12年ほどかかると予想していた。

 2012年から2013年にかけ、研究チームは250トンの水と二酸化炭素、硫化水素の混合液を玄武岩に注入して経過を観察。その結果、注入された二酸化炭素の95%は2年以内に固体化されていることがわかった。予想よりも圧倒的に短期間で二酸化炭素の固定は進んでいたのである。

 従来の二酸化炭素の分離・注入が1トンあたり130ドル程度かかるのに対し、Carbfixの手法は地熱発電所の既存インフラを活用できることもあって1トンあたり30ドルと安価だ。

 もっとも、Carbfixの手法がそのまますぐ実用化できるというわけではない。火力発電所や工場では二酸化炭素の分離プロセスが必要だし、潤沢な水や玄武岩の地層も必要になる。また、玄武岩と二酸化炭素が結合してできた炭酸塩をバクテリアが分解して、より強力な温暖化ガスであるメタンを排出させてしまう可能性もある。

 それでも、温暖化対策に関して久しぶりに希望を抱かせてくれるニュースといえるのではないだろうか。

<

関連ワード

ニュース速報

ワールド

東京都の新規感染者110人以上、初の3桁=国内メデ

ワールド

南アジア、新型コロナ感染者6000人に迫る インド

ワールド

韓国、「社会的距離」強化を2週間延長 感染ペース5

ワールド

中国、新型コロナの死者追悼 「清明節」に黙とうと警

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 3

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(4…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    「アビガン」は世界を救う新型コロナウイルス治療薬と…

  • 8

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 9

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 10

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 10

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 5

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 9

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 10

    ついに日本は終わった

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月