最新記事

中国

世界2位の経済大国の「隠蔽工作ショー」へようこそ

「ペンキ緑化」から「ビニール袋羊」まで、地方官僚のトンデモ工作・統計ごまかしを阻止するにはもはや民主化しかない!?

2015年12月17日(木)16時02分
高口康太(ジャーナリスト、翻訳家)

「新聞記者の天国、統計学者の地獄」 聖火リレーのルート沿いだけ美化されるなど、北京五輪の際にも横行した「メンツ・プロジェクト」は当時天津に住んでいた筆者も目撃した(2008年8月、聖火ランナーを迎える天津市民) Vincent Du-REUTERS

「岩山に緑のペンキを塗って緑化と言い張ってみた」

 覚えている人もいるのではないだろうか。2007年、中国は雲南省のトンデモニュースが世界を騒がせた。この「ペンキ緑化」の動機は風水のためだったというが、2010年には陝西省で、地方政府による低コストかつお手軽な「緑化」策として、ペンキで山々が塗りたくられるという事件が起きている。

 この「ペンキ緑化」に勝るとも劣らないトンデモ事件を人民日報が伝えている。2015年12月11日の記事で、次のようなエピソードが紹介されていた。

 ある貧しい農村が上級幹部の視察を迎えることになった。「村は大変豊かになりました」と景気よく出迎えたいと考えた村幹部が思いついたのは、「ビニール袋羊」だった。小学生に白いビニール袋をかぶらせ、山の中腹で寝そべっているように命じた。上級幹部が遠くから山を眺めると、白い羊がいっぱいいるように見えるという寸法だ。

 この記事では他にも、「村人は下水道を敷設して欲しいと訴えたが、下水道を作っても視察に来た上司の目に入らないではないかと一蹴され、代わりにオシャレな広場が作られた」「新農村を建設する際(筆者注:中国では近年、土地の有効利用を図るために農村の住宅地を集約し、余った土地を農地や工業用地に転用する新農村計画が実施されている)、村人は果樹園に近い場所に住みたいと申し出たが、そこでは上司が視察に来ないと不便な場所に家が建てられた。一見するとピカピカの模範住宅だが、住民にとっては不便で仕方がない」といったエピソードが紹介されている。

「メンツ・プロジェクト」と大躍進の大惨事

 ともかくうわべばかりを気にして上司の覚えを良くしようとする地方政府の施策は、中国語で「面子工程」(メンツ・プロジェクト)と呼ばれている。実際に便益があるかないかではなく、メンツを保てるかどうかを基準に資金が投入されているというわけだ。

 私もメンツ・プロジェクトを目にしたことがある。2008年の北京五輪前、中国各地を聖火ランナーが走った。当時、私は天津市に住んでいたが、家のすぐ近くが聖火リレーのルートとなった。ここでメンツ・プロジェクトの登場だ。ルート沿いは徹底的に美化された。建物の壁は塗り直され、エアコンの室外機にはオシャレなカバーがかけられた。ところどころ五輪を歓迎する巨大看板が立てられたが、真の目的は空き地など汚らしいものを隠すことだった。

 聖火リレーのテレビ中継を見ると、驚くほど美しい街並みが映し出されていたが、それはジオラマのように一方向から見た景色に過ぎない。路地を一本入ると以前と変わらぬぼろぼろの街並みが残っている。まさにうわべだけを取りつくろったメンツ・プロジェクトの典型だ。

 こうしたごまかし、取りつくろいは新中国成立以来、脈々と受け継がれてきたもの。その最たるものは大躍進だろう。1958年から1961年にかけて実施された、わずか数年で飛躍的に生産能力を向上させて先進国に追いつこうという壮大な政策である。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

岸田首相、荒井秘書官を更迭 LGBTなどめぐる発言

ビジネス

データ会社ION攻撃のハッカー集団、身代金受け取り

ワールド

中国外務次官が訪ロ、ラブロフ外相らと協力促進を協議

ビジネス

マスク氏とテスラが勝訴、株式非公開化の「資金確保」

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 2

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    やりすぎたかも......美容整形を受けた男性セレブたち

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 7

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 8

    ロシアで「国を滅ぼすような内戦」が起きる可能性...…

  • 9

    復帰した「世界一のモデル」 ノーブラ、Tバック、シ…

  • 10

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 3

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファンに衝撃走る

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 6

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 7

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 8

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 9

    英国の伝統を侮辱? メーガン「ふざけたお辞儀」に大…

  • 10

    メーガンの「おふざけ」とは大違い? ダイアナが見せ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを…

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月