最新記事

対テロ戦争

アノニマスがISISへの一斉攻撃を呼び掛け

Hacker Group Anonymous Announces ISIS 'Trolling' Day

他のハッカー集団やソーシャルメディア・ユーザーの参加も募り、12月11日に大規模攻撃を目指す

2015年12月10日(木)17時46分
ナタリー・イルスレー

宣戦布告 パリの同時多発テロを受けてISISに全面戦争を挑んだアノニマス Social Media Website via Reuters

 国際的なハッカー集団アノニマスが12月11日にテロ組織ISIS(自称イスラム国、別名ISIL)に全面攻撃を仕掛けると宣言、インターネット上で広く参加を呼び掛けている。

 アノニマスは130人以上の犠牲者を出した11月13日のパリ同時多発テロ事件の後、パリ作戦というハッシュタグで反ISISキャンペーンを開始しており、11日の一斉攻撃もその一環。

 やはりインターネット上で反ISIS活動を行っているハッカー集団、ゴースト・セキュリティーも11日の攻撃に参加する。メンバーの1人が、本誌に語った。複数のハッカー集団が連携して攻撃を行うのは異例。

「これまでは少人数のグループで活動していたが、今回は膨大な数の個人が参加する」と、ネット上でワウチュラゴーストと名乗るこのメンバーは話した。「このアイデアをもちかけられて、すぐ気に入った。今までとは次元が違う大規模攻撃になる。ISISをコケにした大量の画像をツイッターに投稿し、ISISのアカウントを乗っ取って、画像やメッセージを書き換える」

 今回の攻撃でISISの化けの皮も剥がせる、とワウチュラゴーストは言う。「奴らはソーシャルメディアを使って怒りと恐怖を拡散しているが、我々は恐れない。そして奴らの実態を白日の下に晒す」

 アノニマスが11月30日にツイッター上に投稿したメッセージには、攻撃参加者のための「ISIS攻撃案リスト」が含まれ、ツイッター、インスタグラム、フェイスブック、YouTubeなどのソーシャルメディアサイトを主戦場に挙げている。

 攻撃の際にはダーイシュ(アラビア語でISISの意)とダーイシュバグズのハッシュタグを使う。インスタグラムのユーザーには写真を、フェイスブックのユーザーにはISIS関連のアカウントを見つけてアノニマスに知らせるよう求めている。

 ネット上だけでなく、アメリカとヨーロッパの都市で集会も開く。ISISを風刺した写真をプリントし、ポスターやステッカーを作成して持ち寄り、街中に貼るという。

 アノニマスはパリ同時多発テロの3日後の11月16日、YouTubeに2分の動画を投稿し、トレードマークの仮面をつけた人物がISISに全面戦争の宣戦布告をしている。

ニュース速報

ビジネス

日経平均は6日ぶり小反落、半導体関連株売られる

ビジネス

ドル107円後半、実需のドル買いなど受け

ビジネス

JGB残高減らしていく=18年度あいおいニッセイ同

ワールド

進退考えず、調査しないと何とも言えない=麻生財務相

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能潜水艦が見つかる 

  • 3

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 4

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 5

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 6

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    ナゾの天体「オウムアムア」の正体 これまでに分か…

  • 9

    米中貿易戦争は中国に不利。習近平もそれを知ってい…

  • 10

    怖くて痛い虫歯治療に代わる、新たな治療法が開発さ…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    アメリカの2度目のシリア攻撃は大規模になる

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    フェイスブックはなぜ全米を激怒させたのか

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 10

    4年前に死んだ夫婦に赤ちゃん誕生! 中国人の祖父母…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    金正恩がトランプに懇願か「あの話だけはしないで欲…

日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月