最新記事

化学兵器

ロシアはシリアから化学兵器を奪い取れるか

アメリカの対シリア攻撃を、ロシアがシリアに化学兵器を廃棄させて回避するというが

2013年9月10日(火)15時46分
ジョシュア・キーティング

大国も口だけ 生物化学兵器対策の訓練をするロシア軍兵士 Kazbek Basayev-Reuters

 化学兵器を使用したとされるシリアのアサド政権に対して、アメリカが武力行使に踏み切るかどうか。緊張が高まるなか、ロシアが仲介役として存在感を高めている。アメリカの攻撃を回避するため、すべての化学兵器を国際監視の下に引き渡して廃棄するよう、アサド政権に働きかけているのだ。

 もっとも、そのロシアも、自国内の化学兵器の管理状況はお粗末なものだ。ロシアはかつて、少なくとも4万トンの化学兵器を保有していたが、開発や生産を包括的に禁じた化学兵器禁止条約を97年に批准し、廃棄処分を進めてきた。ロシア政府は当初、07年までにすべての廃棄を完了するとしていたが、01年の時点で12年に延期。しかし、12年までに廃棄された化学兵器はわずか62%だった。

 当局は、期限を15年に再度延期したが、今ではそれすら実現が危ぶまれている。ロシアメディアは今年4月、廃棄の完了は2020年になるだろうと報じた。

 その影響はシリアにも及んでいるかもしれない。アメリカのヘーゲル国防長官は先週、アサド政権が使った化学兵器の一部はロシアから流出した可能性があると語った。シリアが保有する化学兵器は、かつてのロシアほど大量ではないだろうが、シリア国内に広く分散しており、数週間以内にすべてを回収して廃棄処分にするのは不可能とみられる。

 もっとも、化学兵器の廃棄が進まないのはロシアだけではない。アメリカもたびたび廃棄期限を延長しており、いまだに完了していない。

© 2013, Slate

ニュース速報

ワールド

レバノン非常事態宣言、ベイルート爆発受け 死者13

ワールド

トランプ米大統領、立ち退きや失業問題への対処で大統

ビジネス

米経済再開、当初想定より時間必要か=クリーブランド

ワールド

「信頼できない」中国アプリ、アプリストアから削除を

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 5

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 6

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 7

    三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

  • 8

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 9

    東京都、30日コロナ感染367人で過去最多 小池知事、酒…

  • 10

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 7

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月