最新記事

インド

フェイスブックで子供が売られた!

孫の赤ん坊をFBで売ることを思いついた幼児売買・誘拐大国の闇

2013年5月17日(金)15時51分
ジェーソン・オーバードーフ

スラムドッグ 幼児失踪事件のうち警察が捜査を行うのは少数でしかない Gerry Images

 赤ん坊の孫をフェイスブックで「売却」した祖父を逮捕──。4月末にインド北部パンジャブ州の警察がそう発表すると、多くの人がショックを受けた。

 しかし、その陰で見落とされている事実がある。この国では子供の売買は決して珍しくない。政府の試算では、11年に失踪した子供は約9万人。政府は多くが家出で後に帰宅しているというが、行方不明のままの子供が3万5000人近くいる。捜査が行われたケースは1万5000件にとどまる。

 フェイスブックで売られた子は、幸運だった。母親の通報を受けて警察がすぐに動き、男の子を確保した。「祖父がデリーの人物と話をつけ、病院職員を仲間に引き込んで赤ん坊を運び出していた」と、地元警察の本部長は説明している。

 これは例外的なケースだ。現実には、親が警察に届け出ても相手にされないことが多い。特に、貧しいスラム地区に暮らす一家だと、警察は家出だと決め付けがちだ。最初から家族の関与を疑って掛かる場合もある。

 しかし、親や親族が意図的に子供を売り飛ばすケースは極めて少ないと、児童保護の専門家らは指摘する。「私たちが扱う事件の大多数で、いい職やいい暮らしが待っていると約束されて、子供を手放している」と、非営利団体「セーブ・ザ・チャイルドフッド運動」の弁護士ブワン・リブは言う。

 親にはいくらかの金が渡されるが、子供の将来の給料からの前払い金だと説明される。金を受け取らせることで、親に罪悪感を持たせ、警察に届けづらくさせようという思惑なのだろう。

 あらゆる人身取引を厳しく取り締まる法律が今年に入って施行されたが、親たちの届け出を受け付けることに消極的な警察の姿勢は変わっていない。インドのメール・トゥデー紙によれば、届け出を取り下げるよう迫ったり、金を要求したりするケースもあった。

 最近も、4月に拉致されてレイプの被害に遭った5歳の少女の親を警察が「買収」しようとした疑惑が浮上している。娘がいなくなったと親が届け出たとき、警察はすぐに捜査しなかった。その事実を隠蔽するために、口止め料を用意したとされる。

 これらは氷山の一角だ。リブによれば、「1時間に10人のペースで子供が失踪していると見ているが、捜査が行われる割合はそのうちの1人だけ」なのだ。

From GlobalPost.com特約

[2013年5月14日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

プーチン氏、金総書記と平壌をドライブ ロシア製リム

ビジネス

TOPIX定期入れ替え実施へ、銘柄1200程度に絞

ワールド

ロ朝が包括戦略条約、有事に相互支援 プーチン氏24

ビジネス

英CPI、5月は3年ぶり2%目標回帰 基調圧力なお
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が苦言...相変わらず「しつけが悪い」?

  • 4

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 5

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 6

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 9

    なぜガザの停戦案はまとまらないのか?「イスラエル…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 10

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中