最新記事

津波

海を渡ってきた悲劇の「遺物」

桟橋からサッカーボールまで 東日本大震災の津波で 海に流れ出た大量の瓦礫が 米西海岸に漂着し始めた

2012年10月19日(金)15時00分
ウィンストン・ロス

最初は興味本位 市民の漂着物探しは次第にビーチ清掃の地域奉仕活動に発展している Reuters

 これから数カ月、アメリカ西海岸には、太平洋の反対側の国で1年半前に起きた悲劇の「遺物」が続々と押し寄せるはずだ。

 秋になると毎年、強い偏西風に運ばれて、太平洋上に大量に浮かんでいるごみの一部がアメリカの海岸に流れ着く。今年は、昨年3月11日の東日本大震災の津波で洋上にさらわれた家屋、漁船、桟橋などの大量の瓦礫、さらには被災した人の遺体も漂着するかもしれない。

 今年6月、オレゴン州ニューポートのアゲートビーチという砂浜に大きな浮桟橋が漂着すると、地元は大騒ぎになった。その浮桟橋が長さ約20メートル、高さ約2メートル、重さ150トンという巨大なものだったというだけではない。漢字の書かれたプレートが付いていて、アメリカに生息していない生物が表面にびっしり付着していたのだ。

 オレゴン州ポートランドの日本総領事館が調べたところ、地元住民の最悪の不安が的中したことがすぐ分かった。桟橋は、日本の青森県三沢市の漁港にあったものだった。東日本大震災の津波にさらわれて流出した瓦礫がアメリカ西海岸に漂着し始めたのだ。これは、予想されていたよりだいぶ早い時期だった。

 一晩明けると、漂着した浮桟橋はたちまち観光名所に様変わりしていた。ビーチを管理するオレゴン州公園局にとっては頭痛の種でしかない。州は警備隊員を現場に派遣し、若者たちが浮桟橋に上って遊ぶのをやめさせようとしたが、効果はほとんどなかった。

 それから2カ月ほどの間に、8万5000ドルの費用を掛けて浮桟橋は解体・撤去された。浮桟橋の側面に「壁画」を描くなどしていたファンたちはがっかりしたが、解体・撤去以外に選択肢はなかったと、州当局は主張する。漂着した瓦礫をいつまでもビーチに放置するわけにはいかない、というわけだ。

 この先数カ月、アメリカ西海岸のオレゴン州、ワシントン州、カリフォルニア州とアラスカ州、そして太平洋上のハワイ州は、ますますこうした問題に悩まされるだろう。まだ海に浮かんでいて、これから漂着する可能性のある瓦礫が大量にある。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米民主ジャクソン・リー下院議員が死去、黒人の権利擁

ワールド

トランプ氏、ウクライナ大統領と電話会談 「戦争終わ

ビジネス

日鉄、ポンペオ氏をアドバイザーに トランプ前政権閣

ワールド

〔情報BOX〕米民主34議員、バイデン大統領に撤退
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 5
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 6
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 7
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 8
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 9
    暗殺未遂の瞬間...トランプ前大統領が奇跡的に「死を…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中