最新記事

アンチエイジング

宇宙飛行士の若返り飲料の意外な中身

NASA 'Space Drink' Helps Reduce Signs of Aging

大気圏外で強い紫外線を浴びる宇宙旅行士の肌を守るために作られたドリンクだから、地上ではそれこそ効果抜群

2012年5月31日(木)18時00分
アレクサンダー・ベサント

 大気圏外で大量の紫外線を浴びる宇宙飛行士のためNASA(米航空宇宙局)が製造した飲料にアンチエイジング効果あり――。発見したユタ大学の研究者によれば、この飲料「AS10」には酸化ストレス(酸化反応が引き起こす有害な作用)を和らげ、肌の回復を早める大量の抗酸化物質が含まれると考えられている。

「肌は紫外線にさらされる最初の体の組織。酸化ストレスにも敏感だ」と、ユタ大学の栄養学者アーロン・バーソンはデイリ・ニューズ紙の取材に対して語っている。「われわれの研究で、AS10に酸化ストレスを軽減する大きな効果があることが分かった。AS10を飲むことで酸化ストレスが緩和され、肌はすばやく自然治癒する」

 抗酸化作用があるこの飲料は、植物化学的にも豊富な材料で作られている。AS10の材料はクプアス、アサイー、アセロラ、ウチワサボテン、ヤムベリー、ブドウ、緑茶、ザクロなどだ。

シミもシワも減少

 紫外線によって肌にダメージを受けた180人を対象にしたユタ大学の研究では、AS10を毎日2回、4カ月間継続して飲むことで紫外線によるシミが30%減少し、シワも17%減ったという。

 プラスとマイナスの電気バランスが崩れることで発生し、体内に侵入すると細胞膜を攻撃する「フリーラジカル(遊離基)」にA10に含まれる抗酸化物質が付着。フリーラジカルが肌にダメージを与える前にその働きを止める効果があるという。

GlobalPost.com特約

ニュース速報

ワールド

米、中国の南シナ海での軍事行動に反対=ボルトン大統

ビジネス

三菱UFJ、2億株・1000億円を上限に自己株を取

ビジネス

日経平均は大幅反落、一時700円超安 上海株高支え

ビジネス

ドル113円後半、円じり安 米中歩み寄りに期待

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    射精にはなぜ時間がかかるのか?

  • 3

    太陽熱を最長18年貯蔵できる、画期的な太陽熱燃料が開発される

  • 4

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓…

  • 5

    カリフォルニア史上最悪の山火事にトランプがまた失…

  • 6

    インド8歳少女のレイプ殺人で、少女への性的暴行を死…

  • 7

    メルケル時代が終わる理由は、難民・移民問題ではない

  • 8

    「キッシンジャー・習近平」会談の背後に次期米大統…

  • 9

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 10

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    射精にはなぜ時間がかかるのか?

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 5

    病院の集中治療室にいた4歳の少女を5人で集団レイプ

  • 6

    インド8歳少女のレイプ殺人で、少女への性的暴行を死…

  • 7

    離陸前のインドネシア機から乗客脱出 荷物室にあっ…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓…

  • 10

    【動画】本当に飛んだ、ドバイ警察の「空飛ぶバイク」

  • 1

    射精にはなぜ時間がかかるのか?

  • 2

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 3

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 4

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    安倍首相はよく耐えた!

  • 9

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 10

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月