最新記事

米兵

米兵銃乱射で流動化するアフガン情勢

4度目の派遣を嫌がっていた米兵は、法ではなく政治の力で極刑を言い渡される可能性もある

2012年3月16日(金)16時08分
タリア・ラルフ

たぎる怒り 事件後、反米デモを繰り広げたアフガニスタンの人々(3月13日) Parwiz Parwiz-Reuters

アフガニスタンで民間人16人を殺害した米兵の弁護士が決まった。はだしでセスナ機やモーターボートなどの窃盗を繰り返して話題になった「裸足盗賊」の弁護で知られる、ジョン・ヘンリー・ブラウン弁護士だ。

 容疑者の米兵(38)はワシントン州シアトル出身であるため、シアトルの法曹界で有名なブラウンに弁護を頼んだとみられる。

 事件が起きたのは11日の朝。米兵がカンダハル州で民家3軒に押し入り、非武装の住民に向けて銃を乱射。子供9人を含む16人が死亡したほか、負傷者も出た。米当局はいまだ死傷者数を正確に把握できていない。

 この米兵はまだ正式に起訴されていないが、レオン・パネッタ米国防長官は、死刑が求刑される可能性もあると指摘した。

 ブラウンは「裁判は法律より政治の問題になるだろう」と、ワシントン州タコマのニュース・トリビューン紙に語っている。アフガニスタン国民の怒りを収めようと政治的な圧力がかかり、容疑者にとって厳しい裁判になるとの見通しだ。

 米兵はワシントン州のルイス・マコード統合基地の所属。ブラウンがAP通信に語ったところによれば、今回を含めイラクとアフガニスタンへ計4回の派遣歴がある。イラク駐留では2度負傷しており、今回のアフガニスタン派遣には乗り気でなかったという。「彼はまた派遣されることを嫌がっていた。(前回帰還したとき)彼はもう戦地へ送られることはないと言われたのに、また行けと言われた」

 一方捜査当局は、アルコールや夫婦間の問題が彼の行動に影響を及ぼした可能性を調べている。

 アフガニスタンでは反米感情の高まりを背景に、反政府武装勢力タリバンがカタールでの米国との和平交渉打ち切りを宣言。カルザイ大統領も15日、米軍の治安権限の移譲を1年早い2013年末までに完了するよう要求するなど、情勢が一気に流動化しつつある。

GlobalPost.com特約

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日鉄、ポンペオ氏をアドバイザーに トランプ前政権閣

ワールド

〔情報BOX〕米民主34議員、バイデン大統領に撤退

ワールド

世界的システム障害、航空便や医療など影響多岐に 脆

ワールド

日米の防空ミサイル増産協力、ボーイングの部品供給が
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 5
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 6
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 7
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 8
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 9
    暗殺未遂の瞬間...トランプ前大統領が奇跡的に「死を…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中