最新記事

オペラ

世界を挑発する派手好きディーバ

劇場のトイレ掃除係から大スターに上り詰めたアンナ・ネトレプコのきらびやかで素朴な素顔

2011年12月28日(水)13時22分
ピーター・ポメランツェフ(英テレビプロデューサー)

スター誕生 05年のザルツブルク音楽祭で『椿姫』のビオレッタ役を演じ一躍スターに Leonhard Foeger-Reuters

「オペラ歌手って退屈な人が多いの。もっと人生を楽しんでほしい。もっと......もっと......」

 世界一有名なオペラ歌手アンナ・ネトレプコは言葉に詰まった。もっとゴージャスに? もっと社交的に? それがほとんどのオペラ歌手にはなくて、彼女がたっぷり持ち合わせているものだろうか。

 ネトレプコは少なくともドイツとオーストリアで、ビヨンセより多くのアルバムを売り上げている。08年にはオンライン誌ミュージカル・アメリカの最優秀アーティスト賞を受賞。プレイボーイ誌の「クラシック音楽界で最もセクシーなベイビー」にも選ばれ、ポップスターの人気を持つオペラ歌手という地位を築き上げた。

 だがネトレプコの特徴を最もよく言い表しているのは、彼女自身がお気に入りの言葉「ラズルダズル(きらびやかな)」だろう。より正確には、彼女がロシア語なまりの英語で言う「ラララァァァズズゥルル・ダズズズズルル」だ。

 アルプスの美しい山々と紺碧の湖を望むホテルのテラスで、ネトレプコはラズルダズル論をまくし立てた。私が飲み物を注文すると、彼女は私の手を握り、声を押し殺して言った。

「注意したほうがいいわよ。昨日の夜ちょっと飲もうと思ってここに来たの。シュナップスを注文したら、ものすごく小さいのを運んできた。本当に小さいのよ! 『そんなの飲み物じゃない。ダブルサイズにして』と言うと、ダブルを運んできたけどそれも小さい! だから『トリプルにして』と言ったの。それでようやく普通のサイズ。ところが伝票を見たら150ユーロって書いてあるじゃない! シュナップスによ。ただのウオツカみたいなものなのに!」

 ネトレプコの会話を普通の文章で表現するのは不可能だ。フェースブックの書き込みみたいに、「!!!」とか「??!!」といった感情記号や絵文字を駆使しないと伝わりそうにない。

 上品そうな少女がサインをもらいに来た。ネトレプコは大喜びだ。「うふふ」と彼女は笑った。「私って有名でしょう!」

 第二の祖国ともいえるオーストリアとドイツで、ネトレプコはどこに行っても振り向かれる有名人だ。オペラ歌手としてだけでなく、シャンプーの広告に出てくる色気むんむんの黒髪のスターとしても知られている。

 彼女が「グラビア系」として騒がれるようになったのは、05年のザルツブルク音楽祭で『椿姫』の高級売春婦ビオレッタを演じてから。胸元が大きく開いた赤いサテンのドレスを着て、ネトレプコは足を組み替え、蹴り上げ、指をかみ、色気たっぷりの挑発的な視線を聴衆とオーストリア全土(国営テレビで生放送されていた)に投げ付けた。

 すぐにオーストリアは彼女に市民権を与えた。市民権授与の重要な基準となるドイツ語を、ネトレプコがまったく話せないにもかかわらずだ。「(オーストリア人は)一度好きになった相手はずっと好きでいてくれるみたい。ウィーンは素晴らしい。飛行機に1時間乗ればヨーロッパ中どこにでも行けるし!」

関連ワード

ニュース速報

ワールド

イラン外相、核施設の異常事態でイスラエルへの報復を

ワールド

新型コロナ「終息に程遠い」、混乱招く対策が感染の引

ビジネス

IMF、今夏のSDR配分目指す 中所得国支援=筆頭

ワールド

バイデン氏、サイバー・移民問題への対策強化 要職に

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパンどころではないアニメ業界、中国が才能ある人材爆買い

  • 2

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 いきなり考えても決してうまくいかない理由

  • 3

    ロケット砲で80人以上が死亡、200人以上が行方不明か 内戦の危機迫るミャンマー情勢

  • 4

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 5

    ハリー&メーガンは? 黒い服にタイツ...フィリップ殿…

  • 6

    ミャンマーの衣料品業界、クーデターとコロナで崩壊…

  • 7

    ヘンリー王子の葬儀参列を妨げる壁 「メーガンは彼の…

  • 8

    中国製ワクチン、輸出量は既に1億1500万回分だが....…

  • 9

    【ミャンマー現地ルポ】デモ取締りの警察官に警棒で…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 3

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 4

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 5

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 8

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 9

    「パパ活」はドイツでは通用しない 若いだけで女子を…

  • 10

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月