最新記事

選挙

エジプトで躍進、ムスリム同胞団の正体

選挙を前に人気が高まるムスリム同胞団は市民の味方か、さらなる混乱を呼ぶ過激派か

2011年11月28日(月)10時58分
クリストファー・ディッキー(中東総局長) ババク・デガンピシェ(ベイルート支局長)

「イスラムの覚醒」? モスクで祈りを捧げるムスリム同胞団のメンバーたち(カイロ、11月25日) Amr Abdallah Dalsh-Reuters

 今年2月、エジプトの首都カイロの中心部。タハリール広場に近い路地は血まみれだった。窮地を救ったのはムスリム同胞団だ──路地の入り口で、エンジニアで政治活動家のマムドゥーハ・ハムザ(63)はそう語った。

 路地の程近くにある仮設の病院では、ホスニ・ムバラク大統領の退陣を求めるデモの参加者が治療を受けていた。デモ隊は先週、ムバラク支持派の集団と衝突。多くの参加者が殴られ、刺され、火炎瓶を投げ付けられた。

 それでも、デモ隊は踏みとどまった。すべてはムスリム同胞団の増援のおかげだ、とハムザはタハリール広場の群衆を見渡して言う。「ここにいる人々の約4割がムスリム同胞団のメンバーだ。彼らは非常に大きな要素になった」

 それが事実なら、大きな疑問が浮かび上がる。ムスリム同胞団の重要性はどこまで拡大するのか。

 イスラム原理主義を根幹とするムスリム同胞団は、エジプトの国内外で不安の的になっている。イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は、先ごろ議会で行った演説でエジプト情勢に触れ、イランのイスラム革命を引き合いに出した。79年に起きたこの革命で、イランはイスラム神権体制の国になり、イスラエルの頼りになる友人から最も危険な敵に変貌した、と。

エジプト政府のおかげで反政府派の「顔」に

 しかしエジプトでは、ムバラク派と民衆の衝突が激しくなるにつれ、ムスリム同胞団の人気は高まる一方だ。「エジプト政府のやり方のおかげで、ムスリム同胞団は反政府派の『顔』になっている」と指摘するのは、アメリカの人類学者でイスラム過激派やテロに詳しいスコット・アトランだ。

 同胞団の規模はいまだ小さく、支持者は10万人を超えないという(エジプトの人口は約8000万人)。しかし、いずれムバラクが消えた後も、最後に残るのはムスリム同胞団だと、アトランは言う。「彼らは大昔から存在し続け、決して消えない」。

 1928年にムスリム同胞団を創始したハッサン・アル・バンナはイスラム教の理念を説きつつも、当時盛んだった各種の思想運動を利用した。「当初はファシズムや共産主義に基づく民兵集団であり、だからこそ生き残った」と、アトランは言う。「敵対勢力の力が強くなれば分散し、弱くなれば結集した」

 同胞団は生き残りのため、あらゆるすべを駆使した。50〜60年代のエジプトでは、ガマル・アブデル・ナセル大統領に徹底的に弾圧された。それでも70年代には、政治勢力として息を吹き返した。

 70年にナセルが死去した後、後任のサダトは同胞団との和解に乗り出した。当時は冷戦の真っただ中。アラブ世界各地で力を付ける共産主義系政党の影響力をそぐのに、同胞団が役立つと考えたためだ。だが77年、パンの値上げに抗議する民衆の暴動に同胞団が加わると、サダトは弾圧路線に回帰した。

 一方、イスラエルは左派のパレスチナ人組織に対抗しようという思惑の下、ガザ地区でムスリム同胞団の活動を奨励していた。そこから生まれた組織が、あのハマスだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン氏、イスラエル・ウクライナ支援姿勢強調 士

ワールド

ガザ戦闘休止交渉、近く再開の見通し ハマス当局者「

ワールド

英首相、選挙に勝てば18歳に兵役導入へ

ワールド

中国がグアテマラの貨物入国拒否、台湾との関係影響か
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 10

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中