最新記事

中東

エジプトが沸いた30年ぶりの自由選挙

国軍に対する抗議デモが続くなか実施された選挙に興奮するエジプト市民、その想いは報われるか

2011年11月29日(火)17時51分
ジョン・ジェンセン

この一票 投票のためなら長蛇の列や数々の不手際も気にならない(28日、カイロ) Ahmed Jadallah-Reuters

 今年2月にムバラク政権が崩壊したエジプトで11月28日、各地に長蛇の列ができた。政権崩壊後初のエジプト人民議会選(下院に相当)が始まったのだ(来年1月までに3段階に分けて実施され、上院に当たる諮問評議会の選挙は1〜3月に行われる)。

 複数政党が参加する自由で公正な選挙がエジプトで実施されるのは、実に30年以上ぶり。ムバラク後の暫定政権を担う国軍に抗議するデモが相次ぐ中、この日を待ちわびていた市民らは投票所に何時間も並び続けた。

「これまでの選挙では選択肢がなかった」と、初めて投票にやってきたカイロ在住の41歳の男性は語った。「勝てないかもしれないが、少なくとも自分たちの声を届ける機会にはなる」

不正投票や脅迫行為は目立たず

 もっとも、すべてが順調とは言いがたい。エジプト国軍による暫定政権は「自由で公正」な選挙を行うと請け合っているが、選挙管理当局に寄せられた違反行為の報告は数百件にのぼる。

 例えば、投票は朝8時に全国一斉に始まるはずだったが、多くの有権者が場内に入れず、中には7時間待たされたケースもあった。投票箱がなかったり、投票用紙に必要なスタンプが押されていないなどの不手際も続発。他にも以下のような選挙違反が報告されている。


・投票開始前の48時間はいかなる選挙活動も禁じられているが、多くの政党が投票所の外で支持を訴えた。

・必要書類を持参していたにもかかわらず、治安部隊に投票所の取材を拒否されたジャーナリストが数人いた。

・選挙管理当局の複数の職員が投票所になかなか姿を見せず、予定時間に投票を開始できなかった。

・カイロ市内の投票所に投票箱を届けなかった警官1人が停職処分を受けた。この投票所では、投票開始が10時間遅れた。

・少なくとも1人の立候補者が、選挙違反疑惑をめぐって罵りあいを繰り広げた。


 それでも、2010年の議会選でムバラク率いる与党・国民民主党が大勝したときのような大規模な不正投票や脅迫行為はなかったようだ。ムバラク時代には、カイロの市街地で銃声が聞こえるのが当たり前だった。

 エジプト国民の大半も、今回の選挙は総じて透明性の高いものだったと楽観的に考えている。「投票所でずいぶん待たされたが、それは想定内だ。これは長い年月で初めての本物の選挙だ」と、カイロ市街地選出の候補者、アイマン・タハは言う。「こんな歴史的な選挙に出馬していることを嬉しく思う」

GlobalPost.com特約

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日鉄、ポンペオ氏をアドバイザーに トランプ前政権閣

ワールド

〔情報BOX〕米民主34議員、バイデン大統領に撤退

ワールド

世界的システム障害、航空便や医療など影響多岐に 脆

ワールド

日米の防空ミサイル増産協力、ボーイングの部品供給が
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 5
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 6
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 7
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 8
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 9
    暗殺未遂の瞬間...トランプ前大統領が奇跡的に「死を…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中