最新記事

中南米

チリ鉱山生存者を待つ過酷な4カ月

Voices from the Underground

鉱山事故で奇跡の生存劇。だが外に出るためには、厳しい生存環境で困難な作業を何カ月もこなさなければならない

2010年8月25日(水)18時31分
パスカレ・ボネフォイ

 8月23日、坑内に閉じ込められた作業員たちと初めて音声通話が可能になると、ローレンス・ゴルボルネ鉱山相には直ちに彼らの望みのものが伝えられた。食料、歯ブラシ、それにビールだ。

 作業員たちの欲求はこれだけではなかった。国家斉唱だ。33人の男たちのコーラスは地下688メートルの奥深くから地上に届けられた。

 8月5日、チリの首都サンティアゴから約800キロ北のアタカマ砂漠にあるサンホセ鉱山で落盤事故が起き、作業員33人が地下に閉じ込められた。救助活動が初めて実を結んだのは、17日後の8月22日。生存はほぼ絶望視されていたが、なんと全員が生きていた。
 
 祝福ムードが広がったが、本当の試練はこれからだ。新たなトンネルを掘り進めて作業員全員を救助するには、クリスマスごろまでかかる可能性もある。

 その間、彼らに物資を供給するのも容易ではない。政府は砂糖水や薬、栄養食や家族からの手紙などを届け始めた。こうした物資やメッセージの入った「伝書鳩」役のカプセルは、直径10センチほどの穴を通って下ろされるが、作業員らのところに到達するのに1時間、地上に引き上げるのにさらに1時間かかる。

救助穴は下からも掘る必要がある

 生存者たちの体調やケガの有無などを正確に把握し、適切に水や食料、医薬品を供給するため、保健省の担当者は詳細な問診票を送った。負傷者は1人もいないことが確認されたが、数人が胃の痛みを訴えた。さらにほこりで目が痛むのと、換気の状態が悪いこと、避難所内の気温が高いことが問題だという。だが一番大きな訴えは、みんな空腹だということだった。

 ハイメ・マナリチ保健相によると、彼らは避難所に備蓄してあったツナ缶や水、牛乳などを少しずつ口にしながら飢えをしのいでいた。一気に食べてしまわないよう、計画的に消費していたという。「こんな状況にもかかわらず、彼らの健康状態は心身ともに極めて良好だ」

 救助活動は困難で時間を要し、2〜4カ月はかかる見通しだ。救助活動を指揮する鉱山技師のアンドレ・ソウガレットは、今のところ3つの穴を掘り進める計画だと語る。通信用、食料や酸素などの物資供給用、換気用だ。

 そして本格的な救助作業には、この3つとは別の穴が必要になる。作業員を1人ずつ引き上げるための、直径66センチの垂直トンネルだ。国営鉱山大手コデルコ社から重さ30トンの大型掘削機が現場に向かっている。政府はさらに、作業員らが長期にわたって閉鎖空間で生活することになるため、NASA(米航空宇宙局)にも支援を要請するとしている。

 国際技術コンサルタント会社アルカディスの鉱山技師アグスティン・オルガドは、救助作業の大半を地下に閉じ込められている作業員自身が行わなければならないだろうと話す。

「垂直トンネルは上と下から掘り進めることになると思われるが、作業員たちにとっては過酷な作業になるだろう。まず、彼らは健康状態を保たなければいけないうえ、救助隊が分解して届ける掘削機器をどう組み立て、どう動かすかを学ばなければならない。それから上に向かって穴を掘り進め、頭上から落ちてくる岩盤を取り除き、そのうち地上から掘り進めている救助隊を誘導する必要がある」

前にも死亡事故で山を閉鎖した会社

 48歳のゴルボルネ鉱山相にとっても、ここまでの道のりは過酷なものだった。大企業のCEO(最高経営責任者)から閣僚に任命されて1年足らずのゴルボルネは、閉じ込められた作業員とその家族らの命綱としての役割を果たしている。

ニュース速報

ワールド

米調査機関に全幅の信頼、ロシア介入との結論受け入れ

ビジネス

米経済、堅調な雇用と低インフレが「数年」継続へ=F

ワールド

日欧EPA調印、「自由貿易前進の意思示す」と安倍首

ビジネス

アングル:金融庁、新3局体制が始動 総合政策局が司

MAGAZINE

特集:人生が豊かになるスウェーデン式終活

2018-7・24号(7/18発売)

「自分らしい生き方を最後まで全うしたい」と望む世界の高齢者が注目する北欧式「最後の断捨離」とは

人気ランキング

  • 1

    米ロ会談、プーチンの肩持った裏切り者トランプにアメリカ騒然

  • 2

    キャサリンVSメーガン! 英王室に勃発したファッションバトルを考察してみた

  • 3

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 4

    1歳の被告が哺乳瓶抱え出廷 こんなことがアメリカ…

  • 5

    ブラジルの街中でサソリの大繁殖が始まった?昨年死…

  • 6

    罰金690円也! モスクでセクシーダンスをした中国…

  • 7

    末永く幸せな結婚生活を望むなら、「これ」はねだるな

  • 8

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖…

  • 9

    「墨かけ女子事件」は中国民主化運動に発展するか?―…

  • 10

    ロシアでエホバの証人狩り、ソ連「宗教弾圧」の悪夢…

  • 1

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 2

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

  • 3

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 4

    金正恩「デート禁止令」に、北朝鮮大学生の不満が爆発

  • 5

    タイ洞窟の少年たちの中には、無国籍だが5カ国語を話…

  • 6

    オウム死刑で考えた──日本の「無宗教」の真実

  • 7

    世界の海洋プラスチック廃棄物の9割は、わずか10の河…

  • 8

    戦慄の実話! 悪夢と化した「憧れの田舎暮らし」 …

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 1

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感染、東南アジアで

  • 2

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 3

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 4

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 5

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 6

    金正恩の「美少女調達」システムに北朝鮮国民が怒り

  • 7

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 8

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖…

  • 9

    【悲報】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けよう…

  • 10

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月