最新記事

米政治

アメリカが育てた蛇頭の密航ビジネス

蛇頭をはじめとする中国からアメリカへの密航あっせんの実態を描いた新著からは、90年代のアメリカの移民政策の失敗が非合法ビジネス台頭の原因として浮かび上がる

2009年7月21日(火)18時13分
アンドルー・バスト

人も市場任せ 254人の密航者を乗せた船から積荷を降ろす米沿岸警備隊(09年7月) Reuters

 この10年、押し寄せるメキシコ人移民に悩まされてきたアメリカ。移民政策の改善が強く求められているが、改革は一向に進まない。そんななか、政治家や活動家から密入国者まで、この問題にかかわるすべての人にパトリック・ラーデン・キーフの新著をお勧めしたい。

『ザ・スネイクヘッド:チャイナタウンの地下世界とアメリカンドリームの叙事詩』は、緻密な取材と鮮やかな語り口で書かれている。グローバル化が猛烈に進む一方で、アメリカ政府の移民政策がいかに迷走してきたかを克明に描いている。

 アメリカは移民の国だ。命を捨てる覚悟で(実際その通りになる者もいる)数百万人もの人たちが毎年この国を目指している。しかし、移民に対する効果的で人道的な対策は、ジョージ・W・ブッシュ政権より以前の時代から欠如していた。

『ザ・スネイクヘッド』は、密航あっせん者を扱う物語としては最高の作品だ。中国の密航あっせん組織「蛇頭」の幹部シスター・ピンに関しては特にそうだ。ピンは、中国福建省からアメリカへの密航あっせんという複雑なビジネスを行うため、地下銀行を設立して膨大な富を築いた。

 ピンは米中両国に現金を溜め込んで融資を行い、違法な金融取引をニューヨークのチャイナタウンから指揮した。数え切れないほどの密入国もあっせんした。その多くが、辛うじて航海できるかどうかのオンボロ船によるものだったが、それによって世界中で200億ドル規模の密航ビジネスを成し遂げた。

マフィアというより多国籍企業

 一言で言うと、ピンは悪党だ。彼女は事業拡大のためチャイナタウンで冷酷な凶悪犯たちと手を組み、時に40万ドルの現金が詰まったスーツケースを手に取引を行った。1隻の密航船が沈没してグアテマラ沖で14人の遺体が発見された事件の際は、マフィアの闇の掟にのっとり、埋葬費用を負担した。

 だが、この地下組織を動かしたのはマフィアの流儀だけではなかったと、キーフは指摘する。「ある意味で、シスター・ピンの組織はマフィアというより、ビジネスを行うのに最適な経済と規制環境を探す多国籍企業のようなものだ」。こうした環境は、冷戦終結に伴う世界的な混乱のなかで生まれた。

 さらにこの作品は、失政の物語でもある。読者は、父ジョージ・ブッシュやビル・クリントン元大統領らが、少なくとも密入国という問題についてはグローバル化にうまく対応できなかったことを知らされる。

 90年代前半、外国からの送金によって福建省への直接投資は3億7900万ドルから41億ドルに膨れ上がった。この衝撃的な数字は、ピンのビジネスが成功していたことを示している。

 その一方で、「密航あっせんに対する刑罰は手ぬるかった」と、キーフは書く。天安門事件後、ブッシュはアメリカを目指すほとんどの中国人に門戸を開く政策を採った。ある調査によると、蛇頭のビジネス規模は90年代初頭に年間32億ドルまで成長したという。

 クリントン政権は米国移民帰化局(IRS)の予算を倍増させ、96年の移民改革法案を承認した。しかし、手遅れだった。その時までに、アメリカは移民にまつわる多くの問題をかかえてしまっていた。亡命者の収容所が満杯になった一方で、ピンのような蛇頭がビジネスを成長させていた。

 キーフは「IRSは緊張感がなく、資金不足で融通か利かず、奴隷制のような階級組織だった。蛇頭とは正反対だ」と書く。「世界的な人間の流れと懸命にかかわろうとする、国内向けの取締機関にすぎなかった」。グローバル化の陰の部分に、アメリカは気づくことができなかった。

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 2

    思春期に大麻を摂取してなければうつ病が防げたかも 米国で40万件

  • 3

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルーン出身の被害者語る

  • 4

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 5

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 6

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 7

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 8

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 9

    韓国経済の先行きに不透明感が高まっている3つの理由

  • 10

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 1

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 2

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 3

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 4

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 5

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 6

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 7

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 10

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 10

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月