最新記事

米大統領選

歴史を作るオバマ2期目のシナリオ

1期目で既に画期的な業績を挙げたオバマは、再選されればレーガン並みの伝説的な大統領になる

2012年11月7日(水)13時31分
アンドルー・サリバン(政治・メディアコラムニスト)

Yes, We can?  あと4年あれば、オバマはアメリカを劇的に変えられるかもしれない Larry Downing-Reuters

 来月に迫る米大統領選で、バラク・オバマは再選を果たせるか。先週のテレビ討論会では共和党の大統領候補ミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事に軍配が上がったものの、失業率の改善という朗報にも恵まれた。終盤まで接戦が繰り広げられそうだ。

 だが筆者のみるところ、オバマが勝利し、民主党が上院で過半数を維持し、下院でもいくらか議席を回復する可能性はかなり高い。そして、そうなればアメリカの政治は大きく変わる。

 再選を果たせば、オバマは「民主党のレーガン」になれる。何しろオバマは1期目で景気後退を止め、テロと戦い、それなりに経済を再建し、国民皆保険制度を導入し、アルカイダを弱体化させ、同性愛者の権利を拡大し、そして見事に再び勝利した「時代の寵児」となるのだ。

 もちろん、共和党大統領だったロナルド・レーガンの再選を待ち受けていたような歓喜の渦は期待できない。100年に1度の大減税(所得税の最高税率をを70%から50%へ、最終的には28%へ)と国防費大増額の後光が差していたレーガンとは違う。だが、それでもオバマは民主党のレーガンになれる。

 ビル・クリントンも再選を果たしたが、オバマよりは条件に恵まれていた。オバマが就任初日から直面した危機は、クリントンよりもずっと深刻だった。だからこそ、うまく乗り越えたときの評価はずっと高くなる。

 しかも、即興性を身上としたクリントンとは異なり、オバマは最初から確かな戦略を持ち、遠い将来を見据えた政策を打ち出してきた。それは2期8年間の時間があってこそ成果が出るような長期戦略だ。うまくいけば、かつてレーガンが民主党を極左から中道に引き戻したように、極右の共和党を中道に引き戻せるかもしれない。

支持率の動きがそっくり

 もちろんオバマとレーガンの比較はばかげているし、冒涜的でさえある。84年のレーガンは49州を制して圧勝したが、アメリカ社会がここまで二分されている今、再現は望むべくもない。

 レーガンには、揺るぎない保守思想の持ち主だという神話があり、この男なら右派を鼓舞し左派を黙らせることができると信じられていた。だが現実の、とりわけ1期目のレーガンはだいぶ違っていた。

 彼は中道右派の現実主義者で、特に1期目は試行錯誤の連続だった。減税については何度も後退し、不本意ながら民主党保守派に頼っていた。レバノン介入では米兵200人以上の命を失った。再選の前には失業とインフレ率を合計した「経済不快指数」が11・5%に達していた(現在は9・8%) 。

 オバマが民主党左派から攻撃されているように、レーガンもまた共和党右派から攻撃を受けた。レーガンの共和党は中間選挙で下院の26議席を失い、彼自身の支持率も35%まで落ちた。1期目としてはオバマの最低支持率よりも低い。オバマ政権1期目の支持率の変動は、近年の大統領の誰よりも1期目のレーガンに似ている。ただしオバマの最低はレーガンより高く、最高はレーガンより低い。

ニュース速報

ビジネス

EXCLUSIVE-中国アント、馬氏の保有株売却を

ワールド

菅首相、新型コロナワクチン追加供給巡り米ファイザー

ワールド

英フィリップ殿下葬儀、女王ら別れ惜しむ 王子兄弟は

ワールド

マスク氏のスペースX、NASAの有人月着陸機受注 

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の二重の欺瞞 

  • 2

    イバンカ・トランプ、3カ月間の「沈黙」を破るツイートに保守派が怒った訳

  • 3

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を引きずられる──中国

  • 4

    日米を代表する2大怪獣が激突 『ゴジラvsコング』勝…

  • 5

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 6

    日米首脳会談:菅義偉が国際政治のスターになる日

  • 7

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 8

    東芝 車谷社長の何が悪いのか?

  • 9

    SATCの幻想で期待した映画『デッドリー・イリュージ…

  • 10

    ニルヴァーナ、ドアーズ、ジミヘン、A・ワインハウス…

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 3

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数民族 「内戦勃発」が最後の希望

  • 4

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 5

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 6

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 7

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 8

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 9

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 10

    エヴァと私の26年

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき愚者は食べ、凡人は我慢する。では賢者は?

  • 4

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 7

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 8

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 9

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 10

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月