最新記事

アメリカ大統領選

ロムニー大統領はアジア市場の敵?

米株式市場ではロムニーに期待する声が高まっているが、アジアの投資家たちは危機感を募らせている

2012年11月5日(月)15時38分
アンスヤ・ハルジャニ

危ない兆し 量的緩和政策を批判し、FRB議長の交代も主張しているロムニー Brian Snyder-Reuters

 11月6日のアメリカ大統領選で、どちらの候補が勝ったらビジネスに有益か----世界の市場では今、そんな分析や予測が飛び交っている。

 アメリカの投資戦略家は、共和党のミット・ロムニー候補が勝てば株式市場にプラスだとみている。経営者出身のロムニーは、これまでビジネス界寄りの立場をとってきたからだ。

 一方、ロムニーが勝利しては困るという面々もいる。アジアの投資家たちだ。

「アジアのトレーダーたちは、指導者が変わることを好まない。ロムニーが勝てば、株価は下がるだろう。ロムニーが来年1月にやってくる『財政の崖』をうまく乗り切れるか、みんな疑っているからだ」と、IGマーケッツ証券シンガポールのマーケティング戦略家、ジャスティン・ハーパーは言う。「その点、オバマのほうがまだ安心だ。さまざまな不安定要素がある中でも、少なくとも政治の継続性は保たれる」

 ロムニーの中国に対する姿勢も心配でならないと、ハーパーは言う。ロムニーは、大統領になったら中国を「為替操作国」に認定すると宣言している。そうなれば米中関係が一層悪化しかねない。

 アメリカが中国に人民元の価値をもっと上げるよう迫れば、アジア各国の通貨も価値が押し上げられる。そうなれば、輸出に頼るアジア各国の競争力は低下すると、クレディ・アグリコルCIB香港でグローバル外国為替戦略部門を率いるミテュル・コテチャは指摘する。アジアの通貨は米ドルよりも人民元の相関性が高いと、コテチャは言う。

長期的にみてもマイナス

 長期的にみても、ロムニー政権は市場に悪影響を及ぼすとみる向きもある。ロムニーは、市場のリスク選好度を高める原動力となっている景気刺激策に積極的ではないからだ。

 ロムニーの側近は、9月にFRB(米連邦準備理事会)が実施を決定した量的緩和第3弾(QE3)はまったく効果がないと発言したと、シティグループのアジア取引ストラテジー責任者、モハメド・アパブハイは指摘する。「副大統領候補のポール・ライアンもQE3は必要ないと主張している」

 ロムニーは量的緩和政策(QE)を推し進めてきたベン・バーナンキFRB議長についても、14年1月に任期が切れたら再任しないと発言している。アナリストたちは、次のFRB議長はバーナンキのような穏健派ではない人物になるとみている。

 とはいえ、オバマが勝ったとしても、投資家が大喜びするわけではない。「オバマが勝っても、市場が大きく反応することはないと思う。相変わらず同じような取引が行われるだけだ」と、AMPキャピタル・インベスターズの投資戦略責任者シェーン・オリバーは語る。

From GlobalPost.com特約

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

焦点:トランプ政権誕生ならインフレ再燃、FRBに新

ビジネス

半導体大手STマイクロ、通期予想を2度目の下方修正

ビジネス

独IFO業況指数、7月は87.0に低下 悲観的見方

ビジネス

現代自動車、第2四半期は過去最高益 米国でSUVな
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 3
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 6
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 7
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中