最新記事

アメリカ大統領選

ロムニー大統領はアジア市場の敵?

米株式市場ではロムニーに期待する声が高まっているが、アジアの投資家たちは危機感を募らせている

2012年11月5日(月)15時38分
アンスヤ・ハルジャニ

危ない兆し 量的緩和政策を批判し、FRB議長の交代も主張しているロムニー Brian Snyder-Reuters

 11月6日のアメリカ大統領選で、どちらの候補が勝ったらビジネスに有益か----世界の市場では今、そんな分析や予測が飛び交っている。

 アメリカの投資戦略家は、共和党のミット・ロムニー候補が勝てば株式市場にプラスだとみている。経営者出身のロムニーは、これまでビジネス界寄りの立場をとってきたからだ。

 一方、ロムニーが勝利しては困るという面々もいる。アジアの投資家たちだ。

「アジアのトレーダーたちは、指導者が変わることを好まない。ロムニーが勝てば、株価は下がるだろう。ロムニーが来年1月にやってくる『財政の崖』をうまく乗り切れるか、みんな疑っているからだ」と、IGマーケッツ証券シンガポールのマーケティング戦略家、ジャスティン・ハーパーは言う。「その点、オバマのほうがまだ安心だ。さまざまな不安定要素がある中でも、少なくとも政治の継続性は保たれる」

 ロムニーの中国に対する姿勢も心配でならないと、ハーパーは言う。ロムニーは、大統領になったら中国を「為替操作国」に認定すると宣言している。そうなれば米中関係が一層悪化しかねない。

 アメリカが中国に人民元の価値をもっと上げるよう迫れば、アジア各国の通貨も価値が押し上げられる。そうなれば、輸出に頼るアジア各国の競争力は低下すると、クレディ・アグリコルCIB香港でグローバル外国為替戦略部門を率いるミテュル・コテチャは指摘する。アジアの通貨は米ドルよりも人民元の相関性が高いと、コテチャは言う。

長期的にみてもマイナス

 長期的にみても、ロムニー政権は市場に悪影響を及ぼすとみる向きもある。ロムニーは、市場のリスク選好度を高める原動力となっている景気刺激策に積極的ではないからだ。

 ロムニーの側近は、9月にFRB(米連邦準備理事会)が実施を決定した量的緩和第3弾(QE3)はまったく効果がないと発言したと、シティグループのアジア取引ストラテジー責任者、モハメド・アパブハイは指摘する。「副大統領候補のポール・ライアンもQE3は必要ないと主張している」

 ロムニーは量的緩和政策(QE)を推し進めてきたベン・バーナンキFRB議長についても、14年1月に任期が切れたら再任しないと発言している。アナリストたちは、次のFRB議長はバーナンキのような穏健派ではない人物になるとみている。

 とはいえ、オバマが勝ったとしても、投資家が大喜びするわけではない。「オバマが勝っても、市場が大きく反応することはないと思う。相変わらず同じような取引が行われるだけだ」と、AMPキャピタル・インベスターズの投資戦略責任者シェーン・オリバーは語る。

From GlobalPost.com特約

ニュース速報

ビジネス

EXCLUSIVE-中国アント、馬氏の保有株売却を

ワールド

菅首相、新型コロナワクチン追加供給巡り米ファイザー

ワールド

英フィリップ殿下葬儀、女王ら別れ惜しむ 王子兄弟は

ワールド

マスク氏のスペースX、NASAの有人月着陸機受注 

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の二重の欺瞞 

  • 2

    イバンカ・トランプ、3カ月間の「沈黙」を破るツイートに保守派が怒った訳

  • 3

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を引きずられる──中国

  • 4

    日米を代表する2大怪獣が激突 『ゴジラvsコング』勝…

  • 5

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 6

    日米首脳会談:菅義偉が国際政治のスターになる日

  • 7

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 8

    東芝 車谷社長の何が悪いのか?

  • 9

    SATCの幻想で期待した映画『デッドリー・イリュージ…

  • 10

    ニルヴァーナ、ドアーズ、ジミヘン、A・ワインハウス…

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 3

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数民族 「内戦勃発」が最後の希望

  • 4

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 5

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 6

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 7

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 8

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 9

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 10

    エヴァと私の26年

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき愚者は食べ、凡人は我慢する。では賢者は?

  • 4

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 7

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 8

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 9

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 10

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月