最新記事

米大統領選

性差別を受け入れたロムニー妻の包容力

共和党の大統領候補ロムニーの妻アンは、性差別に耐える女性の道徳的優越性を訴えて女性有権者の共感を勝ち取った

2012年8月30日(木)13時18分
アマンダ・マルコッティ

スター誕生? 女性差別に共感しながら保守派を喜ばせたアン・ロムニー Shannon Stapleton-Reuters

 フロリダ州タンパで8月28日に開催された共和党大会は、実に女性にアピールする内容の大会だった。

 中でも見事だったのが、大統領候補ミット・ロムニーの妻アンの演説。女性が女性であるというだけで日々直面する不公平を語った。女子大生クラブのノリを交えながら、極力感傷を排して、「不公平のリスト」を挙げた。筆者の耳を捉えたのは次の部分だ。


 よく耳を澄ませてごらんなさい。女性のほうが男性より少し多くため息をついてる。そういうものでしょ?

 すべてがうまくいくように、少し余分にがんばって働かなければならないのは、いつも母親。

 独身者であれ、既婚者であれ、未亡人であれ、この国を本当の意味で団結させているのは母親たち。

 そうでしょう?

 あなたたちこそが、いつも少しだけ余分に頑張らないといけない。

 職場で尊敬を勝ち得るために昼間余計にがんばり、それから帰宅して子供の読書感想文の手伝うのがどんな大変か、知っているのはあなた。

 高齢の親から夜中の電話を受けたり、週末に彼らの様子を見に行くために長い時間運転するのがどんな辛いか知っているのはあなた。

 病院の緊急治療室への近道や、夜中に電話できる医師が誰かを知っているのもあなた。


 アン・ロムニーが示したのは、フェミニストの女性が根絶を目指してきた「システム化された性差別」そのものだ。もしフェミニストの草分けのグロリア・スタイネムが同じ発言をしていたら、フェミニズムを糾弾する保守派のトークショーホスト、ラッシュ・リンボーは放送中から大騒ぎをして「リベラル派のナンセンス」と叩きまくったに違いない。だがアンの口から出れば話は違う。彼女は、女性は男性より給料が低く、尊敬も受けない環境で懸命に働いている実態を説明しただけ。公正に、率直に。

戦うのではなく「共感」する

 なぜアン・ロムニーの発言なら許されるのか。それは、彼女がこれを正すべき問題としてではなく、女性が耐え続けなければいけない試練として取り上げたからだ。より多くの努力をしている分だけ、女性はより輝いている。平等を求めるのでなく、自分たちの信じる価値観に「殉教」しなさい――アンはこう女性に語りかけた。

 実際のところ、これはとても新鮮だった。大抵の場合、アメリカにおける性差別論争は、「事実」をめぐる争いだ。フェミニストが性差別は存在すると言う一方で、反フェミニストは男女平等は基本的に実現しており、そもそも能力的に劣るから女性は男性に遅れをとるのだとほのめかす(もちろん、これ自体が性差別なのだが)。

 アン・ロムニーは毅然と立ち上がり、性差別は現実として存在し、女性の生活に影響を与えていると認めた。戦うのではなく女性たちに共感した。そして女性は実は男性より道徳的に優れているのだ、と彼女たちを慰めた。女性たちよ、平等という幻想にとらわれるな、とでも言っているかのようだった。確かに私たちは人生や暮らしが実際にどんなものか分かっている。女性有権者へのアピールは満点、実に効果的なスピーチだった。

© 2012, Slate

ニュース速報

ワールド

コロナワクチン接種後に60代女性死亡、因果関係「評

ワールド

ゴーン被告の逃亡助けた米国人親子、東京地検が逮捕 

ワールド

アストラゼネカ製ワクチン、英の接種結果が他国の参考

ビジネス

中国銀保監会、海外市場のリスク警戒 資本流入増加へ

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 2

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 3

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラックホール 星図が作成される

  • 4

    赤ちゃんの手足が真っ青に──コロナ関連小児多臓器症…

  • 5

    バイデン政権のシリア爆撃が、ロシア、シリア政府、…

  • 6

    なぜドラえもんの原っぱには「土管」がある? 東京の「…

  • 7

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 8

    新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両…

  • 9

    人民元は2021年中に基軸通貨になるのか?

  • 10

    バブルは弾けた

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 4

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

  • 5

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 6

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 7

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 8

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 9

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 10

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月