最新記事

米大統領選

性差別を受け入れたロムニー妻の包容力

共和党の大統領候補ロムニーの妻アンは、性差別に耐える女性の道徳的優越性を訴えて女性有権者の共感を勝ち取った

2012年8月30日(木)13時18分
アマンダ・マルコッティ

スター誕生? 女性差別に共感しながら保守派を喜ばせたアン・ロムニー Shannon Stapleton-Reuters

 フロリダ州タンパで8月28日に開催された共和党大会は、実に女性にアピールする内容の大会だった。

 中でも見事だったのが、大統領候補ミット・ロムニーの妻アンの演説。女性が女性であるというだけで日々直面する不公平を語った。女子大生クラブのノリを交えながら、極力感傷を排して、「不公平のリスト」を挙げた。筆者の耳を捉えたのは次の部分だ。


 よく耳を澄ませてごらんなさい。女性のほうが男性より少し多くため息をついてる。そういうものでしょ?

 すべてがうまくいくように、少し余分にがんばって働かなければならないのは、いつも母親。

 独身者であれ、既婚者であれ、未亡人であれ、この国を本当の意味で団結させているのは母親たち。

 そうでしょう?

 あなたたちこそが、いつも少しだけ余分に頑張らないといけない。

 職場で尊敬を勝ち得るために昼間余計にがんばり、それから帰宅して子供の読書感想文の手伝うのがどんな大変か、知っているのはあなた。

 高齢の親から夜中の電話を受けたり、週末に彼らの様子を見に行くために長い時間運転するのがどんな辛いか知っているのはあなた。

 病院の緊急治療室への近道や、夜中に電話できる医師が誰かを知っているのもあなた。


 アン・ロムニーが示したのは、フェミニストの女性が根絶を目指してきた「システム化された性差別」そのものだ。もしフェミニストの草分けのグロリア・スタイネムが同じ発言をしていたら、フェミニズムを糾弾する保守派のトークショーホスト、ラッシュ・リンボーは放送中から大騒ぎをして「リベラル派のナンセンス」と叩きまくったに違いない。だがアンの口から出れば話は違う。彼女は、女性は男性より給料が低く、尊敬も受けない環境で懸命に働いている実態を説明しただけ。公正に、率直に。

戦うのではなく「共感」する

 なぜアン・ロムニーの発言なら許されるのか。それは、彼女がこれを正すべき問題としてではなく、女性が耐え続けなければいけない試練として取り上げたからだ。より多くの努力をしている分だけ、女性はより輝いている。平等を求めるのでなく、自分たちの信じる価値観に「殉教」しなさい――アンはこう女性に語りかけた。

 実際のところ、これはとても新鮮だった。大抵の場合、アメリカにおける性差別論争は、「事実」をめぐる争いだ。フェミニストが性差別は存在すると言う一方で、反フェミニストは男女平等は基本的に実現しており、そもそも能力的に劣るから女性は男性に遅れをとるのだとほのめかす(もちろん、これ自体が性差別なのだが)。

 アン・ロムニーは毅然と立ち上がり、性差別は現実として存在し、女性の生活に影響を与えていると認めた。戦うのではなく女性たちに共感した。そして女性は実は男性より道徳的に優れているのだ、と彼女たちを慰めた。女性たちよ、平等という幻想にとらわれるな、とでも言っているかのようだった。確かに私たちは人生や暮らしが実際にどんなものか分かっている。女性有権者へのアピールは満点、実に効果的なスピーチだった。

© 2012, Slate

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日経平均は7日続落し1200円超安、今年最大の下げ

ビジネス

日産、今期営業益5000億円に下方修正 販売計画は

ビジネス

キヤノン、通期営業益を4650億円に引き上げ 市場

ワールド

フィリピン沖でタンカー沈没、燃料が流出 1人行方不
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中