最新記事

ネット

歴史家が垂涎するツイッター

米連邦議会図書館の「つぶやき」保存は宝の山になり得る

2010年5月28日(金)13時25分
ジュリア・ベアード(社会問題担当)

 4月14日、米連邦議会図書館がツイッターに投稿されたツイート(つぶやき)を、サービスが開始された06年にまでさかのぼってすべて保存すると発表した。

 この方針に抗議の声が上がって分かったことがある。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に関して世間では今も2つの神話が信じられている──書き込みは私的なもので公のものではない、書き込みの内容はどうでもいいことばかり。

 SNSとの関わりはアルコール依存症に陥るようなものだ。最初は恐る恐る近づくが、ひとたび友達やフォロワーを見つけると熱心に書き込みを始め、やがて抑制を失ってリスクを冒すようになる。

 例えば先日、オーストラリアの医学生がテレビでバラク・オバマ米大統領を見ながら人種差別的な内容をツイッターに書き込み、所属政党から除名された。彼はこうつぶやいた。「テレビで猿を見たけりゃ野生動物番組を見るね」

ビッグブラザーの台頭?

 彼が例外というわけではない。ネット上には人種差別的な悪意があふれている。腹立たしいことにその多くは匿名だ。しかし、そうした書き込みが社会の醜い一面を反映しているのは否定できない(ハンドルネームを隠れみのにしてサイトを荒らす連中は皆、臆病者だ。それは言論の自由ではない)。

 ツイッターは匿名とは限らないが、内緒にしたいことは書き込まなければいいだけの話。もしくは「非公開」設定にすればいい。連邦議会図書館のつぶやき保存方針を騒ぎ立てる人々は、この単純な論理を分かっていない。保存されるのは「公開」で投稿されたつぶやきだけ。なのにユーザーらは、ジョージ・オーウェルが『1984年』で描いたような「ビッグブラザー」が台頭する兆候だと非難する。

 くだらない書き込みの分析に金を掛けるなという声もある。だが歴史家たちにとって、つぶやきは「宝の山」になり得る。もしボストン茶会事件で決起した人々がつぶやいていたら、モーセが1日に1個戒律をつぶやいていたら、ベーブ・ルースがイニングの間につぶやいていたら......すごい資料になっていたはずだ。

 歴史家は長年、市井の人々の思いを探ろうとしてきた。多くの場合、記録を残すのを得意としたのはエリート層であり、一般の人々の声は残されていないからだ。

 ツイッターには200人の連邦議員を含め1億500万人がユーザー登録しており、1日に5500万のツイートが投稿される。宗教、人工妊娠中絶、政治、医療、メディアなどについて激しい議論が飛び交い、もちろんセレブやセックスに関する話も盛んだ。

 大して深くも考えず140字以内でちょろっと書いた内容の分析で、後世に何を伝えられるのか?それは私たちが愚かにもインターネットを信用し、プライベートを詳細にさらけ出しているという事実だろう。解放された気分になりながらも、なぜかどこかで保護されていると思い込み、最も下品な自分を他人と共有している姿だ。

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済にもマイナス 日韓関係の回復を強く望む

  • 2

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 3

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 4

    乳がん細胞を脂肪細胞に変えることに成功:バーゼル…

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 7

    日本人が知らない監視社会のプラス面──『幸福な監視…

  • 8

    韓国航空業界に再編の荒波 アシアナは投資ファンド…

  • 9

    トランプはなぜ極寒のグリーンランドが欲しいのか

  • 10

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    世界が知る「香港」は終わった

  • 9

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 10

    金正恩が韓国・文在寅政権を猛非難「朝鮮半島情勢緊…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 9

    「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月