最新記事

SDGs

アルゴリズムで環境保護──森林を守る「良心のコード」とは?

CODED THREATS

2023年5月1日(月)12時40分
デボラ・ホジソン(オーストラリア在住ジャーナリスト)
AKQAの動画で森と命の大切さを語るラオーニ

AKQAの動画で森と命の大切さを語るラオーニ COURTESY AKQA

<木々をなぎ倒す「怪物」を羽交い締めにする小さな力持ちを開発>

オーストラリア・ビクトリア州のオーガン・パイプス国立公園は、パイプオルガンのパイプそっくりな縦に無数の割れ目が入った玄武岩の岩壁がそそり立つことで知られる。この公園内のオーストラリアヒノキの古木がそびえる場所で、2台のマシンが「一騎打ち」を繰り広げることになった。1台は建設業や林業などで活躍するトヨタのスキッドステアローダー。対するは手のひらに収まる小さなシングルボードコンピューターだ。

木立の特定のエリアにローダーが接近すると、コンピューターがすかさず探知。仮想のフェンスである「ジオフェンス」を無視してローダーがエリア内に侵入すると、運転士のスマートフォンに警告メッセージを送信する。「保護エリアに入りました。退去しないとエンジンを止めます」

運転士がこれを無視して進もうとすると、今度は待ったなしの警告が流れる。

ただの脅しではない。小型コンピューターは電子リレースイッチに信号を送り、回路を切断。すると燃料ポンプの電源が切れて、ローダーはエンストを起こす。退去のためにわずかの間再び電源が入るが、運転士が警告を無視し続ければ、ローダーはエンストを繰り返す羽目に......。

結果は? コンピューターの勝ち! ローダーはすごすごと去るしかない。

実はこれ、グローバルに事業展開するイノベーション企業AKQAが2019年に公開したオープンソースのソフトウエア、その名も「コード・オブ・コンシエンス(良心のコード)」のデモンストレーションだ。

このプログラムは既にオーストラリアの鉱業や酪農地帯で導入され成果を上げている。

古木の森を保護区に指定するだけでは、違法伐採は防げない。伐採業者はしばしば境界線に気付かないふりをして保護区に侵入し、木々を切り倒すからだ。困ったことに、取り締まり当局もこうした慣行に目をつぶるケースが少なくない。

必要なのは発想の転換

その証拠にオーストラリア放送協会の21年の調査によれば、ビクトリア州が運営する林業会社ビックフォレスツは、特別保護ゾーンに指定された原産種の森林を合計で最大321ヘクタールも違法伐採していた。

ならば数学的アルゴリズムで人間の弱点を制御したらどうか。そんな発想から生まれたのがコード・オブ・コンシエンスだ。

オーストラリアの森林も危機的な状況にあるが、地球上に残された熱帯雨林の3分の1を占めるアマゾンの森林破壊はそれよりはるかに深刻だ。世界自然保護基金(WWF)の推定によると、今のペースで伐採が進めば、30年までにアマゾンの木々の27%が失われる可能性があるという。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

再送-イスラエル、ガザ南部で軍事活動を一時停止 支

ワールド

中国は台湾「排除」を国家の大義と認識、頼総統が士官

ワールド

米候補者討論会でマイク消音活用、主催CNNが方針 

ワールド

米石油・ガス掘削リグ稼働数、22年1月以来の低水準
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    「ノーベル文学賞らしい要素」ゼロ...「短編小説の女…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中