最新記事

化学療法

癌細胞を確実に攻撃する「魔法の弾丸」(米ミズーリ大学研究)

THE MAGIC BULLET FOR CANCER

2020年4月3日(金)17時35分
アリストス・ジョージャウ

標的細胞に確実に薬を運ぶ技術を確立できれば難治性の癌も抑え込める NOPPARIT-ISTOCKPHOTO

<核酸分子アプタマーを使って「癌細胞だけに薬を注入できれば、抗癌剤の副作用を最小限に抑えられる」。正常細胞を傷つけないナノ医療への期待と研究開発の現在地。本誌特別編集ムック「世界の最新医療2020」より>

正常な細胞を避けて、癌細胞だけに確実に薬を送り届ける。そんな「賢い運び手」を使った次世代型の分子標的治療が注目を浴びている。
202003NWmedicalMook-cover200.jpg
米ミズーリ大学の研究チームは以前から、この治療の実用化につながる新技術を研究してきた。外科・放射線医学、分子生物学、免疫学、化学工学の専門家から成るチームがこの特殊な「運搬技術」の確立と改良に取り組んでいる。

近年では癌細胞の特性に合わせた抗癌剤を投与することで、癌細胞の増殖を抑制したり、死滅させたりする化学療法が大きな治療効果を上げるようになった。ただ治療の効果はあっても、その一方で抗癌剤の副作用が患者の体を痛めつけるケースも少なくない。

「抗癌剤は副作用がきついものとして認識されている」と、ミズーリ大学の研究チームの一員、ドナルド・バークアグエロは言う。「毛包や腸の内膜など健康な組織にも負担がかかるからだ」

毛が抜けたり、嘔吐や下痢に苦しむのはそのためだ。

また、転移のない限局性の癌の治癒率は近年目覚ましく向上したものの、今でも転移した癌の予後はおおむね芳しくないと、バージニア工科大学生体医工学・科学大学院のスコット・バーブリッジ准教授(ミズーリ大学の研究には参加していない)は指摘する。「今の一般的な治療では、こうした全身性の癌に対して、十分に選択的、効率的な薬剤投与ができない。骨髄細胞など適切でない細胞を攻撃するか、癌細胞に届かないうちに体外に排出されてしまう抗癌剤も少なくない」

標的細胞に確実に薬を運ぶために、研究者たちが注目しているのがナノテクノロジーだ。

極小の「粘着テープ」

標的細胞に確実に薬を届ける技術は「癌研究の大きな課題の1つになっている」と、バークアグエロは言う。「体のほかの健康な組織をパスして、癌細胞だけに薬を注入できれば、副作用を最小限に抑え、可能な限り徹底的に癌をたたける」

ただしバーブリッジによると、正常細胞と癌細胞を完璧に識別するのは難しいため、今のところ患者への恩恵は限られている。そうしたなか、ミズーリ大学などの研究チームが試みているアプローチは期待が持てそうだ。

それは、アプタマーと呼ばれる賢いナノ粒子の性質を利用する方法だ。アプタマーは特定の分子と特異的に結合する性質を持つ核酸分子。人工的な合成が可能で、薬などの「荷物」を搭載できる。

「分子の3次元的な形状には、多くの場合、極小サイズの粘着テープのような小片があって、それに合う小片があればピタッとくっつく」と、バークアグエロは説明する。「2つの異なる分子にかみ合う小片があれば、その2つの分子はしっかりと結び付く」

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、中国の香港政策に支持表明

ワールド

アングル:持続化給付金、委託費巡り野党追及 2次補

ワールド

BA親会社、英の新検疫ルールに法的措置検討

ワールド

インド、来週コロナ封鎖を一部解除へ 宗教施設など再

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で2桁台

  • 3

    着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェット振袖か

  • 4

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 5

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 6

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯…

  • 7

    横領、虐待...「ナヌムの家」慰安婦被害者の施設で起…

  • 8

    黒人男性ジョージ・フロイドの霊柩車に、警官がひざ…

  • 9

    ドイツで知名度をあげたウイルス学者は、コロナ予防…

  • 10

    まるで中国皇帝......「習近平そっくりさん」のアカ…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 7

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 8

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 9

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月