最新記事

AI vs. 癌

がん患者の42%が診断から2年で資産を使い果たす:米統計

CANCER COSTS

2019年10月18日(金)13時55分
ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版2019年10月22日号「AI vs. 癌」特集28~29ページ

<世界で約6人に1人が癌で亡くなっている。アメリカを中心に、癌治療にまつわるお金のあれこれを調べてみると――。プレシジョン・メディシンを取り上げた本誌「AI vs. 癌」特集より>

世界全体の主な死亡原因のうち、心臓発作などの心血管疾患に続いて2 番目に多いのが癌だ。約6人に1人が癌で亡くなっている。

癌は、細胞の遺伝子が突然変異により無秩序に増殖することで腫瘍が形成される病気。最近ではDNAの解析・制御技術や人工知能(AI)を活用して、患者単位でどの癌にどの薬が効くかを分析するプレシジョン・メディシン(精密医療)の導入も進んでいる。

42%

アメリカの癌患者のうち、診断から2年で資産を使い果たした人の割合。平均9万2000ドルを失っている

70%

低所得または中所得国における死因に占める癌の割合

25億ドル

アメリカで進行癌の患者の遺伝子検査にメディケア(高齢者医療保険制度)から支出された推定額。2018年から保険適用対象になった

magSR191018cancercosts-cellA.jpg

CONEYL JAY/GETTY IMAGES

1万590人

2018年にアメリカで癌と診断された14歳以下の子供の数

3分の1

アメリカの住民のうち、一生のうちで癌にかかるリスクのある人の割合。1500万人以上が癌の病歴がある

26%

アメリカの小児癌患者のうち、脳か神経関連の癌に罹患している割合

29%

アメリカの小児癌患者(15歳未満)のうちで最も多い白血病の患者の割合

96,000,000,000,000,000,000,000

ヒトの全細胞に埋め込まれているDNAのヌクレオチド(リン酸、糖、塩基で構成される最小単位)の数。この全てが突然変異する可能性がある

magSR191018cancercosts-cellB.jpg

CONEYL JAY/GETTY IMAGES

802億ドル

2015年のアメリカでの癌医療費の総額(外来患者と入院患者双方への治療やサービスを含む)

約65万人

アメリカで毎年、外来で化学療法を受ける癌患者の数

66歳

アメリカで癌と診断された患者の年齢の中央値

15%

遺伝子検査を受け、癌の増殖を引き起こす細胞内の分子を特定してそれを狙い撃ちする分子標的治療を受けた癌患者の割合

8人に1人

アメリカの女性で、一生のうちに乳癌にかかるリスクのある人の割合

<本誌2019年10月22日号「AI vs. 癌」特集より>

【参考記事】がん治療により効果的で安全な薬を開発する、特許取得済みAIシステム

20191022issue_cover200.jpg
※10月22日号(10月16日発売)は、「AI vs. 癌」特集。ゲノム解析+人工知能が「人類の天敵」である癌を克服する日は近い。プレシジョン・メディシン(精密医療)の導入は今、どこまで進んでいるか。


関連ワード

ニュース速報

ビジネス

伊藤忠がファミマにTOB、非公開後に一部を全農・農

ビジネス

アリババ傘下の金融アントが香港上場を計画、時価総額

ワールド

ロックダウン再実施なら対象地域を限定=フランス新首

ビジネス

香港の商業施設、空室率上昇へ 海外ブランドが事業縮

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 4

    火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデ…

  • 5

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 6

    習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

  • 7

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 8

    「県境をまたぐ移動自粛、一律要請の必要ない」 東京…

  • 9

    中国人民解放軍、インドとの国境係争地から撤退開始…

  • 10

    中国が新型コロナウイルスは「アメリカ病」と非難

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 8

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 4

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 9

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月