最新記事

AI vs. 癌

がん患者の42%が診断から2年で資産を使い果たす:米統計

CANCER COSTS

2019年10月18日(金)13時55分
ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版2019年10月22日号「AI vs. 癌」特集28~29ページ

<世界で約6人に1人が癌で亡くなっている。アメリカを中心に、癌治療にまつわるお金のあれこれを調べてみると――。プレシジョン・メディシンを取り上げた本誌「AI vs. 癌」特集より>

世界全体の主な死亡原因のうち、心臓発作などの心血管疾患に続いて2 番目に多いのが癌だ。約6人に1人が癌で亡くなっている。

癌は、細胞の遺伝子が突然変異により無秩序に増殖することで腫瘍が形成される病気。最近ではDNAの解析・制御技術や人工知能(AI)を活用して、患者単位でどの癌にどの薬が効くかを分析するプレシジョン・メディシン(精密医療)の導入も進んでいる。

42%

アメリカの癌患者のうち、診断から2年で資産を使い果たした人の割合。平均9万2000ドルを失っている

70%

低所得または中所得国における死因に占める癌の割合

25億ドル

アメリカで進行癌の患者の遺伝子検査にメディケア(高齢者医療保険制度)から支出された推定額。2018年から保険適用対象になった

magSR191018cancercosts-cellA.jpg

CONEYL JAY/GETTY IMAGES

1万590人

2018年にアメリカで癌と診断された14歳以下の子供の数

3分の1

アメリカの住民のうち、一生のうちで癌にかかるリスクのある人の割合。1500万人以上が癌の病歴がある

26%

アメリカの小児癌患者のうち、脳か神経関連の癌に罹患している割合

29%

アメリカの小児癌患者(15歳未満)のうちで最も多い白血病の患者の割合

96,000,000,000,000,000,000,000

ヒトの全細胞に埋め込まれているDNAのヌクレオチド(リン酸、糖、塩基で構成される最小単位)の数。この全てが突然変異する可能性がある

magSR191018cancercosts-cellB.jpg

CONEYL JAY/GETTY IMAGES

802億ドル

2015年のアメリカでの癌医療費の総額(外来患者と入院患者双方への治療やサービスを含む)

約65万人

アメリカで毎年、外来で化学療法を受ける癌患者の数

66歳

アメリカで癌と診断された患者の年齢の中央値

15%

遺伝子検査を受け、癌の増殖を引き起こす細胞内の分子を特定してそれを狙い撃ちする分子標的治療を受けた癌患者の割合

8人に1人

アメリカの女性で、一生のうちに乳癌にかかるリスクのある人の割合

<本誌2019年10月22日号「AI vs. 癌」特集より>

【参考記事】がん治療により効果的で安全な薬を開発する、特許取得済みAIシステム

20191022issue_cover200.jpg
※10月22日号(10月16日発売)は、「AI vs. 癌」特集。ゲノム解析+人工知能が「人類の天敵」である癌を克服する日は近い。プレシジョン・メディシン(精密医療)の導入は今、どこまで進んでいるか。


関連ワード

ニュース速報

ワールド

ジョンソン英首相が集中治療室入り、新型コロナの症状

ワールド

コロナ制限措置の解除慎重に、マスクは医療関係者優先

ワールド

イラン、新型コロナ巡る米国の支援受け入れず=外務省

ワールド

NY州、新型コロナ死者の増加横ばいに 危機安定期入

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 3

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わるパートナー関係

  • 4

    「コロナ後の世界」は来るか?

  • 5

    スペインのコロナウイルス流行に収束の兆し

  • 6

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 7

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 8

    「恐怖の未来が見えた」NYの医師「医療崩壊」前夜を…

  • 9

    イタリアを感染拡大の「震源地」にした懲りない個人…

  • 10

    コロナウイルスで露呈した中国の本性(一応、ジョー…

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 7

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 10

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 9

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月