最新記事

AI vs. 癌

がん患者の42%が診断から2年で資産を使い果たす:米統計

CANCER COSTS

2019年10月18日(金)13時55分
ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版2019年10月22日号「AI vs. 癌」特集28~29ページ

<世界で約6人に1人が癌で亡くなっている。アメリカを中心に、癌治療にまつわるお金のあれこれを調べてみると――。プレシジョン・メディシンを取り上げた本誌「AI vs. 癌」特集より>

世界全体の主な死亡原因のうち、心臓発作などの心血管疾患に続いて2 番目に多いのが癌だ。約6人に1人が癌で亡くなっている。

癌は、細胞の遺伝子が突然変異により無秩序に増殖することで腫瘍が形成される病気。最近ではDNAの解析・制御技術や人工知能(AI)を活用して、患者単位でどの癌にどの薬が効くかを分析するプレシジョン・メディシン(精密医療)の導入も進んでいる。

42%

アメリカの癌患者のうち、診断から2年で資産を使い果たした人の割合。平均9万2000ドルを失っている

70%

低所得または中所得国における死因に占める癌の割合

25億ドル

アメリカで進行癌の患者の遺伝子検査にメディケア(高齢者医療保険制度)から支出された推定額。2018年から保険適用対象になった

magSR191018cancercosts-cellA.jpg

CONEYL JAY/GETTY IMAGES

1万590人

2018年にアメリカで癌と診断された14歳以下の子供の数

3分の1

アメリカの住民のうち、一生のうちで癌にかかるリスクのある人の割合。1500万人以上が癌の病歴がある

26%

アメリカの小児癌患者のうち、脳か神経関連の癌に罹患している割合

29%

アメリカの小児癌患者(15歳未満)のうちで最も多い白血病の患者の割合

96,000,000,000,000,000,000,000

ヒトの全細胞に埋め込まれているDNAのヌクレオチド(リン酸、糖、塩基で構成される最小単位)の数。この全てが突然変異する可能性がある

magSR191018cancercosts-cellB.jpg

CONEYL JAY/GETTY IMAGES

802億ドル

2015年のアメリカでの癌医療費の総額(外来患者と入院患者双方への治療やサービスを含む)

約65万人

アメリカで毎年、外来で化学療法を受ける癌患者の数

66歳

アメリカで癌と診断された患者の年齢の中央値

15%

遺伝子検査を受け、癌の増殖を引き起こす細胞内の分子を特定してそれを狙い撃ちする分子標的治療を受けた癌患者の割合

8人に1人

アメリカの女性で、一生のうちに乳癌にかかるリスクのある人の割合

<本誌2019年10月22日号「AI vs. 癌」特集より>

【参考記事】がん治療により効果的で安全な薬を開発する、特許取得済みAIシステム

20191022issue_cover200.jpg
※10月22日号(10月16日発売)は、「AI vs. 癌」特集。ゲノム解析+人工知能が「人類の天敵」である癌を克服する日は近い。プレシジョン・メディシン(精密医療)の導入は今、どこまで進んでいるか。


今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米副大統領、台湾と非公式関係深化へ 海峡での挑発で

ビジネス

証券監視委、SMBC日興に行政処分勧告 相場操縦巡

ビジネス

焦点:政府と日銀に齟齬か、介入で憶測 いずれ緩和修

ワールド

タイ中銀、2会合連続で0.25%利上げ 今年の経済

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 5

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 6

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 7

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 8

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 9

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 10

    ドイツを襲うロシアの天然ガス供給中止 広がる企業…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月