最新記事

AI vs. 癌

がん治療により効果的で安全な薬を開発する、特許取得済みAIシステム

2019年10月16日(水)11時05分
ノア・ミラー

Mohammed Haneefa Nizamudeen-iStock.

<新薬開発プロセスの効率化で、少しでも早く安全な癌の治療薬を届けようとしているバイオテクノロジー企業がある。プレシジョン・メディシン(精密医療)を取り上げた本誌「AI vs. 癌」特集より>

米バイオテクノロジー企業のアトムワイズは、特許を取得した人工知能(AI)システムを使って、どの癌治療薬がより効果的で安全かを予測する手法を確立しようとしている。共同創業者でCEOのエイブラハム・ハイフェッツに本誌ノア・ミラーが聞いた。

◇ ◇ ◇

――最終的な目標は?

より効果的で安全な薬を開発すること、そして、薬を少しでも早く患者に届けることだ。

――どのような取り組みを?

暴走して病気を進行させる細胞を軌道修正させる方法と、細胞が成長と分裂を繰り返す原因を探っている。体内のタンパク質を組立ライン上の機械に見立ててみよう。細胞の成長と分裂を管理する機械が壊れて暴走すると、細胞の成長と分裂が止まらなくなり、腫瘍ができて癌になる。そんなとき、機械に障害物を投げ込めば、機械がそれを壊すことに夢中になる(ため、細胞の異常な成長と分裂は止まる)だろう。

現在、新薬の開発には約15年と数十億ドルがかかる。適切な治療を受けられずに1日が過ぎるたびに、人間の命と健康がむしばまれていく。

――どのようにして適切な薬を見つけるのか。

どの業界でも製品の設計にコンピューターを使っている。しかし製薬業界は、試作品を1つずつ実際に作って実験しなければならない。

新しい飛行機の設計なら、まず1000種類の翼をシミュレーションする。コンピューターが「88番は低燃費で音も静かだ」と割り出し、数千通りのシミュレーションを行った上でようやく試作品を造る。

このような効率性と設計プロセスを、生物学と新薬開発の分野にも導入しようとしている。

――AIとディープラーニングを使って?

そのとおりだ。共同創業者のイジー(イズヘール・ウォーラック)と私がトロント大学の大学院で生物学の計算処理を研究していたとき、同じフロアに偶然、ジェフリー・ヒントン教授のチームがいた。ヒントンは「ディープラーニング革命の父」の1人として、コンピューター科学のノーベル賞とも言われるチューリング賞を受賞している。

彼らの研究を最も初期から見ていた私たちは、画像認識と音声認識の技術を分子の認識に応用できると考えた。

magSR191015aicancercode-2.jpg

アトムワイズの共同創業者でCEO、エイブラハム・ハイフェッツ Illustration by Alex Fine

関連ワード

ニュース速報

ワールド

日韓GSOMIA終了せず、輸出管理の対話再開へ

ビジネス

中国主席、米との「第1段階」通商合意とりまとめに意

ワールド

韓国外相との会談を調整、緊密な協力維持が重要=茂木

ビジネス

独GDP、第3四半期は前期比+0.1%、景気後退回

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 3

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 4

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 5

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止…

  • 6

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚く…

  • 7

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 8

    米韓、在韓米軍駐留費巡る協議わずか1時間で決裂 今…

  • 9

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 10

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 5

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 6

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 7

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 8

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 9

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 10

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月