最新記事
SDGsパートナー

1つ買えば途上国・被災地に同じ数のランタンが届く ランドポート社が展開する消費者が「実感」できる社会貢献活動

2023年11月9日(木)11時23分
ニューズウィーク日本版編集部SDGs室 ブランドストーリー
ランドポートの代表・傳馬氏

タイの難民学校の子供たちにCTSを渡す代表・傳馬氏

<一つ売れるたびに灯りの無い世界にランタンが届くことで、消費者に効果を実感してもらう>

世界を変えるには、ニュースになるような大規模なプロジェクトや製品だけでは不十分。日本企業のたとえ小さなSDGsであっても、それが広く伝われば、共感を生み、新たなアイデアにつながり、社会課題の解決に近づいていく──。この考えのもと、ニューズウィーク日本版はこの春、「SDGsアワード」を立ち上げました。その一環として、日本企業によるSDGsの取り組みを積極的に情報発信していきます。

◇ ◇ ◇


ソーラー充電式ランタン「CARRY THE SUN(以下、CTS)」を製造・販売しているランドポート株式会社は、消費者が購入した数と同じだけ、途上国や被災地などの灯りが必要な地域にランタンを寄付する取り組み「BUY ONE GIVE ONE」を行っている。

CTSを1つ購入すると、同じものが1つ、世界の灯りが必要な人に届けられる

日本に住む私たちは当たり前のように電気を使っているが、世界にはアフリカやアジアを中心に、今も約7億5200万人が電気のない生活を送っている。こうした電気のない世界では夜の灯りがないため、勉強や家事などの時間が制限される等、人々の生活や社会の発展の大きな障害となっている。

ランドポート株式会社は、こうした地域に灯りを届けるべく、「BUY ONE GIVE ONE(以下B1G1)」と題した取り組みを行っている。

B1G1は、同社が開発したソーラー充電式ランタン「CARRY THE SUN(以下、CTS)」を、顧客が購入すると、同じものを購入した数だけ、灯りが必要な途上国や被災地に届けるという取り組みだ。

実際に、同社のスタッフが自社ECサイトやイベントなどでの売上数と同じ個数のCTSを持って現地を訪問し、自らの手で届けている。2023年までに、ネパールやウクライナ、熊本など、国内外の貧困地域や被災地、僻地の医療現場に、累計17,000個以上のCTSを寄付してきた。

sub11.jpg

世界各地で提供されているCARRY THE SUN

「CTSの寄贈数は年々増加しており、2016年は100個でしたが、2023年は13,000個以上を世界各国へ届けることができています。特に、2月に大地震で被災したトルコに対しては、NPO団体や岡山県総社市役所、トルコ大使館、国際移住機関(IOM)などの組織と連携することで、1万を超えるCTSの寄贈に至りました」と、ランドポートの川添氏は話す。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ドイツ銀、S&P500年末予想を5500に引き上げ

ビジネス

UAE経済は好調 今年予想上回る4%成長へ IMF

ワールド

ニューカレドニア、空港閉鎖で観光客足止め 仏から警

ワールド

イスラエル、ラファの軍事作戦拡大の意向 国防相が米
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:インドのヒント
特集:インドのヒント
2024年5月21日号(5/14発売)

矛盾だらけの人口超大国インド。読み解くカギはモディ首相の言葉にあり

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『悪は存在しない』のあの20分間

  • 4

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 5

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 6

    「裸に安全ピンだけ」の衝撃...マイリー・サイラスの…

  • 7

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 8

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 9

    「すごく恥ずかしい...」オリヴィア・ロドリゴ、ライ…

  • 10

    日本とはどこが違う? 韓国ドラマのオリジナルサウン…

  • 1

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 2

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 3

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する悲劇の動画...ロシア軍内で高まる「ショットガン寄越せ」の声

  • 4

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 8

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 9

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 10

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中