最新記事

アルコール

「オレンジワイン」、8000年の時を経て密かなブームに

Orange Wine Is Taking Over

2019年2月25日(月)18時20分
イブ・ワトリング

ジョージアには今でもクベブリを使っている醸造家が多くいる。カハ・チョティアシュビリは東部カヘティ地方で代々ワインを醸造してきた一族の跡取り。琥珀色のワインの伝統を守ろうと、共同経営のブドウ畑で最高50種の特産品種を育てている。

ブドウを破砕した後、皮だけでなく梗こうと呼ばれるブドウの柄の部分も一緒に漬け込む醸造家もいるが、チョティアシュビリは梗を除いて発酵させる。

そのまま6、7カ月寝かせて、オーク材の樽かステンレスのタンクに入れ替えて熟成させる。クベブリから直接ボトル詰めする場合もある。

ブドウ栽培でも醸造過程でも添加物や化学物質は一切使わない。人の手をほとんど加えないからなおさら、経験の浅い醸造家は微妙な調整に失敗しがちだが、ブドウ栽培とワイン造りに幼い頃から親しんできたチョティアシュビリならお手の物だ。

もっともオレンジワインはジョージアの専売特許ではない。イタリアやスロベニアでも白ブドウをスキンコンタクトで発酵させる伝統があり、いま人気のあるオレンジワインの素晴らしい銘柄が数多く生まれている。

経験が最高の教師になる

ワインに詳しいスロベニア人ライター、サショ・ドラビネッチは、ヨーロッパでオレンジワインが見直され、人気に火が付いて大喜びしている。スロベニア南西部の港湾都市コペルで育った彼は子供の頃、地元の農家がスキンコンタクトワインを造るのを見てきた。

地元では70年代までスキンコンタクトワインがよく飲まれていたが、その後白ワインの人気に押されて下火に......。伝統製法が復活したのは1年ほど前で、昔のものに比べてより安定した品質が可能になった。ドラビネッチは仲間と共にオレンジワインの試飲会を主催。それが発展してスロベニアで2012年にオレンジワイン祭りが開催され、同年秋にウィーンでも姉妹祭が開かれて、いずれも大盛況だった。

ブームに乗ってスペインや南アフリカ、さらにはカリフォルニアの醸造家もオレンジワイン造りに取り組み始めた。

発酵に天然酵母を使い、酸化防止剤の亜硫酸塩の使用も極力抑える自然派ワインは90年代にフランスで生まれ、人気を呼んでいるが、オレンジワインもその仲間だ。「小規模の手作り製法で、醸造家によって特徴的な味わいがあり、醸造家と愛好家の交流が盛んだ」と、ドラビネッチは言う。

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの捜査開始

  • 3

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 4

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 5

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 6

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 7

    ホロコーストをめぐる歴史問題が欧州サッカーに飛び火

  • 8

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 9

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 4

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 8

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月