最新記事
ファッション

パリ五輪でも「やっぱり!」 国内からも反発が...アメリカ代表のユニフォームが「ダサすぎる」問題

Team USA Uniform Is Overkill

2024年7月10日(水)19時00分
スカーチ・クール(スレート誌ライター)
パリ五輪アメリカ選手団のユニフォームが不評

アメリカ選手団が今夏のパリ五輪開会式で着るユニフォーム PHOTO ILLUSTRATION BY SLATE. PHOTOS BY RALPH LAUREN AND GETTY IMAGES PLUSーSLATE

<パリ五輪の開会式のためにラルフ・ローレンがデザインしたアメリカ代表の公式ユニフォームは、愛国心丸出しでセンスなし>

筆者はアメリカの永住資格(グリーンカード)を持っているが、国籍はまだカナダ。だからカナダ人として言わせてもらう。今夏のパリ五輪のために用意されたアメリカ選手団の新ユニフォーム(デザインはラルフ・ローレン)、あれはもう醜悪でしかない。

開会式で着るのは紅白のストライプで縁取りしたネイビーのブレザーにライトウォッシュのデニムパンツを合わせたもの。閉会式のはもっとひどくて、金赤と白と青の糸でUSAの文字を縫い込んだモトジャケットにホワイトジーンズの組み合わせだ。おお、これぞ純血アメリカン。目を覆いたくなるくらいだ。


パリ五輪のユニフォームを発表するラルフ・ローレン

1972年にポロシャツを発表して以来、ラルフ・ローレンはアメリカらしさ(少なくとも金持ちの白人で、名門ケネディ家のお友達であるようなアメリカ人らしさ)を体現するブランドと見なされている。

カナダ人の私は、あれはアメリカ人専用のブランドだと信じていた。隣近所にラルフを着ている人はいなかったし、ラルフの広告を見る機会もほとんどなかった──アメリカに移り住むまでは。

だからまあ、ラルフ・ローレンが2008年以来一貫してアメリカ選手団の公式ユニを担当してきたのは当然なのだろう。そしてそれが、カナダ人の私にとってひどく醜悪に見えるのも。

アメリカ国内にも、ラルフの手がける公式ユニへの反発はある。今回だけではない。2014年のソチ冬季五輪選手団用にデザインしたカーディガンと帽子もひどかった。片方の胸には五輪のマーク、もう片方にはUSAの文字、両側には国旗、そして漫画チックな星、星、星。「赤+白+青+スター+ストライプ=アメリカ」ってわけね!

オリンピックが国威発揚の場なのは承知している。どこの選手団も国旗のモチーフを用いた服や民族衣装で勝負してくる。問題はやり方だ。たいていの国はもっとましな、もっと外国人に不快感を与えないユニを用意してくる。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ロシアと中国の核搭載可能な爆撃機、米アラスカ付近を

ビジネス

人民元、12月以来の大幅上昇へ 円高と国有銀のドル

ビジネス

焦点:トランプ政権誕生ならインフレ再燃、FRBに新

ビジネス

半導体大手STマイクロ、通期予想を2度目の下方修正
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 3
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 6
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 7
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中