最新記事
セレブ

「上品」「ホット」人気リアリティ番組出演で話題のイバンカ・トランプ、水着姿で投げキス披露 投稿に「日本人詩人」の詩も

2024年6月14日(金)13時35分
千歳香奈子
イバンカ・トランプ

イバンカ・トランプ(2023年11月8日、ニューヨーク) lev radin-Shutterstock

<リアリティ番組『カーダシアン家のセレブな日常』にカメオ出演したイバンカ・トランプ。世界海洋デーの6月8日にインスタグラムに公開したウェイクサーフィンを楽しむ動画投稿では、謎の日本人詩人サトロ・リュウノスケの詩を引用>

ドナルド・トランプ前大統領の長女イバンカ・トランプが、お騒がせセレブ一家カーダシアン家のリアリティ番組『カーダシアン家のセレブな日常』にカメオ出演して話題を呼んでいる。

【動画】イバンカ・トランプ、水着姿で投げキス披露...「サトロ・リュウノスケ」の詩も引用

世界で最も有名なセレブ一家カーダシアン家の日常に密着した番組で、このほど昨年10月に米ビバリーヒルズの高級レストランFunkeで開かれた次女キムの43歳の誕生日を祝うパーティーの様子が公開された。

三女クロエが企画したパーティーには、カーダシアン家の面々はもちろんモデルのヘイリー・ビーバーら豪華セレブ仲間も出席。主役のキムは大胆なカットアウトを施した真っ赤なドレスを纏い、盛大に祝う様子が披露された。

視聴者の注目を集めたのは、キムの右隣に座るイバンカだった。2人は昨年末も一緒にパーティーを楽しむなど数年前から親交を深めてきたことで知られるが、番組に登場したのはこれが初めて。しかも、錚々たる招待客の中で主役の隣という特等席を与えられたことに、驚きの声が上がっている。

ゴージャスすぎる交友関係

2018年に当時大統領だったトランプとホワイトハウスで面会し、刑務所改革について会談したことで知られるキムだが、過去2度の米大統領選では民主党候補を支持している。そのため、ネットでは「イバンカを隣に座らせておきながら、キムはどうやって投票するの?子どもたちの権利よりもお金の方が大切なのね」「キムは秘かにMAGA(アメリカを再び偉大な国にするというトランプの選挙スローガン)だってこと?」と、共和党のトランプ支持に鞍替えしたのはないかとの声が上がっている。

また、「友達がいなければ、私はここにはいなかったでしょう。これまで1度もセラピストに会ったことがないのは、世界中に最高の友達がいて、彼らが私にとってすべてだから」とスピーチしたキムに、「新しいお仲間」が誰なのか席順で明らかになったとの指摘も相次いでいる。

キムの現在の親友はイバンカとさらにその2席先に座っていたアマゾンの創業者ジェフ・ベゾスの婚約者ローレン・サンチェスだと推察する声が殺到。前大統領の娘と世界長者番付で首位となる2000億ドルの個人資産を持つ大富豪の婚約者というゴージャスすぎる交友にネットは大盛り上がりだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:スペインで住宅不足深刻、観光ブームも追い

ワールド

焦点:「奇跡」と希望:インド転倒事故で浮き彫りにな

ワールド

北朝鮮、NATO首脳会談での宣言を「最も強く非難」

ワールド

バイデン大統領夫人、パリ五輪開会式に出席へ=ホワイ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレスレを通過...カスピ海で漁師が撮影した衝撃シーン
  • 4
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 5
    ロシアがドイツ防衛企業CEO暗殺を企てる...米情報機…
  • 6
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 7
    「よく知った人なのに誰だかわからない」──NATO首脳…
  • 8
    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…
  • 9
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」…
  • 10
    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…
  • 1
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 2
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった...アン王女の娘婿が語る
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車…
  • 5
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 6
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 7
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 8
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 9
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 10
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 4
    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…
  • 5
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 8
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 9
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 10
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中