最新記事

韓国社会

韓国ドラマの中のセクシャルマイノリティー

2020年3月18日(水)21時10分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

トランスジェンダーやアフリカ系2世などが登場する韓国ドラマ『梨泰院クラス』 KOREA NOW

<世界的にLGBTQに注目が集まるなか、ステレオタイプな恋愛が多かった韓流ドラマにも変化の兆しが>

日本では、同性愛やセクシャルマイノリティーを扱ったドラマは多く作られてきた。設定対象の年齢も幅広く、最近でいえば30代から中年の同性愛を扱った『おっさんずラブ』がヒットし、ドラマだけでなく映画やシーズン2まで登場した。また、『3年B組金八先生』第6シリーズでは、中学生が性同一性障害に悩むキャラクターを上戸彩が演じ話題となった。

韓国でも映画界ではセクシャルマイノリティについての作品が作られ、それらを集めた映画祭「ソウル国際プライド映画祭」も開催されている。さらに韓国の政府機関、両性平等教育振興院では、フィルム×ジェンダープロジェクトとして公募で募った短編映画シナリオの中から2作に2000万ウォンの制作支援金を支給する企画まで存在する。

一方、韓国ドラマでは、これまでセクシャルマイノリティーを扱った作品は少なく、脇役として登場したとしても、大げさな身振りや衣装で誇張された三枚目キャラクターとしての扱いが多かった。

しかし、もうそんな演出も過去のものになりつつあるようだ。最近になって単なるお笑い担当ではなく、彼らの苦悩や葛藤を上手にストーリーに織り込んだ韓国ドラマが増えてきたように感じる。これらのドラマの中では他の主人公らと同じように悩み、恋愛をし、成長していく役としてもっと自然に表現されている。

少女時代のソヒョンも同性愛役を

こういったテレビドラマの流れは、数年前から始まっていたが、昨年から急激に作品数が増えている。去年10月に放送されたKBS 2のスペシャルドラマ『なんでまた子供が見ちゃった(原題)』では、女性になりたい男性と12歳の少女との交流が描かれ話題となった。

また、年末にはtvN にて、性転換手術を受けたトランスジェンダーの叔父と甥っ子の生活を描いた『叔父さんはオードリー・ヘップバーン』が放送されている。さらに、今年の2月17・18日2夜連続放映されたJTBCのオムニバスドラマ『アンニョン ドラキュラ(原題)』では、K-POPアイドルグループ少女時代のソヒョンが、同性である女性を好きになってしまい、それを理解できない母との軋轢を描いた物語だった。

この3作品ともドラマスペシャルという1話完結や前後2話構成のみの作品だったが、連続ドラマでもセクシャルマイノリティーを扱った作品が増えている。去年の11月末から今年の1月にかけて放送されたMBC連続ドラマ『瑕疵ある人間達(原題)』では、登場人物の一人が同性愛者の役で登場し、その恋愛過程が描かれている。

ニュース速報

ワールド

東京で新たに143人感染、累計1000人超す=報道

ワールド

OPECプラス会合、9日に延期 ロシアとサウジが対

ワールド

新型コロナ、仏英で死者が過去最多 伊・スペインは拡

ワールド

8割以上が緊急事態宣言を支持=孫氏ツイッター調査

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 3

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(4…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    「アビガン」は世界を救う新型コロナウイルス治療薬と…

  • 8

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 9

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 10

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 8

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    ついに日本は終わった

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月