最新記事

韓国社会

韓国ドラマの中のセクシャルマイノリティー

2020年3月18日(水)21時10分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

トランスジェンダーやアフリカ系2世などが登場する韓国ドラマ『梨泰院クラス』 KOREA NOW

<世界的にLGBTQに注目が集まるなか、ステレオタイプな恋愛が多かった韓流ドラマにも変化の兆しが>

日本では、同性愛やセクシャルマイノリティーを扱ったドラマは多く作られてきた。設定対象の年齢も幅広く、最近でいえば30代から中年の同性愛を扱った『おっさんずラブ』がヒットし、ドラマだけでなく映画やシーズン2まで登場した。また、『3年B組金八先生』第6シリーズでは、中学生が性同一性障害に悩むキャラクターを上戸彩が演じ話題となった。

韓国でも映画界ではセクシャルマイノリティについての作品が作られ、それらを集めた映画祭「ソウル国際プライド映画祭」も開催されている。さらに韓国の政府機関、両性平等教育振興院では、フィルム×ジェンダープロジェクトとして公募で募った短編映画シナリオの中から2作に2000万ウォンの制作支援金を支給する企画まで存在する。

一方、韓国ドラマでは、これまでセクシャルマイノリティーを扱った作品は少なく、脇役として登場したとしても、大げさな身振りや衣装で誇張された三枚目キャラクターとしての扱いが多かった。

しかし、もうそんな演出も過去のものになりつつあるようだ。最近になって単なるお笑い担当ではなく、彼らの苦悩や葛藤を上手にストーリーに織り込んだ韓国ドラマが増えてきたように感じる。これらのドラマの中では他の主人公らと同じように悩み、恋愛をし、成長していく役としてもっと自然に表現されている。

少女時代のソヒョンも同性愛役を

こういったテレビドラマの流れは、数年前から始まっていたが、昨年から急激に作品数が増えている。去年10月に放送されたKBS 2のスペシャルドラマ『なんでまた子供が見ちゃった(原題)』では、女性になりたい男性と12歳の少女との交流が描かれ話題となった。

また、年末にはtvN にて、性転換手術を受けたトランスジェンダーの叔父と甥っ子の生活を描いた『叔父さんはオードリー・ヘップバーン』が放送されている。さらに、今年の2月17・18日2夜連続放映されたJTBCのオムニバスドラマ『アンニョン ドラキュラ(原題)』では、K-POPアイドルグループ少女時代のソヒョンが、同性である女性を好きになってしまい、それを理解できない母との軋轢を描いた物語だった。

この3作品ともドラマスペシャルという1話完結や前後2話構成のみの作品だったが、連続ドラマでもセクシャルマイノリティーを扱った作品が増えている。去年の11月末から今年の1月にかけて放送されたMBC連続ドラマ『瑕疵ある人間達(原題)』では、登場人物の一人が同性愛者の役で登場し、その恋愛過程が描かれている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはN

ビジネス

中国、国有銀に不動産業界の支援を要請 840億ドル

ワールド

ロシア、ドル建て債利払いをルーブルで実施=財務省

ビジネス

S&P、英格付け見通し「ネガティブ」に 財政赤字縮

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レヴィーンの「お相手」たち

  • 4

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 5

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 6

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 7

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 8

    プーチンが部分動員したロシア兵、もうウクライナに…

  • 9

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 10

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 10

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月