最新記事

映画

外国語映画初のアカデミー作品賞受賞『パラサイト』 ポン・ジュノの栄光を支えた二人の翻訳者とは

2020年2月12日(水)12時30分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

韓国文化を見事に英語化した字幕翻訳家

newsweek_20200212_123504.jpg

『パラサイト』の他にも『グエムル』『タクシー運転手』など数多くの韓国映画の英語翻訳を手掛けているダーシー・パケット。 크랩 KLAB / YouTube

もう一人、素晴らしい功労者といえば、この映画を英語翻訳したダーシー・パケット(Darcy Paquet)さんだろう。今回アカデミー脚本賞を受賞できたのは彼の素晴らしい翻訳力のおかげでもあるはずだ。パケットさんは、韓国に20年以上も在住しているアメリカ出身の英語字幕家であり、映画の評論家でもある。

この『パラサイト』は、細かなブラックジョークセンスが光る作品だ。これをキャッチできなければ面白さが半減してしまう。パケットさんは細かな部分をより伝えやすいように翻訳している。例えば、劇中に出てくる「ソウル大学」は、韓国では言わずと知れた超一流名門大学だが、海外の人たちからするとその意味が伝わりにくい。そこで、パケットさんは「オックスフォード大学」に書き換えた。

また、金持ち社長の子供のために大急ぎで食事を作るシーンで登場するインスタント麺料理「ジャパグリ」は、韓国人ならおなじみのカスタム・ジャンクフードだ。韓国のコンビニならどこででも購入可能な「ジャパゲティ」(ジャージャー麺)と「ノグリ」(ラーメン)の2種類のインスタント麺を混ぜて作る。

2013年韓国MBCの人気テレビ番組『お父さんどこ行くの?』で放送されて以来、真似をして作る人が増え爆発的人気を得た。しかし、世界ではこの「ジャパグリ」と言う単語が理解しにくいため、パケットさんは外国人にも知られているラーメンとうどんを足して「RamDong」と言う造語を作り代用した。

余談だが、今回パラサイトで「ジャパグリ」の知名度は世界規模になり、販売元である農心は、早速自社のYouTubeチャンネルで12カ国語字幕付き調理法動画を配信をした。映画を見てあの味が気になった人はぜひトライしてみてほしい。

また、パラサイトから誕生した意外な流行と言えば「ジェシカソング」だ。金持ちの家を訪問する際、架空の人物ジェシカのプロフィールを忘れないよう覚えるために登場人物が歌を作って口ずさむシーンである。

アメリカでパラサイトを鑑賞した筆者は、アメリカ人観客がここで爆笑するのを見て驚いた。日本や韓国では暗記するため語呂合わせなどで節をつけて歌ったりする。それがアメリカ人には新鮮に映ったようだ。今まで外国人には分かりにくいと思われてきた風習や、何気ない習慣などもこれからはその国の映画を作るうえでの強みとなるかもしれない。

パラサイトの北米配給権を所有している配給会社NEONは、特別映像として劇中歌っている女優が登場する「パク・ソダムが教えるジェシカソング」という動画を配信して注目を集めた。その後、この歌詞の英語版"Jessica、Only child、Illinois、Chicago"とかかれたTシャツやマグカップまで登場している。

ニュース速報

ワールド

イタリア、新型コロナ非常事態宣言を31日以降も継続

ビジネス

ドイツ経済、2022年初めにはコロナ危機前の水準に

ビジネス

ホンダ、中国CATLに出資 新エネ車用バッテリー共

ワールド

英国、70カ国・地域からの入国者隔離措置を撤廃

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府の「断種」ジェノサイド

  • 3

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 4

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 5

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 6

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 7

    「かくて私は教授を『クビ』になった」大月隆寛、地…

  • 8

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 9

    東京都、9日の新型コロナウイルス新規感染224人を確…

  • 10

    アフリカ、アジアだけでなく南米でも大繁殖──「地上…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 9

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 10

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月